大高博幸さんの 肌・心 塾
2019.10.15

手早く、ソツなく、コンディションの良い肌に整えるメイク直し法は? アトランダム Q & A 【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.524 】

 こんにちは、初メールです。私は高校生の時から、先生の記事や書籍や放送を 熱心に読んだり、見たり、聞いたりしてきた 一ファンです。先生のお話は ビューティに限らず、いろいろと参考になる要素が多く、最近では Vol.512 のスーザンさんへの回答など、私に対するアドバイスのように感じられて、何度も繰り返し読みました。
質問は メイク直しに関してです。私は 某外資系マーケティング部に所属する 一社員で、商品サンプルの 梱包・出荷、業界紙の記者の方々への対応など、業務内容は多岐にわたります。特に各種イベント時には セットアップの他に M C 役も務めるため、汗ばんだ後のメイク直しに 困るコトが よくあります。ファンデーションをオフして 最初から メイクを やり直せればいゝのですが、予定外の打ち合わせや調整等が 入り込むコトも多く、それは 難しい現状です。先生も同じような立場に置かれていらしたと認識しておりますが、手早く、ソツなく、コンディションの良い肌に整える お直し法を、ぜひ 教えてください。どうぞ よろしく お願い 致します。( SAYAKA、37 歳。やゝドライスキンですが、顔に汗をかきやすく、リキッドファンデーションが ヨレたり 取れたりしやすいタイプです。しかし、艶感と透明感のある肌が 理想なので、パウダーファンデーションは使う気になれません。会社員 )

 Q メール、ありがとうございました 10 代の頃から、いろいろと参考にしてきてくださったとのコト、とても嬉しく思いました
お仕事が 多岐にわたり、裏方さんの仕事も、大勢の方の視線の的になる仕事も 同時に こなすというのは 本当にタイヘンなコトで、誰にでも出来るワケでは ありませんよね。優秀なアシスタントさんがいれば かなり違うはずですが、いろいろと事情もあったりして、なかなか思いどうりにはいかないというコト、僕も 随分 経験しました。でも、それが やり甲斐になっていたりして、SAYAKA さんは ガンバっていらっしゃるのだ と想像しています。

SAYAKA さんの Q を読みながら、想い出したコトが あります。35 年ほど昔の話ですが、僕がシャネルでトレイニングマネージャーをしていた当時、「 午後 3 時の休憩タイムに、ローションを含ませたコットンで ファンデーションをクイッククレンジングして、ベースから塗り直す 」という美容部員が、スキンタイプに関係なく、30 代を中心に 40 % 以上も いたコトです。「 そうすれば、閉店時間まで、自信の持てる肌で接客できます 」というのが、その理由でした。なので、SAYAKAさんが「 最初から メイクを やり直せればいゝのですが 」と おっしゃる気持ちは よく分かります。But、立場上、そんな余裕は ないのですから、以下の方法を ぜひ 採り入れて頂きたいと思います。
僕は 素肌に戻してから メイクを やり直すよりも、この方法のほうが 満足度の高い仕上がりが得られると、本当に 実感 & 確信しているんです。自分自身だけでなく、モデルや 一般の女性の場合でも、です ( Vol.518 で 読者モデルさんに施したメイクも、以下の方法で仕上げました ) 。

<< クイック・タッチアップ法 >>
Step 1 保湿力高めのフェイシャルミストを、目元を避け、顔全体に やゝ多めにスプレーします。次いで、中指と薬指のハラで、崩れかゝった or 崩れたメイクを、ソフトに丁寧にパッティングしながら ( 強く こすったりは N G ) 、ムラのない状態に ならします ( この場合、パウダー類で ウルトラマットに仕上げていたり、頬紅やパーリィなハイライター等を過剰につけていたりしないほうが、自然な均一感が 得られます ) 。その後、ティッシュペーパーのフラットな面を用いて、余分な潤い ( 水分 or 油分 ) だけを、そっと抑えるようにして吸い取ります。

Step 2 朝 使用したファンデーション or 肌色に適したコンシーラーを、カバー力を補いたい部分を中心に 少なめの量を乗せ、優しく 小刻みに、パッティングしながら なじませていきます。

