健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.8.17

ビューティ&トラベルライターの旅行ヘビロテコスメ5選!夏の終わりのおでかけ編【キレイになる旅Vol.81】

お盆休みも終わる頃ですが、9月に遅めの夏休みを取る方や、シルバーウィークのお出かけに思いを巡らせている方も多いのでは?

1

そこで今回は、日々、国内外を旅しているビューティ&トラベルライター・石原有起が、夏の終わりに出かける旅にリアルに持っていく、美容アイテムを5パターンお届けします。

 

1.シミ対策や夏バテ改善の必需品! 紫外線&美白ケアのサプリメント

img_9214

そろそろ、夏に浴びた紫外線の影響が、肌に顕著に現れる頃……。内側からのUVケアや紫外線を浴びた後のケアへの意識も欠かせません。

ビューティ業界では、今や飲む日焼け止めも定番。皮膚科医の先生によると、「ヘリオケア ウルトラD」は、紫外線を浴びる30分ほど前に飲んでおくと、高いUV防止効果を感じられるとか。

また「シロノクリニック」で取り扱いのある「UV arrier」は、メロン抽出物がシミなどの肌トラブルを防いでくれるサプリメント。

さらに「ドクターシーラボ」の「メガリポVC100」など、高濃度ビタミンCのサプリメントを1日1包摂ると、シミやソバカス、色素沈着の予防や改善、夏バテ防止にも効果的ですよ。

 

2.先端機能が搭載された、美白スキンケアをボトルで持参!

img_9225

春先の発表会で早くも驚いたのが、医薬部外品の美白ジェルクリーム「ポーラ」の「ホワイトショット RXS」。

なんと近年上昇を続ける“夏の暑さ”が、メラニンが増える原因になることを発見(!)したことから、真夏でもメラニンの生成量を抑える「トラネキサム酸RXS」を独自に開発して配合したアイテム。暑さの厳しい南国リゾートに出かける際に、強い味方となってくれています。

さらにこの夏、高原ゴルフで、肩にうっかり日焼けをしてしまった私……。罪滅ぼし(?)に顔だけでなく、肩やデコルテまでたっぷり塗り込んでいるのが「資生堂」の「ナビジョンDR」の「TAホワイトエマルジョンIIn」。何といっても、美白作用と潤いパワーがピカイチ! ポンプ式で広く伸ばしやすく、使い勝手も抜群なので旅先に持っていき、ローションとともにたっぷりなじませています。

 

3.美白+保湿効果たっぷりの、シートマスク

img_9213

美容メソッドとしては、“その日の日焼けは、その日のうちにケア”が鉄則です! ……かと言って、リゾートでは、海やプールなど屋外のレジャーを思いっきり楽しみたいので、夜に美白+保湿効果が高いシートマスクで、しっかり潤いを与えましょう。

「モウシロ(BCLカンパニー)」の「ホワイト シートマスク(限定品)」は、牛乳タンパク質エキスが角質をケア+もっちり感を与え、はずすと透明感がアップ。ほんのりミルキーな香りやミルクファイバーとコットンからできた厚みたっぷりのシートが心地よく、今季にハマっているシートマスクです。

バリエーションが豊富な韓国発のシートマスクで効果を実感しているのが、「ダマシス」。日本では「オラクル美容皮膚科 東京新宿院」のみで取り扱われているので、このマスクを目当てに来院される患者様も多いとか。「マリンコラーゲンアクアマスク」は、地中海の天然海綿から抽出したマリンコラーゲンが保護膜を形成し、しっとり感が持続します。

天然由来のセルロースの密着感のあるシートで、肌の沈静やクーリング効果も高く、夏終わりのお手入れに最適! 軽く、現地で使いきれるマスクはぜひ滞在日数分持っていきましょう。

 

4.夏疲れ後の肌をリフレッシュ! 冷んやりボディケアアイテム

img_9218

旅には脚のむくみケアコスメを持っていくと、観光やビーチで歩き疲れた脚もすっきり!

「ラ・カスタ」から春にリニューアル発売された「アロマエステ レッグジェル RH」は、
ストッキングの上からも使えるので、旅行にもおすすめ。

長時間のフライトや街歩きの後など、脚の疲れやむくみが気になる時に使用すると、心地よい清涼感とともに爽やかなハーブの香りがすーっと広がって、疲れをほぐしてくれます。

「メルヴィータ」の「ロルロゼ オイルイン アイスジェル」は、引き締まった身体へ導くピンクペッパーが配合され、塗るだけで-6℃に冷却! 肌を冷やすことで、冷えた状態から元の体温に戻ろうと代謝がアップするそうなので、お風呂上がりに使うのが定番ですが、ローラーで心地よくマッサージが楽しめるので、個人的にはプールサイドで使うのもおすすめです。

 

5.ホテルで癒されて、熟睡できる! 1回分の入浴剤

img_9211

ホテルでバスタブのあるお部屋に滞在するなら、個包装の入浴剤を持っていくと良いでしょう。

「バスクリン」の「きき湯」など、日本の温泉を感じられるタイプは、自宅にいるようにリラックスできますよ。

「きき湯 炭酸入浴剤 ファインヒート 爽快リフレッシュ」は、夏バテ気味の時でも気持ちよく入れるので、8月終わりの出張にも持って行きます!

旅は色々な刺激を得られる反面、疲れも出やすいので、心地よく過ごせるような工夫がポイント。美容ライターが厳しい目線でセレクトした効果実感の高いアイテムを味方に、残暑厳しい季節も、旅を思いっきり楽しんでくださいね。

 

【掲載商品】
・カンタブリア ヘリオケア ウルトラD 30カプセル ¥6,300
・プロ ナチュラル UV arrier 300mg 60粒 ¥5,500(医療機関専売品)
・ドクターシーラボ メガリポVC100 2.8g×30包 ¥7,800
・ポーラ ホワイトショット RXS 50g ¥12,000(医薬部外品)
・資生堂 ナビジョンDR TAホワイトエマルジョン IIn 120ml ¥8,500(医薬部外品)
・BCLカンパニー モウシロ ホワイト シートマスク 4枚入り ¥800(限定品)
・ダマシス マリンコラーゲンアクアマスク 1枚入り ¥500(税込・オラクル美容皮膚科 東京新宿院)
・ラ・カスタ アロマエステ レッグジェル RH 150g ¥1,500
・メルヴィータ ロルロゼ オイルイン アイスジェル 100ml ¥4,400
・バスクリン きき湯 清涼炭酸湯 だるい疲れ・ベタつき感にも(シトラスの香り)1包(30g) オープン価格(医薬部外品)
・バスクリン きき湯 ファインヒート 爽快リフレッシュ 1包(50g)オープン価格(医薬部外品)
※表記がないものはすべて税抜表記になります

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e6%9c%89%e8%b5%b7%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ビューティ&トラベルライター
石原有起(いしはら・ゆき)

大学卒業後、女性誌やウェブサイトを中心に、美容、旅行関連の取材・執筆を行うほか、美容皮膚科医や美容師などの専門家や、メディアに向けたレターの製作、TV・ラジオ出演、講演など多方面で活動中。現在は、“旅=楽しむだけでなく、美を磨くためのエッセンス”と捉え、国内外を問わず、旅先で美容スポットを体当たりで巡る取材を多く行う。“人生を彩るために、美容する”がモットー。

■ブログ:http://yukiishihara.com/
■Instagram:@yukiishihara1112

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事