食・レシピ
2019.8.21

『ピーマン』は夏こそ本領発揮!「ビタミンA・C・E」で酸化対策を|家呑みごはん #17

お酒大好き料理家3人が、簡単で“美”にも効くレシピを教えます! 今回は、料理家・村山由紀子さんに『ピーマン』を使ったレシピを教えてもらいました!

今月のキレイ食材【ピーマン】

kd_190304s01_033
「ビタミンA・C・E」で夏の酸化対策に!
ふと気づくと、我が家の冷蔵庫に1〜2個残っていることが多いピーマン。見つけると、「今日、ピーマン使える」と、ちょっとラッキーな気分になります(笑)。
ピーマンは独特の苦みが好きです。焼いたり、炒めると皮が香ばしくなり、その香ばしさと苦みの相乗効果で、料理がおいしくなる気がします。合わせる食材の味もぐっと引き立つし、ほのかに甘みのある肉のうまみとも相性がいいんですよね。フルーティなパプリカと違い、すっきりとしたほろ苦味のピーマンは家呑みレシピにぴったりな気がします。まだ若いピーマンは皮も軸も種もやわらかいので、蒸し焼きにして、丸ごと食べています。爽やかな飲み口のお酒と一緒にどうぞ。

栄養
ナス科トウガラシ属の果菜で、呼び名は唐辛子を意味するスペイン語の「pimento」などが由来。旬は5~8月。β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンC・Eが豊富。ピーマンのビタミンCにはビタミンP(フラボノイド)が含まれているため、加熱調理しても壊れにくい。また、発汗により排出されるカリウムも多いので、夏には意識してとりたい。緑色の色素であるクロロフィルには抗酸化作用があり、独特の香り成分には、自律神経や血流を促進する効果も。

おいしい選び方
色が濃く、ツヤやハリがあり、軸の切り口がみずみずしく、黒ずんでいないものを。走りのピーマンは水分が多く、皮が薄くてやわらかいので丸ごと食べやすい。名残になると水分が減り、皮がハリ、香りや甘みが強くなる。

ピーマンのオイル蒸し焼き

kd_190304s06_078
焼ける音も香りもおいしい。 まだ若いピーマンを使うと、種も軸もやわらかいので丸ごと食べられる!

【材料】(2〜3人分)
ピーマン…5~7個
オリーブオイル…大さじ3
クミンシード…ひとつまみ
塩…適量

【作り方】
(1)フライパンにオリーブオイルとピーマンを入れ、クミンシードを振り、蓋をして中火にかける。

(2)パチパチと焼ける音がし始めたら、30秒程そのまま焼く。蓋を外してピーマンを返し、再び蓋をして焼く。これを2~3回繰り返し、表面全体を焼く(油跳ねに注意)。

(3)器に盛り、塩を振っていただく。

ピーマンとタコのセビーチェ

kd_190304s08_103
低脂肪高たんぱくでタウリン豊富なタコは家飲み向き。ライム果汁を使うと、風味もぐっとおしゃれ&夏向きに。

【材料】(2〜3人分)
ピーマン…3個
ゆでダコ…120g
赤玉ねぎ…1/2個(30g)
A[塩…小さじ1/2、砂糖…ひとつまみ、ライム汁(またはレモン汁)…大さじ1、オリーブオイル…大さじ1と1/2]

【作り方】
(1)ピーマンはヘタと種を取り、横(繊維を断ち切る方向)にせん切りにする。

(2)タコは3mm厚さに切る。赤玉ねぎは繊維に沿って薄切りにし、水に10分程さらし、水分をきる。

(3)ボウルにAの材料を入れ混ぜ合わせる。(1)と(2)を加え、全体を混ぜ合わせる。

ピーマンの白和え衣かけ

kd_190304s07_089
さっとゆがいたピーマンに、明太子が効いた和え衣をたっぷり。簡単に作れる洋風和え衣はマヨネーズ代わりにも。

【材料】(2~3人分)
ピーマン…4個
絹豆腐…1/4丁(80g)
A[薄口しょうゆ…小さじ1、辛子明太子…30g(薄皮を取った状態で)、菜種油(またはサラダ油)…小さじ1]

【作り方】
(1)ピーマンはヘタと種を取り、縦にせん切りにする。さっと湯がき、水分をきる。

(2)絹豆腐をザルなどで一度こす。ボウルにAと共に入れ、混ぜ合わせて白和え衣を作る。

(3)(1)を器に盛り、(2)をかける。

ピーマンと車麩のチャンプルー

kd_190304s09_116
野菜も肉も卵もたっぷり食べられる夏おかず。じゅわっと味が染みた車麩がおいしいお弁当のおかずにもおすすめ。

【材料】(2~3人分)
ピーマン(緑)…2個
ピーマン(赤)…2個
車麩…30g(直径10cm、厚さ1cm程度のものを2個)
ランチョンミート…80g
菜種油(またはサラダ油)…大さじ1
A[溶き卵…2個分、薄口しょうゆ…小さじ1/2、砂糖…小さじ1]
B[薄口しょうゆ…大さじ1、みりん…大さじ1、こしょう…少量]
カツオぶし…適量

【作り方】
(1)車麩はたっぷりの水で表示どおりに戻し、水分を絞る。手で食べやすい大きさにちぎり、よく混ぜ合わせたAに浸す。

(2)ピーマンは2色ともヘタと種を取り、5mm厚さの輪切りにする。

(3)ランチョンミートは3mm厚さの短冊状に切る。

(4)フライパンに菜種油と3を入れ、中火で熱する。1分程炒めたら、(1)を入れて炒め、卵に火が通ってきたら(2)を加え、さらに1~2分炒める。

(5)Bを加えて混ぜ合わせ、味をつける。器に盛り、カツオぶしをトッピングする。

これで乾杯!

kd_09_%e3%83%92%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3
オレンジピールとコリアンダーシードの組み合わせで清涼感たっぷりな味わい。
ヒューガルデン ホワイト 330ml ¥229
(問)アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン

kd_09_%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ae%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc
毎年の発売がSNSで話題となるカルディコーヒーファームオリジナルのご当地サワー。沖縄のシークヮーサーをぎゅっと絞り、ほろ苦さが効いた大人味。ピーマンにも合う!
沖縄シークヮーサーサワー 350ml ¥175
(問)カルディコーヒーファーム

 

今月の家呑み先生は…

村山由紀子さん
むらやま・ゆきこ/料理家。食材のおいしさを引き出すおしゃれレシピが評判。著書に『ベジヌードル』(主婦と生活社)など。「最近、餃子や腸粉(米粉で作る蒸し春巻き)など、アジアの粉物料理を作ることと、寝る前の読書にはまっています」

 

『美的』9月号掲載
撮影/神林 環 料理/村山由紀子 栄養監修/美才治真澄 スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事