ボディケア
2017.12.17

この冬はミニスカートが流行!?太ももに「悲願の隙間」を作る簡単エクサ

ここ最近はワイドパンツやロング丈のスカートが流行っていましたが、今年の冬は、ミニスカートが復権するといわれています。久しく脚を露出していなかった皆さん、“太ももの隙間”は健在ですか?

今回は、美脚ヨガのクラスを担当するヨガインストラクターの筆者が、自信を持ってミニスカートを履きこなすために“太ももに隙間をつくる方法”をご紹介したいと思います。

まず大切なのは、内ももに広がる内転筋群を鍛えてあげること。以下のヨガポーズとエクササイズで、太ももの隙間を取り戻しましょう!

 

三角のポーズを取る

ヨガの三角のポーズは、前脚の内転筋群を伸張するのに効果的なポーズです。エクササイズに取りかかる前に、こちらのポーズで内転筋群を気持ちよく伸ばしておきましょう。

(1)両足を大きく開き、右のつま先を90度開く

(2)両腕は肩の高さに上げ、目線は右手指先

(3)上体を右側に大きくスライドしてお尻を左側に引き、右内転筋群の伸びが気持ちよく感じられる姿勢になる

(4)上体を右に倒し右手は足首、左手は天井に向けて伸ばす

(5)目線を上げたら、鼻呼吸を5回繰り返す

(6)ゆっくり体を起こしてきたら、反対側も同様に行う

 

ワイドスクワットをする

ワイドスクワットは、内転筋群をはじめとする下半身を鍛えるのに効果的なエクササイズのひとつ。

(1)足は肩幅より広く開き、つま先は外に向ける

(2)太ももが床と平行になるまで腰を落とし、ゆっくり(1)の姿勢に戻る

※ 手は腰に添えてもよいし、体の前に伸ばしてもよい

まずは1セット10回から。慣れてきたら2~3セット行いましょう。

 

内ももで物を挟む

今回紹介したエクササイズの中で一番簡単なのがこの“物を挟む”です 。内ももで物を挟むときに内側に働く力がほどよいエクササイズになります。

椅子に座った状態でも立った状態でもよいので、ボール(なければクッションなどで代用)を内ももで挟んで力を入れるエクササイズを10秒×3セット行ってみてください。

 

太ももの間から後ろの景色が見えるような美脚を目指して! 上記のエクササイズをしてみてはいかがでしょうか。きっとミニスカートも素敵にキマりますよ!

 

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事