メイクHOW TO
2019.6.2

二日酔いみたいなうさぎメイク…アラサー&アラフォーがしてもかわいい?真相を専門家に直撃!

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“メイク”について。アラサー&アラフォーにもうさぎメイクが流行っているって…ウソ? ホント? ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんにお答えいただきます。

%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%8e

Q:二日酔いみたいなうさぎメイク…アラサー&アラフォーがしてもかわいい?

うさぎメイクとは、赤シャドウやチークを主役に、ほんのり酔ったような雰囲気に仕上げる。おフェロメイク、二日酔いメイクなんて呼ばれることもあります。巷では、10代や20代はもちろん、ブラウンメイクに飽きたアラサーやアラフォーからも支持を得ているなんて声も。

さっそく、この疑問を小田切ヒロさんにぶつけてみました! 果たして答えは……?

 

A:ウソ

「一言で言うのなら……うさぎメイクは危険! 血色感だけで、か弱い印象をつくるうさぎメイクは、アラサー&アラフォーにとっては致命傷。逆に老けて見えるので、エイジングバレバレになります」(小田切さん・以下「」内同)

 

アラサー&アラフォーは、うさぎメイクにちょい足しを

「アラサー&アラフォーは、そのままのか弱いうさぎメイクはNGというのは前述の通り。けれども、どうしてもうさぎメイクがしたい…! そんなときは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして、インサイドラインをプラスαすることでカバーできます。目元の印象が強まり、タダのうさぎではなくなるの。よりうさぎ感を出すのなら、瞳が茶色く見えるブラウンのアイライナーがおすすめ」

可愛く見せたいモテメイクは邪道…!眉で意思の強さを主張

「さらに言うならば、アラサー&アラフォーが“可愛く見せたい”、“モテメイクをしたい”というのは邪道。可愛く見せたいよりも、可愛げと意思の強さをポイントにして。この2つがあって、初めて大人可愛いに昇華します。

意思の強さは、眉毛。眉毛を放置してトレンドのうさぎメイクをしようものなら、どうしても男性に媚びた印象に見えたり、可愛いを盛る行為になるので、女性の敵が増えます。アラサー&アラフォーが可愛い系、あどけなさをプラスしたいときは、必ず眉毛を仕立ててからメイクをすると、品格のある大人の可愛げが手に入りますよ」

 

ヘア&メイクアップアーティスト
小田切ヒロ
LA DONNA所属。藤原美智子氏に師事。ナチュラルからリアルモード、ハイファッションまで幅広いメイクテクニックと、独自の審美眼で語る美のセオリーと格言は、多くの女性から熱く支持。著書は『小田切流小顔道 自分でつくるキレイで、人生を変える』(講談社)、『大人のキレイの新ルール 捨てる美容』(世界文化社)、『美容中毒』(幻冬舎)。 ■インスタアカウント:hiro.odagiri

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事