メイクHOW TO
2017.10.28

「こなれ感」が簡単に実現!マキアージュの新ルージュとアイシャドウ

ワンランク上の美しさを提案するメイクアップブランド、資生堂の『マキアージュ』。どんな肌にもなじみ、ふっくら立体的な唇を演出する新ルージュ『ドラマティックルージュP』(全9色/ノープリントプライス)、瞳の色になじんで目もとを大きく演出するアイシャドウ、マキアージュ『ドラマティックスタイリングアイズ』(全3種/ノープリントプライス)が、2017年11月21日(火)より発売開始。メイクトレンドをけん引する資生堂マキアージュのカラーアイテム誕生の背景とカラーバリエーションをチェック!

 

インスタブームでおしゃれ上級者が増加!?

インスタグラムなどのSNSブームを背景に、セレブのようなおしゃれを楽しみ、上手に自己演出をするおしゃれ上級者が増えてきました。リップトレンドを見てみると、 ”抜け感”から”上質感”へと変化し、2017年秋冬には上級テクニックを”こなす”傾向が現れており、つやをおさえた質感が注目されることが予想されます。

一方で、20~39歳の女性200人を対象にしたマキアージュの調査によると、口紅は「自分をおしゃれに見せてくれる」アイテムだと67%の人が思っているものの、「口紅メイクはいつも同じになる」という人が70%にものぼり、口紅でおしゃれ感を演出したいのになかなか普段のメイクから抜け出せないというジレンマを抱えている様子。

 

ファッション界のこなれ感はメイクトレンドにも影響

ファッション界では、“気合が入りすぎず、しかし、きちんとした女性らしさがあり、センスのよい色やアクセサリーを無理なく着こなしている、品を感じるスタイル“のことを”こなれ感”と表現されています。口紅でも”こなれ感”がトレンドになってきており、マキアージュは、口紅でセンス良くおしゃれに”こなす”ことを目指し、口紅の質感について20~49歳の女性180人を対象に検証。口紅の質感を、光沢が「弱い」から「強い」まで5段階に分け、どの光沢感が、おしゃれにこなしているように見えるのかを検証した結果、「つやをおさえた光沢」から「自然なつや感」の範囲(中間よりやや光沢の弱い範囲)が今どきの「センスの良さ」や「こなしている」領域であることが分かりました。

 

ふわりとぼかしたような光効果のルージュ

マキアージュ『ドラマティックルージュP』(全9色/ノープリントプライス)は、“真珠ヴェール”処方により、ふわりとぼかしたような光効果で、くちびるの丸みを際立てながら肌と美しく調和。今までトライできなかった色もさらりと”こなせる”新ルージュです。かさつきも縦じわもカバーしてなめらかに整えます。

色調はベーシックとトレンド感ある9タイプ

<Playful basic>
選べるベーシック。華やかなカラーだけど、真珠パールの輝きで上品に。

<New classic>
落ち着いたカラーだけど、真珠パールがふわりと輝き、今っぽい。

ふわり光効果のメカニズム

○ふわりとぼかしたような光効果で唇の丸みを際立てながら肌と美しく調和させます。
-真珠ヴェール処方
<真珠ヴェール処方のメカニズムイメージ>

○乾燥をケア、つけるたび美しく演出します。かさつきも縦じわもカバーし、なめらかに整えます。
○つけたての美しい仕上がりが持続します。
○血色感演出、肌なじみ効果で肌から浮かないのに顔色まで明るく見せ、印象まで高めます。
○明るい場所では自然に、暗い場所では明るく光を放ち、どんな光環境下でも美しく見せます。
○華やかで女らしさを誘う香り。

 

アイシャドウパレットはビターもスイートも変幻自在

ルージュと同時発売のアイシャドウは、ひとつのパレットで目元を印象自在にし、瞳の色になじんで目もとを大きく演出する、マキアージュ『ドラマティックスタイリングアイズ』(全3種/ノープリントプライス)。

瞳の色になじむとけこみ効果で目もとを自然に大きく見せながら、重ねる順を変えるアレンジで、ビターもスイートも自由自在にしあげる“5色5質感“のアイシャドウです。

目もとは使いやすい自然なカラーバリエーション

瞳の色にマッチして、自然・気候の表情美からヒントを得た、しなやかな躍動感をイメージした3種です。

瞳の色になじむとけこみ効果で目もとを自然に大きく見せながら、重ねる順を変えるアレンジで、ビターもスイートも自由自在にしあげる5色5質感アイシャドウ。

乾きがちな目もとを鮮やかに輝かせる秘密

(1)“目もとファンデベース”
上まぶた全体と、目の下や涙袋のくすみやくまを明るく整え、重ねるカラーの発色と化粧もちを高めます。
(2)(3)(4)“とけこみグラデカラー”
なりたい印象に合わせて、重ねる順を変えるだけで、瞳になじみながら美しいグラデーションが完成します。
(5)“艶ポイントカラー”
上質なつやと輝きでまぶたのフォルムを際立てます。

○自然に瞳を拡大しながらとけこむようになじみ、自分史上最高の美しい眼差しが手に入ります。

○重ねても粉っぽくならずに、透明感のある艶やかな彩りがなめらかに密着。重ねる順を変えるグラデーション使いで印象変化が自在に楽しめます。
○ふんわりやわらかな光を反射させ、ノイズをリセットし、肌を明るく演出します。
○肌の明るさを引き出して、色ムラやくすみもなかったように仕上げます。
○まぶたの中央に光を集めて立体感を際立てながら、とけこむようになじみます。
○明るい場所では自然に、暗い場所では明るく光を放ち、どんな光環境下でも美しく見せます。
○保湿成分配合で、乾燥しがちな目もとにもなめらかに密着します。

○重ねてもくすみのないクリアな発色が長時間持続します。
○まぶたの形にフィットして、パウダーを均一に広げる扇型ブラシと目の際にフィットして、粉とびなく広げるチップ。

ドラマティックスタイリングアイズの使い方

●(1)をブラシにとり、上まぶた全体と、目の下や涙袋にぼかします。

●(2)(3)(4)をチップにとり、なりたい印象に合わせて重ねていきます。
・ビターな印象に仕上げる重ね方
(2)をアイホールよりやや広めにのせます。
(3)をアイホールの半分を目安にぼかします。
(4)を目の際から目尻をやや長めに描き、下まぶたの目尻側1/3にも描きます。
・スイートな印象に仕上げる重ね方
(4)をまつ毛の生え際に沿って、細く描きます。
(3)をアイホールの半分を目安にぼかします。
(2)をアイホールよりやや広めにのせます。

●(5)をチップにとり、黒目の上からやや目頭側に向かってのせるようになじませ、下まぶたの目頭から1/3程度にものせます。(まぶた全体や輝かせたいポイントに、ひとのせして楽しむこともできます)

 

ファッションに合わせた“こなれ感”と“ぬけ感”をメイクでも簡単に表現できるマキアージュのルージュとアイシャドウ。この秋冬、カッコイイのはがんばりすぎないメイク。目もとと口もと、ペアで1セット持っていて損はない新アイテムです。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

浮いたお金で女子力アップを狙っちゃう?スマホのカンタン節約術

髪質で悩む私にサヨナラ!さらさらストレート髪に近づくのはあのシャンプー

「若見え肌」は58歳なのに…見た目30代!500円で始める高級美肌ケアサプリ

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

 

【参考】

さりげない色っぽさと品まで叶える ふわり真珠ヴェールのルージュ誕生 ~マキアージュから2017年11月21日(火)新発売~ – 株式会社資生堂

初出:美レンジャー  ライター:美レンジャー編集部

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事