お悩み別ケア
2017.5.17

パンパン顔…どうにかしたい!「生理中の顔のむくみ」解消法4つ

「うわ、顔パンパン……」と、生理中やその前後の時期、鏡を見てゲンナリすることがありませんか? 体のむくみは服で隠せても、顔のむくみは、目が腫れぼったくなったり、顔がひと回り大きくなったりとメイクだけではでごまかせないもの。

そんな“顔のむくみ”は、どうやってスッキリさせたらよいでしょうか。生理用品『ソフィ』のサイト内にある『生理のお悩み相談室』を参考に、その対処法をお伝えします。

 

生理中にむくむ理由は?

生理の前後や、生理中に顔がむくんだり火照ったりするのには理由があります。前述のサイトによると、

女性ホルモンの影響から水分を貯め込みやすくなったり、体温を調節する自律神経の働きが低下したり…といったことが主な原因と考えられています。

毎月顔がむくむと思うと、ますます気分が落ち込んでしまいます。むくみを軽減し、気持ちもリフレッシュさせる方法をご紹介しましょう。

 

1:フェイスマッサージ

顔のむくみには、老廃物や水分がきちんと排出されるよう、フェイスマッサージを行いましょう。

朝のスキンケア時に、とろみのある化粧水やフェイスクリームを使って、顔の中心から外に向かってリンパマッサージをしてみてください。

『美レンジャー』の過去記事「1日25秒から!小顔もデカ目も叶う“むくみ解消マッサージ”まとめ」に、くわしいやり方を説明しているので参考にしてみて。

 

2:気分もリフレッシュ!引き締め化粧水をシュッ

むくみが気になるときは、引き締め効果のある化粧水を携帯するのも手。ひんやりとした心地よさで気持ちもリフレッシュできるはずです。

また、休憩中にも脚やデコルテなどをリンパマッサージすると、全身の血行を促進してむくみを解消できるでしょう。リンパ節の場所は『美レンジャー』の過去記事「プヨ腹消滅スイッチはココ!押せば痩せる“リンパ節”プロが伝授」を参考にしてみてください。

 

3:トップスはVネック

むくみが気になる日は、首からデコルテをスッキリ見せて、顔全体が一回小さく見える効果があるVネックのトップスを着用してみて。

衿ぐりが詰まったトップスは、顔が大きく見えてしまうため避けましょう。

 

4:小顔に見える髪形に

小顔効果を狙うのなら、アップにして思い切って顔を出してみましょう。ただし顔の周りは後れ毛を出してゆるく仕上げることで、こなれた印象が出ます。詳しくは『美レンジャー』の過去記事「3つのコツで“小顔になるまとめ髪”!くるりんぱの簡単アレンジ」を参考にしてみてください。

 

生理はただでさえ面倒で憂鬱なのに、さらに顔や体がむくんだり火照っていたりしたら、ますます気持ちがブルーになってしまいます。ぜひ生理のむくみを軽減して、さわやかに乗り切っていきたいですね。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

※ お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

※ 「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

シャンプーしながら美髪&小顔!今夜スグ始めたい「頭皮ケア」マッサージ

うっかり焼けも余裕!今年の夏は「飲む日焼けで止め」をプラスして白肌キープ!

まばたきでロックオン!目元で呼び込む「女の色香アイカラー」テク3

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】

 

【参考】

生理のお悩み相談室 – ユニ・チャーム

初出:美レンジャー  ライター:佐藤まきこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事