大高博幸さんの 肌・心 塾
2013.11.19

大高博幸の美的.com通信(189) あったかくして過ごさなきゃ! 2013 PART 1 布物編

“風邪は万病の元”って よく言いますが、それは言い変えると“冷えは万病の元・肌あれの元凶”。体が冷えると免疫力が低下して病気に患りやすくなる…、血行が鈍ってドンヨリ肌になり、老化の道を ひた走り…。で、少くとも“色ツヤの悪い人”の出来上がりという破目に!
そんなパターンに陥らないための、年に一度の大高なりの“冬対策”。暖房に頼り切らずに過ごすために、今年は2回連続(布物編と健康食品&入浴剤編)でお届けします。『美的』1月号(11月22日発売予定)には“冷えない”特集ページも組まれているそうなので、併せて御覧いただければ幸いです。

エミリーズ シールド タオル
エミリーズ シールド タオル

布物・その1) エミリーズ シールド タオル (11.22発売予定)
『美的&美的.com』読者に愛用者多数の『エミリーズ シールド グローブ(ハンドケア用保湿手袋)』。その姉妹品として新登場するのが、最高級国産天然アラシャン・カシミア100%製の保湿・保温用タオルです。主たる使用法は次のとうり。
a) 枕カバーとして
植物繊維の綿とは異なり、動物の毛であるカシミアは油分をほとんど吸収せず、肌の保湿を効果的に助けるコトができます。しかも肌へのマイナス刺激を避けるために縫いめをなくし、ボタンやフックなどの留め具も一切不使用。タオルの両端の穴に付属のリボンを通せば多様な使用が可能です。枕に顔を押し当てて寝ても大丈夫で、眠っている間に美肌&美髪ケアができると言っても過言ではありません。
b) ボレロ・ケープ・ひざ掛けとして
自宅やオフィスで肩や腰に掛ければ、ほわっと暖か。移動中の機内等では、髪や顔を ふんわり覆ったり、軽い毛布として使っても◎。
Sサイズ:38×110cm、¥12000
Mサイズ:55×110cm、¥17000
カラーは共にマイルドグレー、オリジナルリボン1本付き。
詳しくは、http://www.skindoctor.jp/へ。

 

ディノス・セシール パイル腹巻パンツ
ディノス・セシール パイル腹巻パンツ

布物・その2) ディノス・セシール パイル腹巻パンツ (9.20から発売中)
日本に数台しかない貴重な機械で編まれたという、別名“あっためパンツ”です。綿83%×ポリエステル17%の両面パイル生地製で伸縮性が高く、ヒップとお腹周りを暖かく包み込みます。サイズはワンサイズで、M~L対応。ゆるめのルーズフィットという感じの、ラクな履き心地。
カラーは、ホワイトパープル・ホワイトサックス・ブラックブラックの全3種。
同色2枚セットで、¥4620。
詳しくは、ディノス ハートコールセンター、0120-111-555へ。
ブーツ類も相当充実、要チェックですよ。

 

 

 

 

 

 

 

ポーラ 背中エクスパジャマ
ポーラ 背中エクスパジャマ
(上)レディス、(下)メンズ

布物・その3) ポーラ 背中エクスパジャマ (10.2から発売中)
この通信でも好評をいただいたポーラのインナーアイテムの姉妹品のようなパジャマです。
空気を含んで ふんわり暖かい“コットン接結ニット”を身生地に使用。さらに冷えを感じやすい背中上部から肩にかけての裏側に“吸湿発熱繊維エクス®”の二重ネットを配し、快適な暖かさを保つように仕立てられています。
生地の厚さが程よく、重すぎたりモコモコしすぎたりしない着心地も◎で、穏やかな眠りを約束してくれます。女性用の他に男性用もあり。
レディス…M、L:¥9870 LL:¥10395
カラーはピンク+ブラウンの1種。
メンズ…MA、LA:¥10290 LB:¥10815
カラーはブラウン+ブラックの1種。
詳しくは、ポーラお客さま相談室、0120-117-111へ。
大判のスポットヒーターやダウンネックウォーマーも要チェック。僕も使ってみたいと思っているところです。

P.S. 体を温める健康食品&入浴剤については、明後日配信の予定。
P.S. 通信(38)通信(77)通信(128)も御参照ください。

では、本日は ここまで

 

 

\あなたの質問が記事になるかも?!/
アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
info@biteki.com
(個別回答はできかねますのでご了承ください。)

 

ビューティ エキスパート
大高 博幸1948年生まれ、美容業界歴46年。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸の美的.com通信 https://www.biteki.com/article_category/ohtaka/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事