健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.2.26

江原啓之さん直伝!玉川・嬉野・修善寺…デトックスできる“食と温泉”を解説

_a9a6302

「あの人には華がある」、「なんかオーラがある」というように、なぜか惹きつけられてしまう魅力的な人っていますよね。でもその「オーラ」、実は誰でも磨けば輝かせることができるらしいのです! そう断言するのは、スピリチュアリストの江原啓之さん。どういうことなのか、知りたいですよね……。

2018年2月27日発売の江原さん著『あなたが輝くオーラ旅 33の法則』では、オーラとは何か、そしてオーラを磨き、輝かせるためにおすすめの旅先や、旅の仕方が解説されています。

気になる同著の内容、少しだけご紹介しましょう。

そもそも「オーラ」とは…?

江原さんによると、「オーラはどんな人でも持っていて、ひとりひとり色も強さも違います。『華がある』とはスピリチュアルな意味ではオーラが生き生きと光輝いている状態」とのこと。

では、その誰もが持っているオーラを輝かせるにはどうしたらよいのでしょうか。

「自分を知り目的に向かって進めるように心も身体も元気でなければオーラを輝かせることはできません。そこで“旅”をキーワードにオーラを磨く方法をお伝えしているのですが、まず大切なのは、五感をフルに使って旅での経験を味わうということ」と江原さん。

そして、旅の中でもオーラを輝かせるために江原さんが推奨しているのは……。

「特におすすめしたいのは心身のデトックス効果がある温泉旅行なんです。大地のエネルギーを含んだ天然温泉に浸かって毛穴を開く、すると体の老廃物だけでなく、汚れたエクトプラズム(生体エネルギー)も排出されて、体も気持ちもすっきりと気分よくなっています」

オーラを強く、クリーンにするための入浴法には手順があるそうです。

(1)ざっと汚れを落としゆっくりと湯船に浸かる
(2)毛穴が開いたら頭の先からつま先まで丁寧に洗う
(3)再び湯船に浸かる
(4)最後の仕上げとして冷水を浴びてクーリング(毛穴を引き締める効果もあり)

毎日の入浴でもこの手順を意識してみましょう。

露天風呂&名産グルメが最強コンビ

温泉の中でも、特におすすめなのが露天風呂だそう。

「旅でパワーにあやかるなら、陰陽五行説でいう木、火、土、金、水のすべてを堪能できる露天風呂は最強。日光や月光、潮風、木々の緑、鳥のさえずり……。自然界のエネルギーを存分に賜りましょう」

そして、もうひとつ、自然界のエネルギーを取り入れるために大切なのが“食”。

「日帰り温泉でも構いませんが、できればその土地の名産グルメを食べて1泊したいところ。旬の野菜や果物は太陽のエネルギーとその土地のエネルギーのこもった食べ物ですから、おいしいのは当然。体の内側からパワフルにしてくれて滋養効果も大いに期待できます。山には癒やしのパワー、海には浄化のパワーがあって、エステでいえば、海の効能は心や体の汚れを落としてくれる“垢すり”のようなもの。山の効能はきれいになった心や体にエネルギーを与えてくれる“パック”のようなものなんです」

温泉と食事で心と体を喜ばせて、そしてぐっすりと眠れば、翌朝、あなたのオーラは美しい輝きを放っていることでしょう!

温泉に行く時間がなければ…家でプチデトックス!

江原さんの同著では、デトックス効果の期待できるおすすめの温泉の例として、玉川温泉(秋田県)、修善寺温泉(静岡県)、松山温泉(愛媛県)、武雄温泉・嬉野温泉(佐賀県)、妙見温泉(鹿児島県)などが挙げられています。

そして今すぐ温泉に行けないという人も、大地のエネルギーが伝わる岩盤浴に行ったり、家のお風呂にゆっくり浸かって旬の食材を使った料理を食べれば、それだけで“プチデトックス”になるそうですよ!

_a9a6327

 

旅へ出るときは、旅自体を楽しむのはもちろん、ちょっと意識をもってみることで、より効果的な心身のリセット&デトックスになるんですね。

同著の綴じ込み付録には、47都道府県のオーラカラーがわかる「全国オーラカラーMAP」と旅先にも携帯してお守りになる「12色オーラカード」も! “浄化”や“癒し”を求めている方、自分のオーラを磨きたいという方にぜひ手にとっていただきたい1冊です。

09388592

■『あなたが輝くオーラ旅 33の法則』
¥1,200
著者:江原啓之
刊行:小学館
発売:2018年2月27日
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388592

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事