お悩み別ケア
2019.11.14

コスメデコルテ、センサイ…この秋登場の先端技術を凝縮した総合エイジングケアクリーム

最先端の研究成果を盛り込み、素材にも美容成分にもパッケージにも贅を尽くした最高峰のエイジングケアラインが、この秋ふたつ登場。その効果を堪能するなら、まずは断然、クリームです。コスメデコルテ、カネボウ化粧品 センサイの極上クリームの魅力をご紹介します。

コスメデコルテ AQ ミリオリティ インテンシブクリーム n

bit-22_1

きらめく容器はまるでジュエリー。弾力であふれる肌へ。
アクリルのカッティングが美しい容器の中には、とろりとコクのあるクリームが。3種のデリバリーカプセルに美容成分を包み込んで高濃度に配合し、肌にじっくりと送り届けます。
45g ¥120,000

POINT

1p_cosmedecorte_benifuki
◆紅富貴エキスや紫茶エキス、ホワイトムクナエキス、白檀エキスなど、希少な成分を贅沢に配合。

◆基材には生体類似成分のリン脂質を使用し、ベースの水も精製水ではなく白樺水。潤いがあふれ出すよう。

◆なめらかなテクスチャーが時間と共に肌と一体化するので、夜のケアに使うのがおすすめ。翌朝弾力肌に。

 

Short Story

独立おめでとう。やりたいことを見つけてすごい!頑張ってーー。部署の送別会で口々に激励される同期のA子。その瞳はキラキラと輝いて全身がまぶしく映り、そして私は自分を振り返った。あんな風に輝きたいけれど、まだその“何か”が見つからない。私が夢中になれるものって?

週末、「コスメデコルテ」のカウンターに足を運んだ。「いつものクリームでよろしいですか?」「いえ、今日は、肌の運命が変わるような最高級のものが欲しいんです」「かしこまりました」

目の前に鎮座する、キラキラと発光するようなクリームの容器。手元で試しただけでも、手の甲がたちまちふっくらと満ち足りてくのがわかる。頬がきゅっと引き上がって艶めく自分の顔を想像する。「これを、いただきます」。まずは大好きなコスメで、自分の枠を超える思い切った体験をしてみよう。肌に磨きがかかるだけでなく、新たな挑戦への勇気もきっとわいてくるはずだから…。

カネボウ化粧水 センサイ UTM ザ クリーム s

bit-76

ヨーロッパで大人気のハイエンドスキンケアが日本に逆輸入
ヨーロッパの高級デパートで販売され、美意識が高い女性の支持を集めている「センサイ」が、この秋日本上陸。最高峰のクリームは肌に溶け込むようになじみ、厚みを出してくれる。
30g ¥58,500

 

POINT

mayu
◆カギとなる成分は、日本原種の小石丸の繭(写真左)。通常の繭(写真右)よりも小さく、絹糸も極細ながら、しなやかで上質。そのエキスを使用。

◆なめらかなテクスチャーとエレガントフローラルの香りで、心まで豊かに。

◆透明感あふれるガラスとゴールドの容器は、小石丸の繭をイメージした、世界的インテリアデザイナー、グエナエル・ニコラ氏のデザイン。

 

Short Story

「だってピアスは、なくならないじゃないですか」。ボーナスが入ったらピアスを買うか、高級クリームを買うか、という昼休憩の話題で、後輩のB子が熱弁している。やはり20代、まだ、わかってないよね。クリームは確かに使えばなくなってしまうけれど、その存在は消えないの。肌に入って、肌そのものとなり、将来の美肌を支えてくれる。外側を飾る装飾品とは一線を画して、素肌そのもの。だから私はむしろ、ボーナスの有無とは関係なく、普段から高級クリームを愛用している。

この秋私が選んだのは、日本初上陸した「センサイ」のクリーム。紫外線が強いヨーロッパでアンチエイジングスキンケアとして人気を博しているブランドの最高峰だけあり、夜にこれをなじませると疲れた肌が生き返るよう。装飾品のように目には見えなくても、肌のハリや透明感となって見た目に現れる。10年後の私はきっと、この投資を褒めてくれるはず。

 

『美的』12月号掲載
撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/柿原陽子 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事