シーン別メイク
2023.10.26

ディオールのピンクチークを使った多幸感あふれるNeoコンサバメイク|人気H&Mが提案

「キレイの軸」は譲れないけれど、トレンドは取り入れたい!ヘア&メイクアップアーティストの岡田知子さんが、コンサバとトレンドを合わせたNeoコンサバメイクを提案してくれました♪

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田知子さん

岡田知子さんのNeoコンサバメイクは…愛らしさと、優しさと。時代が求める心地いいムードをメイク

幸せピンクを頬にふわり。愛し、愛される心地いい包容感を

タートルニット[ベージュ]¥13,970(アンクレイヴ〈アンクレイヴ ホワイト〉) タートルニット[ブルー]¥7,990(オンワード樫山〈アンフィーロ〉) イヤーカフ[右耳]¥2,420(サージュブティック〈Boo bijou〉) イヤーカフ[左耳]¥19,250(ドゥエドンネ) リング[右手人さし指]¥2,310(SESARI) リング[右手中指]¥56,100、リング[左手中指]¥108,900、リング[左手小指]¥29,700(e.m. 青山店〈e.m.〉) リング[左手人さし指]¥30,800(ホワイトオフィス〈ジイジイ〉)

「“脱コンサバ”的な提案ではカッコよさやモード感を加味することがあるけれど、むしろ逆に、かわいらしく優しげに。“愛らしさ”を足すことが、今の時代にマッチするNeoにつながると思って。いわゆる“愛されメイク”ですが、昔のモテメイクの解釈とは違い、自愛や自己肯定感といった心地いいニュアンスが強め。自分自身を好きで、多幸感にあふれているイメージが、私が思うNeoコンサバです。なので今回は、幸せ感を象徴するピンクのチークを主役にしてみました!」

 

使用アイテム

\岡田さんのNeoなアイテム/

一ハケで多幸感あふれる! ピンクチーク
A.肌のpHと水分量に反応して自然な輝きを高め、その人だけのカラーで紅潮。重ねる程に透明感を増すように発色し、ピュアな血色感となめらかな美肌を演出。
ディオール ロージー グロウ 001 ¥5,940

ロージー グロウの詳細・購入はこちら


B.ベーシックなベージュトーンながら、質感の調和で存在感ある目元に。
スナイデル ビューティ テイラード カラー アイズ 01 ¥4,950

テイラード カラー アイズの詳細はこちら


C.まつげの影になりすますように発色する漆黒ライナー。
カネボウインターナショナルDiv. KANEBO シャドウジェルライナー SG1 ¥3,520

シャドウジェルライナーの詳細はこちら


D.眉に知性を宿すノーブルなベージュ。1.5mmの極細芯を採用。
常盤薬品工業 エクセル カラーエディットスリムブロウ ES03 ¥1,210

カラーエディット スリムブロウの詳細はこちら


E.微細なラメが艶めく粘膜ピンク。重ねる度にツヤと深みが増し、ぷっくりと♡
かならぼ b idol つやぷるリップ 101 ¥1,540(限定品)

つやぷるリップR[2023年 秋冬新色]の詳細はこちら

 

メイク方法


EYE
超ベーシックなベージュアイに。Bの右上のニュートラルなベージュをアイホール全体と下まぶたに広げ、目元を囲む。左上のゴールドベージュを上まぶたの中央に縦に細く重ねて、艶やかな立体感をプラス。Cで上まつげの隙間を埋めるように細くラインを引き、目尻のラインは少しだけ真横に延長する。マスカラは黒。

EYEBROW
眉もベージュトーンで統一。Dで毛1本1本を足すイメージで自然な毛並みを描く。

CHEEK
Aを頬骨の角の上にふんわりとオン。ハイチークでアイゾーンに色をまとめることで、かわいらしい表情を引き出して。

LIP
Eをじか塗りで丁寧に重ねていく。色とツヤを盛って、ふっくら艶めくかわいいリップに仕立てる。

 

『美的』2023年12月号掲載
撮影/蔦原佑矢(UM・人物)、広瀬美佳(静物) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) モデル/上西星来 構成/松村有希子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事