シーン別メイク
2014.6.11

これならできる! オフィスでメークお直し技(1/4)

夏のオフィス…メークのくずれも気になるけど、上司や先輩の目も気になります。大きなポーチを持って離席、化粧室で丁寧にメーク直し…なんてありえない!

201407oficce_tobira

 

そこで美的クラブにお化粧直しについてアンケートを実施。オフィスでのメーク直しについての不満や疑問、実はこんなにありました!

 

「メークを1度全部オフして最初からやり直す時間はありません!」(事務職・28歳)

「ただお直しするだけじゃなくて、印象も華やかにチェンジしたい!」(営業職・31歳)

「どのパーツに手をかければキレイが復活する?」(営業職・32歳)

「朝のメークしたての顔にならないのはどうして?」(事務職・30歳)

「〝頑張って直しました感”を出さないためにはどうすればいいの?」(事務職・35歳)

「メークアイテムをいろいろもち歩くのは面倒…。少ないアイテムでキレイに直したい!」(事務職・30歳)

 

今回アドバイスしてくれたのは…

201407office_inuki2
ヘア&メークアップアーティスト
中山友恵さん

Three Peace所属。ご自身も美的世代ということもあって、今どき女子のリアルなメーク事情を誰よりも熟知。

 

「お直しで最も重要なのは、すべてのパーツを〝完璧に〟直そうとしないこと。気合を人に感じさせないのが今どき女子の鉄則です。絶対に手をかけるべきは『肌』!ファンデーションがくずれていると実際の肌よりも汚く見え、人から引かれてしまいます。でも、例えば暗めのバーなら肌の粗が隠せるから目元や口元にキラキラ感を足すだけ、というように、TPOに応じて直すパーツや使うアイテムを替えることも賢い選択です!」

 

次回からは誰でも簡単にできるパーツ別&時間別リタッチ技をご紹介!

 

撮影/玉置順子(t.cube/人物)、小寺浩之(静物) ヘア&メーク/中山友恵(Three Peace) スタイリスト/坂下志穂 モデル/ティアラ デザイン/最上真千子 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事