お悩み別ケア
2017.9.3

乾燥、シワ、たるみ…初期老化にイチオシの栄養満点クリーム

エイジングケアクリーム

エイジング症状が少しずつ出始める美的世代に1品投入してほしいクリーム。夏から秋にかけての気温や湿度の変化で揺らぐ肌を守り、ピンとしたハリや輝きをもたらしてくれます。

1.肌表面を穏やかに整え、慢性炎症を集中ケア
17721週1〜3回、クリームの代わりに使用。夜塗って、専用ブラシでマッサージすると、翌朝の肌が見違えるように。
イヴ・サンローラン・ボーテ オールージュ マスク オン クレーム 50g ¥28,000

 

2.濃密なクリームが溶け込み、ピンとしたハリを実感
17722こっくりしたテクスチャー。肌の奥深くまで潤いを届け、ふっくらとした弾力肌に。
カネボウインターナショナルDiv. カネボウ スキンタイトニング クリーム 40ml ¥20,000(9月8日発売)

 

3.美白とエイジングケア、ダブルに効かせる
17723まるで美容マスクをしているような肌実感。与えた潤いを逃さないよう守りつつ、美白有効成分をじっくり奥底にまで届ける。
オルビス ユー ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー 30g ¥3,500(9月22日発売)

 

小ジワや法令線は引っ張りながらのばすように

17724
17725シワに対して垂直につけるのが基本。その際、肌を軽く引っ張るように押さえておくとキレイに塗ることができる。最後はハンドプレスをしてしっかり有効成分を肌内部へ浸透させて。

デコルテまでリンパマッサージしながらつけると顔色が見違える!

17726
17727
17728特に顔色を明るくしたい朝にぜひ実践を。顔の内から外、下から上へたるみを持ち上げるようにつけたら、そのまま耳裏のくぼみをグリグリと押し、鎖骨へとなでるように下げていく。鎖骨のくぼみもグリグリ押し、老廃物を流して。

 

『美的』9月号掲載
撮影/金野圭介(静物)、長谷川 梓(人物) モデル/渡邊光沙子(美的クラブ) デザイン/ohmae-d 構成/加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事