ヘアのお悩み
2021.10.3

有名サロンがお悩み解消!vol.94【エラ張りホームベース・ロング・アシメ】骨格・レングス・前髪別特集

\"\"

自分に似合った髪型がわからず悩んでいる方必見!8骨格・4レングス・前髪4タイプ別に有名美容サロンがお悩み解消します。第94回目はエラ張りホームベースさん。エラ張りホームベース・ロング・アシメのスタイル特集。顎回りが角ばっていて人によっては、顔が大きく見られがちな骨格ではありますが、人気美容師が骨格の悩み他、小顔に見せたい、頬の厚みが気になるなどの要望にお応えします。

エラ張りホームベースの特徴と基本のカットポイント

その名の通り、えらが張っていて野球のホームベースのような五角形の骨格。横幅によっては顔が大きく見えてしまうことも…。

正田さんが提案する基本のカットポイント

Point

・エラ張り顔さんのお悩みは、横幅によって顔が大きく見えてしまうことなので、トップにボリュームをおいたり、前髪を作らないことで縦幅を強調させる髪型を選びましょう。
・カットやパーマのテクニックを駆使すれば、エラ張りさんの顔型を上手にカバーしてくれ、顔が小さく見える髪型を実現できます。

タイプ1:エラ張りカバーとおでこの狭さが気になる

レイヤーで骨格カバー、おでこは前髪をトップ奥から持ってくる

1

スタイルのポイント

  1. 顔周りにレイヤーをたっぷり入れたロングヘアで、エラの張りもおしゃれにカバー。
  2. ヘア全体を内巻き外巻きを混ぜるミックス巻きにすることで、かわいいゆるふわ質感に仕上がります。

前髪カットのポイント

  1. 前髪の幅を狭くすると、サイドヘアでエラ張りをカバーしやすいのでおすすめです。
  2. 通常よりもトップの上の方から前髪を持ってくることでおでこの狭さもカバーできます
  3. 動きでアシメ風の前髪にすることでサイドは顔周りとつなげるように、トップは短めにしてお洒落に

タイプ2:エラ張りカバーと頬の厚みカバーで小顔に見せたい

フェイスラインに沿う髪で小顔見せ

2

スタイルのポイント

  1. トップにボリュームをおきながら、大ぶりのカールで女性らしさと立体感をプラス。
  2. ショートでもロングでも、毛先にボリュームをおかずに、縦のラインをつくるのがポイントです
  3. 顔周りの毛流れで頬の厚みもカバーでき、もちろん小顔効果も

前髪カットのポイント

  1. 軽いアシメにサイドバングを作り、横幅を狭く見せる。

タイプ3:エラをカバーと猫っ毛なのが悩み

空気を含んだレイヤーボリュームヘアに

3

スタイルのポイント

  1. 耳まわりにボリュームをもたせた、ひし形シルエットのロングヘア
  2. 胸上で重めにカットし、顔まわりと表面にレイヤーを
  3. ナチュラルな空気感を含んだ毛先は、ロングヘアの重い印象を回避するとともに猫っ毛のペタンコも回避

前髪カットのポイント

  1. シースル気味のアシメに切り、束感をつくって抜け感をプラスすると今っぽさがアップ。

Hair&Make PHAT 店長

正田健志さん

季節に合わせた提案・似合わせ・カラーが得意です☆お客様のなりたい女性像を叶えるために、カウンセリングでは、より深く、丁寧に耳を傾けることを大切にしています。コミュニケーションが苦手な方も何気ない会話からライフスタイルに合わせたヘアデザインを考え、提案いたします。また髪を綺麗に見せるカラー技術、ブリーチなしで叶う透明感カラーは定評があります。
@sho_da.kj
afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:Hair&Make PHAT(ファット)
担当サロンページはこちらから
Hair&Make PHAT(ファット)

文/黒木咲希

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事