健康・ヘルスケア
2017.3.7

春の眠気やだるさ解消に効果的な栄養素とは?

充分寝てるのに肌がくすむ、いつも眠い、なんだか抜け毛が多い、ついイライラしがち。病院に行く程ではないけれど、なんだか気になっていたあんな症状、こんな症状。スッキリ解消するための方法を専門家の皆さんに教えてもらいました!

 

体その他の悩み

\一日中、とにかく眠くてしかたがないんです/

三崎文英さん
(秘書・29歳)

 

 

解決策
規則正しく無理のない生活を。ビタミンB群を摂取して疲れを緩和して

 

主な原因
・特に春、皮膚の表面血流量が増え、交感神経が活発になり、疲労感やだるさが出やすく眠くなる
・急激な気温差で自律神経が乱れやすくなる

 

どうしてこんなに眠いんだろう、と日中にウトウトしてしまう経験はありませんか。
上田容子先生は、「特に冬→春への季節の変わり目は、急激な気温差で自律神経が乱れやすくなり、疲労感やだるさが出やすくなって眠くなるのです」と指摘。さらに「春になると血流量が増えて交感神経が活発になり、日中の活動量が増えることもだるさの起因に。活動量が増えるとビタミンB群が失われるので、しっかり補給して」(上田先生)。
「就寝と起床の時間を規則正しくして、体内時計を狂わせないこともだるさ&眠気防止になります」と水井さんもアドバイス。

 

疲労回復効果の高いビタミンB群の豊富な食材を積極的にとる
ビタミンB群は、疲労を回復したり、脳・神経・皮膚などを健康に保つビタミン。それを含むバナナや納豆、豚レバー、玄米などを意識して食べるようにしましょう。

 

B群の不足を感じたらサプリで補って

1644ビタミンB群とはB1・B2、ナイアシンなど8種の総称。8種をバランス良く摂取できるサプリ。エープライム ライフスタイル B-50コンプレックス 60粒 ¥3,200

 

 

\私たちの悩みにアドバイスしてくださった美容賢者たち/

KohGenDoブランドディレクター 瀬戸口めぐみさん/美容愛好家 野毛まゆりさん/皮膚科・内科医 友利 新さん/トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん/『銀座ハリッチ』院長 川辺奈穂さん/『銀座ケイスキンクリニック』院長 慶田朋子さん/『神楽坂ストレスクリニック』理事長・院長 上田容子さん/毛髪診断士・ビューティプロデューサー 齊藤あきさん/『アヴェニューウィメンズクリニック』院長 福山千代子さん/美髪アドバイザー 田村マナさん

 

撮影/中田裕史 イラスト/片山智恵 スタイリスト/高橋尚美 デザイン/最上真千子 構成/峯島由衣・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事