ボディケア
2017.6.10

揉むだけでスリム!エステティシャン直伝「むくみ解消マッサージ」

ボディラインが気になる季節、エクササイズや食事制限に励んでいる方も多いでしょう。しかしボディラインを整えるには、むくみを解消することも大切。ダイエットをしなくても、いまよりホッソリとした脚や二の腕が手に入ります。

そこで今回は、『エステティック ミス・パリ』などを運営する『ミス・パリ・グループ』教育部の香取翔子さんに“むくみを取り去るマッサージ”について教えてもらいました。

 

揉みほぐしのコツ3つ

「マッサージすることで老廃物やむくみが解消されると、スッキリとしてボディラインがキレイになります。とりあえず、手が空いたら気になる部分を揉むといいですよ。血行もよくなるため、徐々に体から冷えも改善します」(香取さん、以下「」内同)

それでは香取さんが推奨する揉みほぐし方を見ていきましょう。コツは以下の3つです。

(1)手のひら全体で揉む

「つねるように表面だけ刺激すると内出血になるので、手のひら全体を使うようにします」

太ももや太ももの裏、お尻など、脂肪が掴みにくいところや広い面は、両手のひらを使って、脂肪を押すようにマッサージするとよいそうです。

(2)脂肪を掴んで返す

「お腹や膝上の脂肪など掴みやすい部分は、親指とその他の四指で気になる脂肪を掴み、親指で返すようにしてほぐします」

脂肪にひねりを加えるイメージだそうです。

(3)揉みながらリンパに流す

最後はリンパへ向かって流します。

「揉みながらもリンパを意識し、体の外側から体の中心に流すイメージで刺激します」

リンパについては『美レンジャー』の過去記事「プヨ腹消滅スイッチはココ!押せば痩せる“リンパ節”プロが伝授」で詳しくご紹介しています。こちらもご参照ください。

 

揉みほぐしマッサージの注意点2つ

マッサージの際には、以下の点に気をつけましょう。

(1)適度な強さを心掛ける

「揉みほぐしマッサージは強くやりすぎると、アザをつくってしまったり、筋肉を緊張させてしまうこともあります。強めに揉む場合は“痛気持ちいい”程度で」

適度な強さで日々継続して行うことが大切です。

(2)マッサージオイルやクリームをつける

「乾いたままの手でこすると、皮膚に負担がかかります。マッサージオイルやクリームをつけて摩擦が起きないようにしましょう」

マッサージ用とうたったオイルもありますが、滑りをよくしてくれるものであればなんでもOK。自宅にあるベビーオイルやボディクリームなどでも構いません。

 

マッサージをするタイミングは、体が温まっているお風呂上がりがベスト。気になるパーツをマッサージして、むくみのない引き締まった体を手に入れたいですね。

 

【取材協力】

※ 香取翔子・・・『ミス・パリ・グループ 』教育部。技術スタッフへの実技と理論の指導を行う。ミス・パリ・グループの技術水準を保つエキスパート。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

初出:美レンジャー  ライター:庄司真紀

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事