ヘアスタイル・髪型
2021.6.9

決め過ぎないけどきちんと感あり!シースルーバングの今っぽミディ | 最旬ヘアカタログ

下ろしても、結んでも可愛く扱いやすさNo.1のミディアムヘア。でも、アイロンを巻き過ぎた……、なんてことも多いはず。こちらのスタイルは、ボリュームをおさえたストレートタッチでありながら、顔まわりのふわっと動く髪をつくることで今どき感をプラス。カジュアルでもきちんと感を兼ね備え、あざと可愛いのも魅力です。ヘアカラーは、赤みを削り、透明感を引き出すオリーブグレージュが好相性!
髪質、顔型問わず、似合わせが可能な優秀ミディ。骨格に合わせておくれ毛をつくるのがおしゃれ感のポイントです。

おくれ毛のふわっと感が少しだけあざとい

1

【how to“ベース&カラー”】
全体を鎖骨下の長さでカットし、顔まわりにレイヤーを入れます。このレイヤーがおくれ毛となり、こなれた軽い表情をつくります。前髪は、黒目と黒目の間をシースルーにするのが○。サイドはやや長さと重さを残します。カラーリングは、9レベルのオリーブグレージュで寒色系に。日本人特有の赤みを打ち消し、上品な透け感のある色味に仕上げます。

2

【how to“スタイリング”】
32mmのアイロンで中間からアイロンをさらっと通し、毛先を軽く外ハネに。髪全体はストレートタッチに、毛先にカールをつけるのがコツ。おくれ毛と前髪は、ストレートアイロンで軽く内巻きにすると今っぽい浮遊感のある動きに。スタイリング剤はスプレーオイルがおすすめ。根元を外して全体的に塗布し、最後に前髪につけたら完成です。

 

saron
サロン名:LONESS ginza(ローネス ギンザ)
担当サロンページはこちらから
LONESS ginza(ローネス ギンザ)

ヘアスタイリスト/長谷川翼(LONESS ginza) モデル/内山愛 文/小平多英子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事