メイクHOW TO
2020.2.5

「ヒロインメイク」の赤みブラウンマスカラを下まつげにON|上品×インパクトアイをゲット

「マスカラを下まつげに塗るとギャルっぽくなるから塗ったことないです」と語るのは美的クラブの八木澤梨緒さん(営業・29歳)。そんなお悩みを解決するのがブラウンマスカラ。ベスコス受賞のヒロインメイクのロング&カールマスカラを使って、上品だけどインパクトのあるブラウン下まつげの作り方をヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんに教えてもらいました!

Q.マスカラを下まつげに塗るとギャルっぽくなるから塗ったことないです

A.ブラウンマスカラなら程よく上品な、インパクトまつげに(広瀬さん)

 

使用アイテム

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%8c%e3%82%ad031
速乾力&カールUP力抜群。02は赤みをプラスしたブラウン。色っぽさと抜け感が演出できる。
KISSME(伊勢半) ヒロインメイク ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム 02 ¥1,200

>>商品詳細はこちら

 

メイク方法

19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0689
(1)塗る前にマスカラ液をティッシュオフ
一度ティッシュでマスカラ液を取ってからまつげにのせます。この一手間でボテッとつかずに繊細に仕上がります。

 

19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0686
(2)ブラシを立てて、先端を使って塗る
ブラシの先端を使い、外側に寝ているまつげを起こすように塗ります。すると1本1本が立ち上がり、繊細に色づきます。

 

BEFORE
19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0362

 

AFTER
19-11-2-%e7%be%8e%e7%9a%84-0623
赤みブラウンまつげで上品&魅力的な目元に
ギャルぽっくなるのを恐れていた八木澤さんも、繊細な下まつげに大満足。「ブラウンが新鮮!さりげなくも目力が出てうれしいです」

 

教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん
誰でも簡単にキレイになれる技を教えてくれると定評あり。大物女優から美容家まで多くのファンをもつ。今回はアイメイク部門担当。

 

『美的』2020年2月号掲載
撮影/横山翔平・ 塩谷哲平(t.cube/人物)、広瀬美佳(静物) ヘア&メイク/広瀬あつこ 構成/飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事