メイクHOW TO
2019.8.12

まつげの多さ別・二重タイプのまつげのメイク方法|かっこいい色気まつげはこう作る!

かっこいい色気まつげの作り方応用編! 基本を少しアレンジして誰でもかっこいい色気まつげに。基本のテクニックに加えて、タイプ別のアレンジ術もマスターして「かっこいい色気まつげ」の完成度をアップ!今回は人気ヘア&メイクアップアーティストのpaku☆chanさんに二重タイプのアレンジ方法を教えてもらいました!

基本のかっこいい色気まつげの作り方はこちらをチェック>>

二重×まつげ多タイプ

BEFORE
65-1-1

AFTER
65-1-2
コームでとかし下げ、あえて目力をマイナス
二重でまつげが多い人は、逆に目力をマイナスするのが◎。上まつげのコームのプロセスを基本と変えれば、即今っぽアイに!

65-1-3
【POINT】
目の粗いコームを使って上からとかし下げる
マスカラ後のコームを、上からとかし下げるだけにすると、まつげが主張しすぎず◎。濃い毛に引っかからないように粗めコームで。

65-i-1
濃く密集しているまつげには、ピッチ粗めのコームが◎。
シャンティ チャスティ マスカラコームメタルN ペールP ¥700

二重×まつげ少タイプ

BEFORE
65-2-1

AFTER
65-2-3
下地をプラスしてまつげ1本1本を太らせる
二重と少ないまつげのバランスが悪いこのタイプは、新たに下地をプラス。まつげ1本1本の存在感を高めるとバランスアップ。

65-2-2
【PIONT】
ジグザグ塗りでまつげに下地をたっぷり塗布
自然に仕上げるために下地は繊維なしが◎。小刻みに揺らすように塗って、しっかり液をつけて。その後は基本どおりにマスカラを。

65-i-3
つるんとなめらかにコーティングしてくれるから、自然な仕上がり。
エレガンス カールラッシュ フィクサー ¥3,000

 

教えてくれたのは…
kd_%e3%81%84_paku%e2%98%86chan%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
ヘア&メイクアップアーティスト paku☆ chanさん
女子心を掴むトレンドメイクが得意な人気アーティスト。明快かつ、説得力ある理論派でもあり、スタッフからの信頼も厚い。

 

『美的』9月号掲載
撮影/岩谷優一(vale.・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) 撮影協力/児玉由希、高橋彩花 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事