Other
2011.7.8

ナニワの国から美的通信vol.6 関西限定の「OLO OLO(オロオロ)」って、ナンダ??

大阪に移り住んでから、早いもので1年が経ちました。大阪にしかない! 関西でココだけ! といった情報は常に目を光らせて暮らしているつもりだったのですが…こんな完全なる関西限定情報を見落としていたとは…ウカツでした。

コトのはじまりは、梅雨明け宣言がでそうなほどの猛暑日。街中で人が集まっていたので覗いてみると、「OLO OLO(オロオロ)」の無料サンプリングをしているじゃないですか。ラッキー♪ と、手渡された「ほろにがカフェラテ」を飲みながら、ふと思ったのです。あれ? 大阪ではよく見かけるけれど、コレって東京で見たことない!

それもそのはず。「OLO OLO(オロオロ)」とは、関西地域にある自動販売機限定のチルド飲料なのです。しかし、なぜ関西限定で? なぜ「OLO OLO(オロオロ)」なの? 気になったので販売元の日本コカ・コーラ社に問い合わせてみると、まずネーミングは、NomigOLO(飲みごろ)EcOLOgy(エコロジー)で、「OLO OLO(オロオロ)」とのこと。飲みごろのローマ字はご愛嬌として、素材にこだわり、保存料・合成着色料不使用の新鮮なチルド飲料を、環境に配慮したパッケージでいただけるというもの。“おいしくってロハス”をコンセプトに、コーヒー飲料には厳しい基準をクリアしたレインフォレスト・アライアンス認証のコーヒー豆を100%使うなど、体はもちろん、地球にも優しいドリンクなのです。

大阪・神戸の限定導入からはじまり、今では京都・滋賀まで販売エリアを拡大しているようなのですが、なぜ関西にこだわるのでしょう?「ブランドの動向を見極めるため、まずひとつの地域で先行発売することに。その際、情報感度の高い関西圏が適していると判断したのです」(PR 染川里美さん)なるほど! まずは新しいモノに敏感な関西人から攻めてみようというワケなのですね。

今回私が遭遇したのは、この「OLO OLO(オロオロ)」の誕生1周年を記念した“げんきワゴンキャンペーン”。OLO OLO(オロオロ)大使を務める人気お笑い芸人、シャンプーハットの小出水さん(通称:こいちゃん)入りの人間自動販売機に「なんでやねん!」などとツッコミを入れると、元気になれるひと言をくれるという楽しい企画だったのです。残念ながら、7月6日でキャンペーンは終わってしまいましたが、今後全国へと展開すれば、こんなオモシロキャラバンにみなさんも出合える日がくるかも!?

OLO OLOの詳細情報はコチラから↓
http://www.cocacola.co.jp/products/oloolo/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事