メイクHOW TO
2019.12.18

NARSのブルーのアイラインは大人が取り入れるべき派手色! 詳しいメイク方法をチェック

目元に派手色を使ったら、リップは肌なじみのいいカラーを選ぶのが大人が楽しむ「ギャップメイク」。今回は、NARSのブルーのアイライナー×シュウ ウエムラのベージュリップを使ったメイク方法をご紹介します。

ぼかさないブルーアイライン×血色ベージュリップで一歩先行く大人のしゃれ顔に!

86-7
目元に派手色を取り入れるときは、ぼかさずタイトに効かせるのがおしゃれ見えのコツ。アイライナーで上下のキワに引けば、くどくないのに後を引く、奥深い魅力が宿ります。また、まぶたに比べて、時間がたっても色が濁りにくく鮮やかさが長もちするのもメリット。ミステリアスでありながらも1本筋の通った強さを表すブルーは、大人が取り入れる派手色にぴったりパンチ力は抜群だから、顔の中がカラフルにならないよう、ほかのパーツは削ぎ落として。ベージュトーンの落ち着いたリップを合わせると、バランス良く仕上がります。

派手EYEの使用アイテムとメイクのポイント

86-29
なめらかなフォーミュラで、描き心地はまるでジェル!
NARS ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8198 ¥3,000

86-9
アイシャドウはパール&カラーレスでラインを主役に
まぶたに影をつける程度に、マットなベージュシャドウを内側広めに塗り陰影をつける。ラインは下まぶたの粘膜&上まぶたのインラインに。目尻をオーバーさせてしまうと派手見えするのでタブー。

 

なじみLIPの使用アイテムとメイクのポイント

86-28
赤み強めのクリーミーな血色ベージュ。
シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド アンプリファイド マット AM BG 972 ¥3,300

86-11
目元が寒色系のときには、口元で血色感をフォロー
色味が多くなる程メイクにバラつきが出てしまうので、配色には注意が必要。とはいえ、不健康に見せないための血色感は必須。アイメイクを邪魔しない赤みベージュリップを、唇全体にじか塗りして。

 

『美的』2020年1月号掲載
撮影/アシザワシュウ(S-14・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/北原 果 スタイリスト/小川未久 モデル/佐藤優津季 構成/野澤早織

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事