メイクアップニュース
2018.9.25

人気H&M・中山友恵メイク|抜け感を重視したワントーンメイクで美人度UP!

「真似したい!」と思わせる「中山友恵メイク」を、実際に読者がしてみたら…。プロのモデルではなくても、洒落感と抜け感はここまで出せるんです! 今回は、美的クラブの郷間良子さんが大変身しました。真似できるテクニックが満載だから、ぜひ参考にしてみて。

美人は盛らない勇気!

p162-2
“それぞれのパーツは派手だけれど印象は薄い…”
郷間良子さん・35歳 主婦

 

p162-3
派手に見られるので、メイクは苦手でした。でも自分では絶対選ばない色で、こんなに変わるなんて。使用アイテム、全部買います!

 

“スキのない美人顔は地味めワントーンで抜け感を重視して、今っぽい軽やか顔に”

p162-5
派手は、イコール華やかさでもあり長所ですが、ただ派手なのと、人を引きつける印象的な顔は別。黒を使わない、地味色のワントーンメイクで、今っぽく“素がキレイ”な人を目指しました。これなら思わずハッとする印象美人に。

Point
・マスカラもアイラインも黒を使わない!
・チークは主張させず気配くらいが◎
・仕上げに輪郭をぼかしてよりナチュラルに

使用アイテム

p162-8
A)抜け感を演出しやすいクリーム質感。
コーセー ヴィセ アヴァン シングルアイカラ ー クリーミィ 105 ¥800(編集部調べ)

p162-7
B)自然な陰影を作るブラウン。
コーセー ヴィセ アヴァン シングルアイカラ ー クリーミィ 109 ¥800(編集部調べ)

p162-6
C)ほのかに色づくシアーな発色。
イヴ・サンローラン・ボーテ ブラッシュ クチュール 4 ¥6,000

p162-1
D)温かみのあるブラウンべージュ。
ポール&ジョー リップスティック 110 ¥3,000(限定)

メイク方法

p162-4
ポイントは、全体をベージュ〜ブラウンのワントーンでまとめること。目元は定番の黒を使わないことも大事。Aをアイホールに、Bを目のキワと下まぶたの目尻1/3に。どちらも指でラフに入れると抜け感が生まれてちょうどいい。チークはCを頬骨下にさらっと入れて影を演出。リップはDを全体に。

 

p166-4
抜群のセンスと技術でその人の長所を瞬時に見抜き、引き出す天才!
ヘア&メイク アップアーティスト 中山友恵
Three PEACE所属。繊細なテクニックと、トレンドを絶妙なバランスで取り入れるセンスを高いレべルで併せもつ稀有なアーティスト。 常に全力で女性をキレイにしたいという愛にあふれる人柄で、スタッフからの信頼も厚い。

 

『美的』10月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.・人物)、相沢千冬(biswa・静物) ヘア&メイク/中山友恵(ThreePEACE) スタイリスト/小川未久 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事