メイクHOW TO
2020.6.25

エスト(est)のファンデーションでシルキーな艶肌に!おすすめと塗り方のコツ

都会の過酷な環境で生活する女性の肌を守るべく研究を重ねて得た知見や、先進の皮ふ科学を背景に、最先端の美容アイテムを生み出す「エスト(est)」。シルキーな肌を実現する「パウダーファンデーション シルキースムース」をはじめとした実力派ファンデに注目が集まっています。エスト(est)のおすすめファンデーションと使い方について調べてみました。

【目次】
おすすめのファンデーション
仕上げに差が出る下地
フィニッシュもきれいに!おしろい
ファンデの塗り方のコツは?

おすすめのファンデーション

パウダーファンデーション シルキースムース

パウダーファンデーション シルキースムース

【このアイテムのおすすめポイント】
・2020年上半期ベストコスメパウダリーファンデーション ランキング3位。
・ぼかし効果のある粉体とカバー力の高い微粒子のタッグが、キメ細かで欠点のない仕上がりを可能に。
・しっとりとろける質感でシルキーな肌触りを実現。
・SPF22・PA+++。
全6色 ¥7,000(ケース・スポンジ込み)

【美容賢者の声】
毛穴や色ムラなど、気になる肌の欠点をスムースにカバー。“元々美肌”な印象に見せてくれる頼もしさにほれぼれ」(門司 紀子さん)

パウダーファンデーション シルキースムース

ザ グローイング クリームメークアップ

ザ グローイング クリームメークアップ

【このアイテムのおすすめポイント】
・スキンケアクリームのような使い心地のファンデーションは、表面をみずみずしく均一に整えて、イキイキとしたツヤを放つ肌へ。
・SPF18・PA++。
全6色 30g ¥13,000(専用スポンジつき)

ザ グローイング クリームメークアップ

クリームファンデーション エッセンスモイスト

クリームファンデーションエッセンスモイスト

【このアイテムのおすすめポイント】
・濃密な感触のクリームがしっかりカバー。
・かさつく肌もしっとり包み込んでなめらかに。
・うるおい感が心地よく続く。
・SPF25・PA++。
全6色 30g ¥5,500

決め手はファンデーション! ベースメークで、こんなに印象が変わる!【クリームファンデーション編】

仕上げに差が出る下地

モイストラスティング プライマー

モイストラスティング プライマー

【このアイテムのおすすめポイント】
・肌に潤いを与えて、しっとりとなめらかなツヤ肌に仕上げる化粧下地。
・SPF23・PA++。
25g ¥4,200

モイストラスティング プライマー

フィニッシュもきれいに!おしろい

ブライトニング プレストパウダー

ブライトニング プレストパウダー

【このアイテムのおすすめポイント】
・毛穴の凹凸を整えて肌色もトーンアップ。
・持ち運びもできるコンパクトタイプ。
全2色 ルーセント 8.5g/パール 9g ¥5,500(ケース込み)

ブライトニング プレストパウダー

ファンデの塗り方のコツは?

夏でもくずれにくいファンデの塗り方

教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

夏でもくずれにくいファンデの塗り方女性誌やWebでその名を見ない日はない程活躍中。全国でパーソナルメイクレッスンも行う。『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)など著書多数。

\コツは薄くつけてパテのように土台を固めること/

夏でもくずれにくいファンデの塗り方

「夏は汗や皮脂の量が増えるし、肌は表情に合わせて動くので、塗り方を工夫しないとすぐくずれます。下地やファンデは、たとえ同じアイテムを使っても、どんどん重ねるより1品ずつスポンジなどで薄くぴったり“固める”ように塗る方が、断然くずれにくくなるんです」(長井さん・以下「」内同)なんとなく適当に塗っていた人は、道具を的確に取り入れるだけでくずれを防ぐ第一歩に。

「ただし注意したいのは、顔のゾーンによって肌環境が異なること。Tゾーンとあごは皮脂や汗が出やすく、頬は少なめ。目元は乾燥しやすいもののポイントメイクの油分やよれが気になります。ゾーンによって塗り方を変えて“固めレベル”を分けると、時間がたってもくずれずよれ知らずの美肌をキープ!」

\顔のゾーン別に“固めレベル”を分けるのがポイント/

夏でもくずれにくいファンデの塗り方

(1)「固める」ゾーン
オイリーゾーン
「毛穴が大きく、皮脂や汗が出やすいゾーンは、下地やファンデーションをしっかり塗り固めて土台作りを。仕上げに使うパウダーもぴっちり密着させれば、多少の皮脂や汗には負けません!」

(2)「やや固める」ゾーン
ムービングゾーン
「皮脂や汗は出にくいものの、アイメイクの油分によるくずれが気になるゾーン。しっかり固めておきたいのですが、固めすぎるとシワが目立ってしまうので、やや、程々に固めるという感覚に」

(3)「ふんわり固める」ゾーン
「頬やフェースラインは皮脂分泌が少ないので、くずれ対策は控えめで問題なし。固める程どうしてもマットになりやすいので、ツヤを残したい頬は、ふんわり固める程度の塗り加減でOKです」

夏のくずれないベースメイク|人気H&M直伝の“固める”ベースメイクとは?

*価格は税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事