お悩み別ケア
2020.9.22

頬のたるみ、フェースラインの緩みが気になり始めたら「真皮上層」ケア|今、選ぶべき最新エイジングケア【美的GRAND】

この秋の最重要テーマはずばり、ハリ育成。いつも以上に顔のゆるみやあごのもたつきが気になる今年だから…最新テクノロジー搭載の新顔コスメで、目指すはマイナス10才肌!ハリを強力に仕込みながら、肌の未来を立て直して。

頬のたるみ、フェースラインの緩みが気になり始めたら
真皮上層ケア

ハリのあるふっくら立体顔は真皮上層の構造がカギだった

加齢によって、真皮の弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンが劣化したり減少することでたるみが生じる。それは事実ですが、少々“古い”情報です。近年、肌の内部を解析する技術が飛躍的に進化して、まるで3D模型を見るように、肌の構造を観察できるようになりました。結果、加齢した肌は構造がくずれて、真皮の上層が“ぺしゃんこのクッション”のようになっていることが解明されました。つまり、コラーゲンやエラスチンなどをただ増やそうとしても、たるみは防げないということ。構造そのものを 立て直すアプローチが必要なのです。新知見に基づいた最新の肌テクノロジーを搭載する、最先進の2品です。

202010gglandp32-4

1 平面化した顔を3Dに立て直す

たるみによって顔が大きく見えたり平面化する原因は、真皮上層の構造のくずれであることを解明。世界初の成分配合で、3Dのハリと弾力を生み出す。つけた瞬間、頬が上昇するようなつけ心地。

コスメデコルテ リフトディメンション セラム 50ml ¥12,000

リフトディメンション セラムの詳細はこちら

2 ふっくら弾むクッションを育成

加齢による肌のボリュームロスは、真皮上層のクッションのようなネットワークが失われることに着目。コクがあり、マッサージクリームのようになめらかに肌を滑る。

クレ・ド・ポー ボーテ クレームヴォリュミザント S [医薬部外品] 50g ¥36,500

クレームヴォリュミザント S[医薬部外品]の詳細はこちら

 

美的GRAND10月号掲載
撮影/戸田嘉昭 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事