美的GRAND
お悩み別ケア
2022.5.31

石井美保さんの透明美肌は生まれつきではなかった!美白成功者のブライトニングHistory|美的GRAND

\"\"

その美肌は生まれつき? いえいえ、実は30代までくすみに悩まされていたんです! 美容界きっての努力家である石井美保さんが、揺るぎない透明感を手に入れるまでのStory。

美白成功者・石井美保さんが本気でやってきたブライトニングケア

2022sump66-2

誰もが憧れる透明感は生まれつきではなかった!

美容家の石井美保さん。女性誌やWebでの活躍を経て自身のSNSでも積極的に発信し、今やTVやラジオなど美容メディアの枠を超えた場所にも活躍を広げています。誰もが認める美貌、説得力のある美容知識、媚びない生き方…女性たちが石井さんに憧れる要素はたくさんありますが、いちばんはやっぱり肌。顔はもちろん全身指先まで、明るさに満ちあふれています。

撮影では今号のテーマである“白”をまとっていただきましたが、肌の透明感が際立って、まるで発光するような美しさ。どれだけ憧れてもこの透明感に近づくのはきっと無理…と思いきや、

「そんなことはありませんよ。私は元々色白とは真逆のオークル肌。むしろ肌がコンプレックスでしたが、紆余曲折あって30代半ばでようやく、皆さんに褒めていただけるような肌の入り口に立つことができました。肌ってお手入れや生活習慣で変えられるものだと思います」と、グラン世代にとって頼もしいお言葉! さっそく石井さんの肌の変遷を伺うと…。

こすらないクレンジングをきっかけに透明感が目覚める

「本来は地黒だとお話ししましたが、さらに20歳の直前になって遅発性のあざが目元と額に広く発生しました。これはレーザー治療をコツコツ続けています。29歳のときにまつ毛エクステサロンを開業しました。当時は流行もあって今より何倍も濃くメイクしていましたね。それを拭き取りクレンジングでこすり落としていました。加えて、多忙で食事をとる暇がなく、甘いもので手っとり早く血糖値を上げるという最悪の食生活に。終業後、深夜のカフェで大きなケーキを食べるという暴挙を繰り返していました」

そんな中、2010年にまつエクに負担をかけないクレンジングフォームを発売したことから、美肌の扉が開きます。「泡で優しく洗うことで摩擦の負担が減り、くすみや乾燥が改善したんです。その後、甘いものを控え食生活を見直すことで黄ぐすみも克服。サプリメントも取り入れ、ようやく今、理想の肌に近づきつつあります」

くすみを克服し、透明美肌へ!石井美保さんのブライトニングHistory

1976年
石井家の長女として誕生

1980年代
地黒の子供として過ごす。
母と妹は生まれつきの白肌で、石井さんは父似。

1990年〜
肌のくすみが気になり、中学生で美白コスメを使い始める。

1995年
19歳で目の下からこめかみ、額にあざの一種である「遅発性両側性太田母斑」が現れる。
定期的なレーザー治療で目立たなくなる。

2001年
出産。産後、太田母斑が再発し、再び治療。
以降、定期的にうっすら再発→治療を繰り返している。

2005年
トータルビューティサロン『リッシュ』を立ち上げる。
多忙で食生活が乱れがちに。

2010年
まつ毛エクステに負担をかけないクレンジングフォームを発売。これをきっかけに
“こすらないケア”に目覚め、肌の乾燥やくすみが見る見る改善。

2016年
40歳を目前にして、肌の黄ぐすみが気になり始める。糖質のとりすぎに気づき、食事を見直して黄ぐすみを克服。

2020年
紫外線対策のサプリメントを開発。

2021年
リポソーム型ビタミンCを配合、かつ糖化にも着目したサプリメントを開発。
素肌に自信がもてるように!

石井さんが手掛けたコスメ&サプリメントはこちら!

2022sump66-1
「欲しいものが世の中になかったら、自分で作る」が石井さんのモットー。

右/「紫外線ダメージを防ぐ成分を詰め込みました。1日2粒が目安です」
エール ルミエラブ 60粒 ¥11,880

中/「メイクも肌の汚れも一度に落とせるフォーム」
同 パーフェクショネール クレンジングフォーム 150ml ¥4,708

左/「年齢を重ねた肌の透明感を守る、リポソーム型にしたビタミンCとハーブを配合したサプリ」
同 ルミエージュ 47包 ¥10,800

石井美保さんの美白ケア「7つのルール」を大公開!

石井さんが試行錯誤の末に確立した、くすみを寄せつけない肌のためにしているスキンケア&インナーケアのメソッド。説得力のある理由や、愛用コスメと一緒にご紹介します。

\私のルーティンケア教えます!/
2022supp68-1

「石井美保さんの美白ケア『7つのルール』」はこちら!

 

『美的GRAND』2022 春号掲載
撮影/岡本 俊(まきうらオフィス・人物)、吉田健一(静物) ヘア/輝・ナディア(Three PEACE) スタイリスト/青木宏予 構成/大塚真里

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事