ヘアのお悩み
2019.4.2

広がりを抑える髪の乾かし方|“温冷風&手ぐし使い”でするんっとまとまりの良い髪に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.54】

ブリーチを入れたハイライトカラーを繰り返しているため、ダメージで髪が広がりやすいという旭 美香さん。
同じサロンで働くヘアスタイリストさんに相談したところ、「乾かし方次第で、髪は広がりにくくなる」と、ドライヤーの使い方を伝授されたそう。
「ポイントは、手ぐしの入れ方。ちょっとした工夫でこんなに広がりにくくなるなんて感動しました!」という、旭さんが実践している“広がりを抑える髪の乾かし方”を教えてもらいました。

今月の賢人File

tricca ginza ネイリスト 旭 美香さん

3q6a0257_750

名前:旭 美香(あさひ みか)

年齢:31

髪質:柔らかい。襟足の毛量が多いストレートヘア

髪の長さ:肩にかかるセミロング

ヘアカラー:ブリーチのハイライトが入った明るめのカラー

パーマ:ナシ

髪コンプレックス:ブリーチによるダメージで髪が柔らかくなり、広がりやすい。

賢者プロフィール:ヘアの施術と同時にネイルを受けられるサロン『tricca ginza(トリッカ銀座店)』で活躍中のネイリスト。上品なのに今っぽい、ほんのりエッジの効いたネイルデザインが得意。厚ぼったさを感じさせないジェルネイルの仕上がりにも定評がある。『美的.com』の【365日ネイル】にて、毎月ステキなネイルデザインを提案中。旭さんがいるヘアサロンは…www.tricca-m2b.com

 広がりやすいダメージヘアが1日中落ち着く髪の乾かし方

STEP1】根元はしっかり&根元以外は8割乾かす

3q6a0290_750「髪の根元をきちんと乾かさないと、髪が広がりやすいそう。根元に温風がしっかり当たるように、手ぐしで髪をかき上げながら乾かします。ここでは髪全体を完全に乾かすのではなく、根元はしっかり乾かし、髪の中間と毛先は少し湿っているくらいを目安にするのも、オーバードライによる髪の広がりを防ぐコツです」

STEP2】手ぐしで髪を下へ引っ張りながら温風と冷風を当てる

3q6a0311_750「髪の広がりを抑えるもうひと工夫は、手ぐしで髪を下に引っ張りながら、ドライヤーを上から当てること。温風で髪全体が乾いたら、冷風に切り替えて、同じように髪を手ぐしで引っ張りながらドライヤーの熱を取っていきます」

【完成!】

3q6a0434_750仕上げに髪を下に引っ張りながらドライヤーを当てることで、広がりにくく、1日中するんっとまとまる髪をキープ。最後に当てた冷風は、キューティクルを引き締めてツヤを出す効果も♪

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事