Step 3 必要に応じて、頬紅、ハイライター、フェースパウダー類を 適宜 プラスして仕上げます。

この スリーステップ、慣れゝば 3 ~ 5 分ほどで完了します。崩れかゝった or 崩れたメイクを活かして行なう この方法は、朝のメイク以上に綺麗になじんで、カバー力も艶も透明感も ベストという感じに仕上がるコトが ほとんどです。
要は、コツを つかむコト。ポイントは、使用量の微調整。さらに、指先 or スポンジで ファンデーション or コンシーラーをパットする際、肌に付け足しながら 余分を取るという、決して難しくはない上級テクニックを 身につけてしまうコトです。イベントの開催日 以前に、2 ~ 3 回、予行練習を なさっておいてください。

以下、僕のオススメの ミスト、コンシーラー、そして イベント当日のメイクに適す リキッドファンデーションを御紹介します。

<< クイック・タッチアップに適すフェイシャルミスト >>

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

ネイチャーズウェイ チャントアチャーム リフレッシュエッセンスミスト 60ml ¥2,500
オーガニックブランド発の 2 層式ミスト。オイル層による 充実した保湿力と、ローション層により 鎮静されるフィーリングの心地よさ。今春の発売以来、僕が 最も多用しているのは、このミスト。
資生堂 エリクシール シュペリエル つや玉ミスト 80ml ¥1,800 ( 編集部調べ。11.21 発売 )
瞬時に「 つや玉が 輝く肌 」を叶える 2 層式ミスト。滑らかで均一なハリ感をも与えてくれる。
パルファム ジバンシイ ランタンポレル ブロッサム クリーム ミスト 50ml ¥7,500
保湿ローションに近い感触の みずみずしいミスト。肌の疲労感を和らげる効果あり。フワーッと噴出するソフトな霧も◎。
ジュリーク ローズ バランシングミスト 100ml ¥4,600
新種のバラの生命力と芳香を 独自技術で 抽出・製品化したローションミスト。柔らかくイキイキとした肌に整えてくれる。

<< クイック・タッチアップに最適なコンシーラー >>

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

パルファム ジバンシイ タン・クチュール・エバーウェア・コンシーラー 全 6 色 ¥4,200
ソフトなリキッドクリームテクスチャーでいて、ウォータープルーフ処方。みずみずしいタッチで肌になじみ、厚塗り感ナシで、微かな色ムラも 気になる色素沈着もカバーしてくれる優秀品。明るいシェードは ハイライターとしても大活躍。肌タイプや年齢を問わず、素直にフィットする。
資生堂 SHISEIDO シンクロスキン コレクティング ジェルスティック コンシーラー 全 6 色 ¥4,000
ジェル成分による軽さとカバー力を両立させた、スティックタイプのコンシーラー。ミディアム ~ ミディアムダークな色調が 充実している点も貴重。スティックを 直接 肌に当てゝ、指先で なじませる 。

<< 崩れやすい日にイチオシのリキッドファンデーション >>

%e3%82%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

カネボウ化粧品 コフレドール リフォルムグロウ リクイド U V SPF36 / PA+++ 全 7 色 スポンジ付き ¥3,500 ( 編集部調べ )
単なる マットフィニッシュの 崩れにくいタイプとは異なる、一歩進んだ〝 復元カバー処方 〟によるリキッドファンデーション。従来型の「 ファンデーションの被膜を動かないように固定化 」する処方は、いったん 被膜が 壊れると 汚く崩れるが、〝 復元カバー処方 〟による このリキッドは、「 柔軟なファンデーションの被膜を肌に沿って形成させる 」ため、ヨレやムラのない均一な状態が 長時間 持続 … 。比較的 さらっとした仕上がりの割に、綺麗な艶感も得られる。
このリキッドは、どちらかと言うと春夏向きです。But、イベント開催日の SAYAKA さんの環境条件にピッタリなので、秋冬でも トライする価値は 十分に あります。

 

何か 言い足りない気もするのですが、SAYAKA さんが、少しでも 手早く ラクに メイク直ししてくださるコトを願っています。また、結果など、ぜひ お知らせください。では、Good Luck

 

このページで紹介した化粧品の価格は、全て本体価格です。

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問を受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
( 個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事