健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.9.25

“奇跡の62歳”天野佳代子の美容本が大ヒット中!CHAGE and ASKAから美容まで…美的GRAND編集長のキャリアの作り方

連載『ズルいコスメ』でもおなじみのビューティディレクターである天野が、この度自身のスキンケア術をメインとした美容本『何歳からでも美肌になれる!奇跡の62歳!美的GRAND編集長“逆転の”美肌術』(¥1,300/小学館)を発売。さっそくSNSはじめ、各所で話題に! まだの方、急いでチェックしてみて!

美的GRAND編集長 天野佳代子ってこんな人!

09661911001830000001_00
1957年生まれ、62歳。『美的』創刊当時から制作に携わり、2015年からは年齢不詳の美を作るコスメを紹介する『ズルいコスメ』を連載中。昨年TV番組『マツコ会議』で奇跡の61歳(当時)と紹介され、その驚異的な美肌は美容業界を超えて話題に! また昨年創刊の本誌お姉さん版『美的GRAND』では編集長に就任。ますます活躍の幅を広げている。

\天野佳代子の華麗なる経歴/

ヤマハ音楽振興会でのファンクラブ会報誌作成

他芸能プロダクションでのファンクラブ会報誌作成

並行して『JJ』で特派記者として雑誌編集デビュー

28歳、『CanCam』で美容ライターデビュー

並行し雑誌『プチセブン』(現在休刊)で読み物企画担当

『プチセブン』で小説家デビュー!
kd_peach
当時の編集長から依頼され、小森クスコ、後に柊クスコというペンネームにて連載。『PEACH』ほか計4作を執筆した。

33歳、雑誌の仕事を10年程休み、CHAGE and ASKAの会報誌ほか出版物全般の製作に専念

44歳、『美的』創刊に伴い、編集デスクとして製作に携わることに
kd_%ef%bc%97
2001年5月号(創刊号)。女性誌『マフィン』(現在休刊)で美容ライターとして復帰した後、創刊メンバーとして『美的』へ。


61歳、『美的GRAND』創刊に伴い、編集長デビュー
kd_%ef%bc%92
『マツコ会議』放映後は大反響!

\天野さんってこんな人!/

kd_%ef%bc%93
美容家 神崎恵さん
「このかわいさ、奇跡でしょ。と本気で思う。大人の美人にありがちな、怖さやすごみはいっさいなし。強さはありながらも、まろやかであったかくって柔らかい。子供のようにころころ変わる表情も、最高にかわいい。こんなにかわいい人が前を歩いてくださっていることは、女性の希望そのものです!」(神崎さん)

kd_%e8%8f%8a%e5%9c%b0%e6%b3%b0%e4%b9%85
カメラマン 菊地泰久さん
「いつお会いしても、若い!肌にも髪にもツヤがある。カメラマンとして、この2点は本当に大事だと、強く感じます」(菊地さん)

 

kd_%ef%bc%94
マツコ会議 プロデューサー 石原由季子さん
「収録外でお会いしたときもツヤピカで度肝を抜かれました!思わず食生活や睡眠時間など質問攻めに…(笑)。天野さんの美の探求エピソードは、やっと見つかった! 出会った! と情熱あふれた宝探しみたいで、感動しました。美のカリスマなのに、初心者にも目線を合わせてお話ししてくれる素敵な女性です」(石原さん)

 

天野佳代子「正しいケアさえすれば、肌はいつでも美しくなります」

ビューティディレクターの天野です。『美的』読者の皆さんには、連載『ズルいコスメ』で知って下さっているかもしれません。昨年、テレビで『マツコ会議』に出演させていただいてから、「スキンケアは何を使っているんですか?」という質問が今までに増して寄せられるようになりました。でも私の行っているスキンケアは、アイテムそのものよりも、アイテムをどう使うかのメソッドが特徴的。そこで、そのメソッドを1冊の本としてまとめることになったのです。

この本の中でいちばん伝えたいことは、「美容次第で、肌はいつでもキレイになれる」ということです。美的世代はちょうど肌悩みが表面化し始めている頃。じわじわ現れ始めたシミやシワに戸惑いを感じている人が多いと思いますが、きちんと正しいケアさえ行えば何も恐れることはありません。一方、20代の方はまだ肌悩みが少ないかもしれませんが、メイク映えをかなえるためにもスキンケアは重要です。特に朝のスキンケアをしっかり行うことで、その後のベースの“のり”が格段に良くなりますよ。美肌は奇跡ではなく必然。今からぜひ、美肌ケアにも注力してみてください。

今回、SNS等で広く質問を募集してみました。みんな「今、何をしたらいいか」「何を使えばいいか」、迷子になっている方ばかり。本の中ではメソッドの紹介のほか、全46問の質問にも答えています。この本が迷っている方々の導き手のひとつとなれば幸いです。「今からではもう間に合わない気がする…」という声も非常に多かったのですが、そんなことは決してありません。何歳からでも大丈夫です。最近の化粧品の進化は目を見張るものがあります。そんな良質なアイテムと共に、ぜひ本の中のスキンケアメソッドを実践して、肌が見違えていく喜びを実感してください!

美的GRAND編集長 天野佳代子

 

5bc3f2eddd8-1

『何歳からでも美肌になれる!奇跡の62歳!美的GRAND編集長“逆転の”美肌術』(¥1,300/小学館)は絶賛発売中!

気になる中身の一部はコチラ

 

 

美的11月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.) ヘア&メイク/広瀬あつこ 構成/加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事