スキンケアニュース
2020.6.24

“化粧水10回つけ”や“スプーンパッティング”…美容賢者が実践する肌に“喝”を入れるSっ気美容術

美容賢者の方々に初夏の季節に取り入れたい美容術を教えてくれました。

美容賢者のSっ気美容術

美容家 小林ひろ美さんの攻めの美容術

202007gp72-11
ひろ美さんの大発明 スプーンパッティング
202007gp78-3
金属製のスプーンを氷水につけて冷やしたもので、肌をタッピング。毛細血管が活性化されてハリや透明感UP。緩んだ毛穴も引き締まります。その後スプーンをお湯につけて温めて使えば、冷→温ケアでさらに肌が活性!

朝起きたらすぐ全身に磨きをかける
_202007gp78-8
起床後すぐに全身をブラッシング。寝ている間に排出された毛穴の老廃物を浮き上がらせます。使うのは、革磨きに使うようなシンプルな豚毛ブラシ。その後シャワーを浴びてボディケア。ひろ美さんの全身マシュマロ肌の秘密は、ここにアリ!

角質オフ。効果の高さで選ぶなら断然スクラブ
202007gp78-1
酵素洗顔、クレイパック、拭き取り化粧水…と角質ケアコスメにはいろいろな種類があるけれど、ザラつき・ゴワつきを一掃したいならスクラブに軍配。肌を摩擦しないよう、手のひらを押し当てるように使うのがコツ。

 

美容家 石井美保さんの攻めの美容術

202007gp78-8
肌が満タンになるまで化粧水を重ねづけ
202007gp78-4
近著『1週間であなたの肌は変わります』(講談社)でも化粧水を念入りにつけることを解説している石井さん。もうこれ以上入らないという限界まで、何度も重ねづけして、手のひらでプレスしながらじっくりなじませます。

 

美容エディター 杉浦由佳子さんの攻めの美容術

202007gp72-19
攻める前に、すみずみまで拭き取り
202007gp78-6
「ヴィアローム」のオイルや、唇をプランプアップさせる「ラシャスリップス」など攻め系アイテムを愛用。事前にクリニークのクラリファイングローションで、唇まで念入りに拭き取って高浸透を狙います。

202007gp72-26
ラシャスリップス ¥7,500 / PRSS

202007gp72-21
クリニーク クラリファイングローション 200ml ¥3,500

 

美容エディター 大塚真里さんの攻めの美容術

202007gp78-9
超上級者向け! 針ローラーで肌に浸透穴
202007gp78-5
極細の針がついたローラーを転がすことで肌にミクロの穴をあけ、次に使うアイテムの浸透を高めるエンビロンの「コスメティックロールキット」。その後、超絶パワフルなビタミンA美容液や、美白美容液を。
202007gp72-3
エンビロン コスメティックロールキット ¥17,000

202007gp72-1
エンビロン ビタミンA美容液(A-ブースト) 130ml ¥6,000

美容家 水井真理子さんの攻めの美容術

202007gp78-10
朝と夜、2回に分けて41℃の毒出し風呂
202007gp78-7
41℃の熱いお湯に20分間つかり、水分補給しながら発汗。さらに湯上がりに布団にくるまって汗をかきながら寝ると、どんより感が排出されてスッキリ。朝と夜、もしくは2日に分けて、2回繰り返して行うと効果てきめん。ちなみに水井さんの愛用入浴剤は、エプソムソルトや岩塩などの発汗系。
「のぼせそうなときは、お風呂から出て休みながら行いましょう」とのこと。

 

『美的』2020年7月号掲載
撮影/出牛久美子 イラスト/松元まり子 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事