お悩み別ケア
2016.5.27

その洗顔方法間違ってます! プロが教える美肌へ導く洗顔プロセス

無意識のうちに泡で顔をゴシゴシ…そんな洗顔をしていませんか? 洗顔の主役は泡。手が直接肌に触れないくらいの濃密泡が理想。力は入れずに泡を「転がす」イメージが大事。洗顔の第2の目的は、次に使う化粧水の浸透を高めることなので、泡の吸着力で、落とすべき汚れはすべて落ちます。くれぐれも指の力で汚れをかき出そうとしないで!

 

テコ入れPOINT
「こすりすぎ」と「落としすぎ」は、洗顔においていちばん避けたいこと。とはいえ、冷水だけで洗う極端な洗顔法もおすすめできません。

 

NG!
1.頰を中心に洗っている

201605gsokoageskincare2-3

頰は顔の中でも乾燥しやすい部分。それよりも皮脂分泌が多くて汚れがたまりやすいTゾーンをしっかり洗うのが正解。

 

NG!
2.シャワーの水流を直接肌に当てている

201605gsokoageskincare2-4

裸で浴びるシャワーは湯温が高くなりがち。しかも水流による圧と手のひらでこする摩擦がWで加わり、乾燥の原因に。

 

NG!
3.冷水で引き締めすすぎ

201605gsokoageskincare2-5

冷水のみですすぐと、皮脂汚れが落ちにくい上、毛穴が締まってしまい、次のスキンケアが浸透しにくくなります。

1 2 3 4 5

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事