健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.6.14

大人女子の魅力アップにはアートが効く!? スペイン・マドリードの3大美術館【キレイになる旅Vol.34】

数多くの芸術家を輩出してきた、スペイン。首都のマドリードには、たくさんの芸術が街にあふれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

世界屈指のプラドには、スペイン王室の美術コレクションがずらり!

スペインの美術館には、宮廷文化を語る上で欠かせない巨匠たちの作品から現代アートまで、豊富なコレクションが所蔵されていますが、まずは世界3大美術館のひとつに数えられている「プラド美術館(Museo Nacional del Prado)」へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“スペイン絵画の3大巨匠”と呼ばれる、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤの作品など、絵画作品だけでも8,000点を超えるプラド美術館は、一日いてもまわり切れないほど!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイナミックで色鮮やかな宗教画から、“光の魔術師”と呼ばれるレンブラント、ゴヤが晩年に描いた“黒い絵”の全14点など、巨匠たちのさまざまな技法の作品に引き込まれてしまいます。(館内の美術作品の撮影は不可)

鑑賞を終えた後に、素敵だなと思った建物が、美術館の裏手にある、こじんまりとした教会。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マドリードで唯一残っているゴシック様式教会で、歴代の王様の戴冠式が行われてきた場所です。現在は、有名人が結婚式を挙げる格式高い教会だそう。晴れた日に、青空に伸びる教会の塔は実に美しく、心が洗われる気持ちになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

宗教画からポップアートまで。温かみを感じる、癒し系美術館

プラド美術館と通りを隔てて佇む「ティッセン・ボルネミッサ美術館(Museo Thyssen-Bornemisza)」は、新古典様式のビリャ・エルモサ宮殿を改築した建物です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ルネッサンス以前のイタリア絵画から、ゴッホやモネなどの印象派、シャガールやピカソ、ダリに代表される20世紀の現代美術までが網羅され、何世紀にもわたるヨーロッパ絵画の流れを辿ることができます。

優しいオレンジ色の壁にほっこり癒されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの美術館は、美女の絵画もたくさん!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マネが死の前年の50歳で描いた「乗馬服の婦人」は、黒い乗馬服とシルクハットの品格、そしてキリッとした表情に、赤いリップが印象的。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15世紀後半のフィレンツェで、ボッティチェリと同様に宗教画や肖像画を残したギルランダイオが描いた、アルビッツィ家の肖像は、端正な横顔が美しい作品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほとんどの絵画が、写真撮影OKというのも嬉しいところ。絵画に描かれた時代の様子を身近に感じながら、美のヒントを見つけられそう。

 

不思議さに引き込まれる、スペイン現代アートがぎっしり!

「ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía)」は、18世紀の病院を改装してオープンした、近現代美術が中心に展示されている美術館。

美術館の名前は、国王ファン・カルロス1世の王妃ソフィアにちなんで名付けられ、20世紀の近現代美術を中心に展示されています。

建物の外観は、モダンでスタイリッシュ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この美術館で最も有名な作品は、なんと言ってもピカソの「ゲルニカ」。ゲルニカの写真撮影は許可されていませんが、予想以上に大きく、戦争に訴えかける強い怒りと力のようなものを感じ、しばらくその場を動けなくなってしまうほどの迫力でした。

ピカソのその他の作品や、ダリ、ミロなどの作品も、見ごたえたっぷりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 02

ちょうど夕方に鑑賞を終え、中庭のベンチで寛いでいると、心から満たされました。

%e3%82%bd%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%a2unnamed OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いずれも、芸術作品を心ゆくまで堪能できる世界規模のコレクションを誇る美術館ですが、閉園から2時間前からや特定日などに訪れると、なんと“入場料なし”で名画の数々を鑑賞できます。滞在中に何度か立ち寄るのもおすすめですよ。

街中にアートがあふれている、マドリード。ぜひ世界有数の美術館に展示されている絵画作品で心を潤わせながら、美意識を高めてみてはいかがでしょうか?

 

イベリア航空搭乗記はこちら>>

 

<取材協力>
マドリード観光局>>

プラド美術館>>

ティッセン・ボルネミッサ美術館>>

ソフィア王妃芸術センター>>

イベリア航空>>

 

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e6%9c%89%e8%b5%b7%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ビューティ&トラベルライター
石原有起(いしはら・ゆき)

大学卒業後、女性誌やウェブサイトを中心に、美容、旅行関連の取材・執筆を行うほか、美容皮膚科医や美容師などの専門家や、メディアに向けたレターの製作、TV・ラジオ出演、講演など多方面で活動中。現在は、“旅=楽しむだけでなく、美を磨くためのエッセンス”と捉え、国内外を問わず、旅先で美容スポットを体当たりで巡る取材を多く行う。“人生を彩るために、美容する”がモットー。

■ブログ:http://yukiishihara.com/
■Instagram:@yukiishihara1112

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事