健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.4.25

エディター本音の“スパ”レビュー「フォルトゥーナ」で猫背矯正セラピー【OL駆込スパ#5】

%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a01

 

疲れが溜まってしまってうつむきがちな時、心強い味方は都心のスパ。永田町や赤坂からアクセスのいい紀尾井町にある「フォルトゥーナ」は、整体、鍼灸、エステティック、ボディケア、マッサージを融合させた施術で、しんどい体を癒してくれる貴重な存在です。こちらで密かな話題になっている新メニューが、足の距骨(きょこつ)に注目した猫背矯正セラピーです。整体師で「フォルトゥーナ」の代表でもある志水剛志さんが、不調を訴える患者さんの声を聞き、あらゆる不調の原因をたどって行き着いたのが、身体全体を支える土台、足首の中にある「距骨」でした。当たり前かもしれませんが、私たちの華奢な足首って全体重を支える役割を担っているのです。そのため、重力に負けると姿勢が悪くなるだけでなく、体のバランスを崩し、体液の流れも滞りがちに……。

整体+オイルトリートメントでリラックスしながら体が整う!

「距骨」って、初めて聞く骨の名前ですよね。28個ある足の骨の中で、唯一、筋肉の付着がなく外から触ることもできない不思議な骨で、動きもとてもユニークなのだそう。その「距骨(きょこつ)」を調整するのは、当然ながら簡単ではありません。ピンポイントで施術するよりも、周囲の骨や筋肉を動かす「面」でのアプローチが有効ということで、全く新しいトリートメント「距骨セラピー 猫背矯正コース」(90分・¥24,000)が生み出されました。

整体とオイルトリートメントを違和感なく組み合わせ、リラックスして受けられる内容にするため、整体師とセラピストが協力して慎重にメニューの開発を進め、完成するのに1年余りもかかったそう。リラックスした状態で受けられると聞いて、ちょっと安心!

距骨の位置はどんな人でも、前か後ろにずれているそう。距骨が前側にズレている「Frontタイプ」は、足首が固い、あるいはヒールを履く人に多いといいます。靴のかかとが減りやすい人は、後ろ側にズレている「Backタイプ」が多いとのこと。

 

トリートメントを受ける前の一般的なカウンセリングの後に、自分はどちらのタイプかを知るために、いくつかの方法で判定します。

 

img_0463手を重ねて力がどのように入るかをセラピストが確認。

 

img_0465棒を踏んでバランスをチェック。思いのほか簡単な方法で判定できます。

 

私はFrontタイプであることが判明。脚から体の背面に緊張が強いということで、ベッドにうつぶせになり背面メインのトリートメントを受けます。まずは、足裏や脚の筋肉をほぐすことからスタート。私は足首が固く、筋肉も凝り固まっていた模様。

 

トリートメント中に、「重心が前にかかるため、体がバランスを取ろうとして足の裏からふくらはぎ、太ももの裏などが張っていますね」、「膝にも緊張がありますね」など、セラピストから体のゆがみの原因や凝りの状態などの説明があり、自分の体について納得しながら施術を受けられます。リンパや体液の流れを促し、ハリや凝り、むくみもスッキリ。

 

続いて仰向けになると、距骨の調整を行います。さらに、猫背はへそのコリ(腹膜緊張)が原因のため、お腹の中心を丁寧にほぐし内臓の位置も整えます。

 

img_0492距骨の調整。痛くはありません。

 

 

img_0482横隔膜に沿ってのマッサージも行われます。

 

トリートメント後にベッドから立ち上がって自立したとたん、立っている体のバランスが前とは異なり、体の中心にあることを実感し感激! 体の重心がやや後ろになったような気がします。自然に胸を開いた姿勢がとれるようになり、少しは猫背から解放された模様。再度、手を重ねてセラピストの手を押し上げる判定を行うと、施術前よりもやりやすくなっているのも不思議。即効性もありますが、続けて通うと猫背だけでなくさまざまな不調から解放されそうです。

 

ひとりで行きたい度 ★★★
即効実感度 ★★★
通いたい度 ★★

メニューの一例:
美鍼フェイシャル (75分)¥18,000
外反母趾コース 初診料¥2,000+(45分~)¥8,500~
※料金はすべて税別。

「フォルトゥーナ」
東京都千代田区紀尾井町4-1 ガーデンタワー3F ゴールデンスパ・ニューオータニ内
電話)03-3221-4222
http://fortuna-ichibankan.com/

 

はまだふくこさん写真
ライフスタイルジャーナリスト
はまだふくこ
美容と美食&美酒をメインにライフスタイル全般が守備範囲。女性誌、男性誌を問わず、ホテル専門誌にも定期的に寄稿している。ホテルのオープンラッシュが続く今、ホテル&スパの取材で飛び回り、旅をする日々。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事