宇垣美里のメイクの旅
2022.11.19

「引くメイクでまだ知らない自分を知れる」|宇垣美里のメイクの旅 vol.18

\"\"

私たちはメイクでどこにだって行けるし、なんにだってなれる!宇垣美里さん連載第18弾。最小限のメイクで生命感を与えるストレスフリーのメイクテクニックに注目です♪

ツヤときらめきをレイヤードした生命感が素敵!

開放感のあるストレスフリーなメイクに、吹いていないはずの風を感じて、開放感のあるストレスフリーなメイクに、海が見えた


今回のゲストは大好きな岡田さん。岡田さんとの出会いには、忘れられない思い出があるんです。

それは、フリーになって初めて出したエッセイ本の撮影。海でダイビングするシーンがあって、寒くて死にそうになっていた私をずっと抱き締めて、岡田さん自身の体温を総動員して温めてくれたんです。その優しさが本当に染みて、救われました。その後は、『美的』をはじめいろいろな撮影でよくご一緒するようになり、今では私の好みを熟知する、信頼できるメイクさんのひとりです。

メイクの撮影で一緒になるときは、いつも私を尊重して、そのときの気分をヒアリングしながらトレンドを盛り込んだおしゃれ顔に仕上げてくれる岡田さん。でも今回の私は、純粋にメイクをされるだけ。100%岡田さん発のメイク提案なので、どんな仕上がりになるのかとっても楽しみでした。いろいろ最新のテクニックを盗もうと思っていましたが、いつもどおり好きな宝塚の話に夢中になっていたら、メイクが終わっていたという…。

でき上がった顔は、連載20回を目前に、今まででいちばん薄いメイクではないでしょうか? マスカラもアイラインもなしで、メイク感は最小限なのに、ツヤやキラめきは緻密にレイヤードされていて、すっぴんとは明らかに違うんですよね。

撮影が始まると、このメイクに引っ張られるように、どんどん開放的になって、海の近くにいるような気分に(笑)。限りなくストレスフリーで、“パジャマみ”があるというか。キレイな色や最新のテクニックを駆使したメイク提案をする『美的』の誌面で、これはなかなか新鮮ですよね。

足すメイクで新しい自分に出会うことがあれば、こうして引いたメイクで、まだ見ぬ自分を知ることもある。メイクって本当に自由! そして終わりなき旅ですね。

 

今月のゲスト|メイクアップアーティスト岡田知子さん

\宝塚仲間でもある宇垣ちゃん!大好き♪♪♪/

from Tomoko
宇垣ちゃんとの出会いは、もう早いもので4年前!? その後はうれしいことに、いろいろな媒体でご一緒しています。どんな色も映えるお顔であるがゆえに、撮影のときは、いつもメイク感がしっかりめ。なので今回は思いっきり素の宇垣ちゃんを生かしたいなと思いました。とぅるんとぅるんの果実感のある宇垣ちゃん、個人的にも新鮮で大満足!

 

使用アイテム


A.シルバーにレッド、ゴールド、ベージュのパールをミックス。肌になじむアンバーな輝き。
ジルスチュアート アイダイヤモンドグリマー 04 ¥2,750

アイダイヤモンド グリマーの詳細・購入はこちら


B.柔らかい光を集め、ふんわりと肌を明るく見せるハイライト。
クレ・ド・ポー ボーテ ル・レオスールデクラ 17 ¥9,350

ル・レオスールデクラの詳細・購入はこちら


C.湿度と体温を感じるコーラルのルミナイザー。
トーン ルミナイザー バー 04 ¥3,300


D.セミマットに仕上がるヌーディなベージュ。
スナイデル ビューティ コンフォートリクイドルージュ EX 03 ¥2,860(限定品)

コンフォート リクイド ルージュの詳細はこちら


E.偏光パールが揺らめくようなツヤを演出。
カネボウ化粧品 ルナソル ジェルオイルリップス EX08 ¥3,520(限定品)

ジェルオイルリップスの詳細・購入はこちら

 

メイク方法


目元はAのアイカラーを上下まつげ際に置いて指でなじませる。その後、まぶたにもランダムにのせてリズミカルに輝くように。きらめきを主役に、あえてアイラインもマスカラもなし。Bのハイライトを目頭のくぼみと目尻の下にサラッとのせたら、Cのコーラルのルミナイザーをの頬の内側の高い位置にオン。リップはDをオーバーめに塗ったら、Eを重ねてツヤの膜感をプラス。スキンケアを丁寧にして作ったツヤ肌も、ポイントメイクを引き立てるカギ。

 

PROFILE
宇垣美里さん
うがき・みさと/1991年生まれ兵庫県出身。フリーアナウンサーとして、テレビや雑誌、ラジオなどに多数出演。最近は女優としても活躍する程、活動の幅を広げている。

 

『美的』2022年12月号掲載
撮影/松岡一哲(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) スタイリスト/辻村真理 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事