シーン別メイク
2019.12.2

SUQQU、セルヴォーク、オサジ…たった3アイテムで抜け感のあるおしゃれなトレンドメイクの完成!|人気H&M 中山友恵さん的2019ベストコスメ

大人気メイクアップアーティスト 中山友恵さんの心をとらえていたアイテム&メイクは? 中山さん的2019myベストコスメ&メイクを教えてもらいました。

中山友恵的 2019年myベストコスメメイクは…
肌になじむのに圧倒的にしゃれ見えする黄み系ワントーンメイク

202001g44191010-0153
「どこかのパーツだけが際立つ一点豪華主義のメイクより、パーツごとに色をのせて全体でバランスをとるメイクが自分的にブームだった今年。ベージュのワントーンだとノーブルすぎてつまらないけれど、去年からイエローがメイクでもトレンドカラーになっていたこと、ファッションでもベージュやブラウンが流行したことから、黄み系カラーで作るワントーンメイクがピタリとハマりました。各パーツにちりばめた黄み系カラーが、肌になじむのに、いい意味で明るく浮き上がる違和感を出しておしゃれな雰囲気に。キレイな陰影もつくのにブラウンよりくすまないし、ツヤ肌ともとても相性が良く、ヌケ感のあるメイクに仕上がります」(中山さん)

中山友恵的 2019年myベストコスメ

【eye部門】セルヴォーク ヴォランタリー ペイシス アイパレット 06

\まぶたのツヤが透ける軽いマット感も◎/
202001g44-1img_0009
「くすんだ黄色とオレンジに、×グレーが新鮮!」
「黄色とオレンジのアイシャドウに、ブラウンではなくあえてグレーを組み合わせた所に新時代を感じたパレット。単色だと肌に溶けてぼやけがちな黄み系カラーをグレーで引き締めるとしゃれて見えます」(中山さん)
¥6,200

 

【cheek部門】日東電化工業 オサジ ニュアンスブラッシュ d01

\こめかみにも薄くつけるのがマイブーム!/
202001g44-2img_0009
「顔を引き締めながら、体温を上げる名脇役」
「今年は、チークだけ目立つのもノーチークもだめ。肌なじみのいい色を顔に広めに塗るのが好きでした。オサジのこの色は、シェーディング的な立体感と温もり感を両立し、程よいパールが美肌に見せる効果も」(中山さん)
¥2,800

 

【lip部門】SUQQU モイスチャー リッチ リップスティック 12

\塗った瞬間、“キレイな唇!”ってなる魔法色/
202001g44-3img_0009
「今年を象徴する、通称“SUQQUのあの色”」
「スタッフ内でも〝あの色〟で通じるくらい注目度の高かったキャラメルベージュ。黄みが強いのに絶妙な赤みもあり、おしゃれ色ながら顔色をトーンアップ。透ける色膜のように発色して唇に透明感が出るんです」(中山さん)
¥5,000

メイク方法

202001g44-1191010-0153
(1)セルヴォークのアイシャドウの右下をアイホールに淡くのせる。グレーをベースにすることで次にのせるイエローに深みを与える。
(2)セルヴォークのアイシャドウの左下をアイホールに重ねる。
(3)セルヴォークのアイシャドウの右上を上まぶたの際にライン状にのせる。
(4)下まぶたにもセルヴォークのアイシャドウの右上を淡くのせる。
202001g44-2191010-0153
(5)オサジのチークを太めのブラシにとり、こめかみからフェースラインに沿って“3の字”になるようにふわっとのせる。
202001g44-3191010-0153
(6)リップをじか塗りで全体に塗る。シアーなので何回か塗り重ねて。ややオーバーリップ気味にしてもOK。

 

教えてくれたのは…
nakayamamotoe
ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん
「一目ぼれでスタメン入りした全アイテムが黄み系でした」

 

『美的』2020年1月号掲載
撮影/菊地泰久(vale./人物)、金野圭介(静物) モデル/森 絵梨佳 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事