ボディケア
2016.10.7

1日中ふわっとイイ匂い!「香水」の香りを長続きさせる3つの方法

「この香りといえばあの人!」というように、香りを嗅ぐだけである人の存在を思い出すことはありませんか? このように“香り”と“記憶”には、深い関係があります。それだけに、香水を“自分の香り”として使用している方も多いでしょう。

今回は、香水の香りを長持ちさせることができる、おすすめのつけ方をご紹介していきます。

 

■1:持続性の高い香水を使用する

最初にご紹介するのが、“香りのもちが長い”香水を使用する方法です。一般的に香水は、4種類に分けられます。これによって香りの持続性も異なるのです。

(1)オーデコロン・・・約1~2時間
(2)オーデトワレ・・・約2~5時間
(3)オーデパルファン・・・約5~12時間
(4)パルファン・・・約5~12時間

この4つに分かれます。香りを持続させたいという方は、オーデパルファンやパルファンを使用してみましょう。

 

■2:就寝前に1~2プッシュ枕にかけておく

翌日に使用する予定の香水を、夜寝るときに1~2プッシュ枕にかけておくことで、ゆっくりと時間をかけて髪の毛に香りを移すことができます。

このとき気をつけなければいけないことは、香水をプッシュした枕をそのまま放置しておかないことです。放置してしまうと枕にシミができてしまうこともあります。なので、香水をつけた枕は、なるべく早めに洗濯することをおすすめします。

 

■3:香水を付けたコットンを胸元に忍ばせておく

最後に紹介する方法が、香水をつけたコットンをブラジャーの中など胸元に忍ばせておく方法です。こうすることで、外気に触れる機会が少なくなり、他の臭いと混ざることなく香りの持続性が期待できます。またこの方法であれば、ふんわりと香水の匂いを漂わせることができます。

 

自分の印象を決めると言っても過言ではないくらい大切な香水。女性として、ふんわり長持ちする香水のつけ方を身に着けたいですよね。今回ご紹介した香水のつけ方を、早速試してみてくださいね。

 

初出:美レンジャー  ライター:船山葵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事