メイクHOW TO
2019.12.19

RMKのなじみアイカラー×エレガンスの派手色リップで大人も楽しめるギャップメイクの完成!

RMKのなじみ系アイカラーと、エレガンスの派手色リップのギャップメイクのポイントを解説! ぜひ参考にしてみてください。

ヌーディベージュシャドウ×明るい肌映えピンクリップで派手じゃないのに印象的な顔へ

86-13
派手色リップに、無防備なヌーディアイ。そんなギャップも、メイクに新鮮な風を吹き込む一手に。リップに印象を委ねるからには、思いきった鮮やか色を選ぶのが吉。華やかなローズピンクなら、肌トーンさえも明るく引き上げ表情を晴れやかに。アイメイクはベージュシャドウをさらりと塗るにとどめて、あえて素の表情を透けさせて。目力を足したい場合は、アイラインではなくマスカラを多めに盛ると、メイク感が強くなりすぎず派手色×なじみ色メイクのバランスが保たれます。

なじみEYEの使用アイテムとメイクのポイント

86-34
ベージュのテクスチャーに潜むレッドパールが、ヘルシーな印象を底上げ。
RMK ストーンホイップアイズ 03 ¥3,500

8619
これでいいの?というくらい、シンプルに仕上げて
盛らない勇気が新たな魅力を引き出す1歩。リキッドアイシャドウを手の甲にとってから、指でアイホール&下まぶた全 体になじませて。物足りないときは、上下まつげにマスカラを塗って。

 

派手LIPの使用アイテムとメイクのポイント

86-33
コクのあるべースがとろけるようにのびてリッチに 発色。まるでリップバームのような潤い感。
エレガンス ルージュ シュペルブ 09 ¥3,800

86-17
やや丸みを意識しながらじか塗りして華やかな口元に
リップをとことん主役級に仕立てるため、塗り方にも一工夫を。上下ともややオーバーめに塗りながら、まあるいフォルム を作って幸福感のある唇に。山はつぶさないようにして、上品さをキープして。

 

『美的』2020年1月号掲載
撮影/アシザワシュウ(S-14・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/北原 果 スタイリスト/小川未久 モデル/高瀬真奈 構成/野澤早織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事