ボディケア
2017.4.12

毎日続けて変わる! 仲里式メソッドで10日で必ず小顔に!

「体重はBeforeのときとほぼ変わっていませんが、顔はここまで小さくなりました!」という、小顔フェイシャルヨガインストラクター・仲里あやねさんが登場! 自らの実体験で編み出したいつでもできるエクササイズから、より小顔に見せるための毎日のテクニックまで、存分にレクチャーしてもらいました!

201705gnakasatoshiki

 

仲里式メソッドが目指す小顔とは・・・

パーツを大きくして肌の面積を少なく見せる!
目や口のパーツをエクササイズでメリハリをつけて大きく。フェースラインは鍛えることでシャープになり、顔の縦横幅は変わっていないのに小顔に見える。

仲里式小顔メソッド5大メリット

① メークをしたままできる程簡単で、費用は¥0。マスクをすれば外出先でもOK♪
②バランス良く筋肉がついて巡りのいい顔に。そのおかげでむくみにくくなる!
③脳に近い顔の筋肉を動かすから、〝セロトニン〟が分泌されてキレイに♥
④舌を動かすから唾液の量が増えて、若返りホルモン〝パロチン〟の分泌量もUP
⑤筋トレで表情が豊かになり、柔らかい雰囲気に。愛され顔になる!

 

やせるのではなく、顔筋を鍛えれば誰でも小顔に!
「TV番組のMCをやっていたときは、顔が丸くて大きいのがコンプレックスでした」という仲里あやねさん。「小顔になるにはやせなくちゃと思い込み、あらゆるダイエットにチャレンジ。しかし、体重は減っても顔の大きさは変わりませんでした。そんなとき、ボイストレーニングのために表情筋を鍛えることに。試行錯誤で顔の筋トレを行ったら、1か月程で〝やせた?〟〝顔が小さいね〟などと言われることが増え、顔の筋トレこそ小顔への近道だと気がつきました。そこで、本格的にインストラクターを目指し、効率のいいメソッドを確立。毎日空いた時間にコツコツと行えば、10日間でも結果は出るでしょう。顔の筋肉は体に比べて衰えやすいので、続けることが大切。私は今もマスクをして外出中などでも続けています」

 

小顔の道に欠かせない基本の3ステップ

STEP 1 ほぐす
まずはマッサージで顔のコリをオフ。次のエクササイズの効果を上げるために、必ず行って。
201705gnakasatoshiki1

201705gnakasatoshiki2

201705gnakasatoshiki3

 

① 肩周りと首を緩める
顔にたまった老廃物を流すために、出口となる首や肩周りを緩めておく。まず、肩を後ろに回す。肩胛骨が動くのを意識しながら左右×10セット回して。次に、首を前後左右に伸ばす。頭に手を乗せ、手の重みを使ってしっかりと伸ばしていく。

 

201705gnakasatoshiki4

201705gnakasatoshiki5

 

② 目元の疲れを取る
眉毛と眼球の間の凹みを丁寧に押す。押す位置は、眉頭下、黒目上、目尻上の3か所×3セット。親指の腹を入れ込むようにゆっくりと押せば、目がすっきり。

 

201705gnakasatoshiki6

201705gnakasatoshiki7

201705gnakasatoshiki8

201705gnakasatoshiki9

③ フェースラインのコリをオフ
こめかみから口角下までの4か所のコリを取る。こめかみは人さし指の腹を、かみ合わせは親指の腹を使って息を吐きながら押す。エラと口角下は指の第2関節でもみほぐして。肌表面をこするのではなく、筋肉をほぐすように各3秒×3セットを。

 

201705gnakasatoshiki10

④ 鼻筋を流す
鼻のつけ根、中央、小鼻横を、人さし指の腹で押す。息を吐きながら指を小刻みに動かしてもみ込むように各3秒×3セット押すと効果的。

 

STEP 2 パーツを大きく
目はぱっちりと、口はぷっくりと大きく見せると、肌の面積が少なくなって小顔の印象に!

201705gnakasatoshiki11

201705gnakasatoshiki12

① 目力をUPして目をぱっちりと
鏡を使って1点を見つめながら、目を大きく見開く。見開いた状態で黒目を上下左右に動かす。このとき、呼吸を止めないように注意を。テンポ良く、10セット行って。眼筋が鍛えられて、生き生きとした大きな目に。

201705gnakasatoshiki13

201705gnakasatoshiki14

② 法令線を薄くする
口いっぱいに空気を含んだら、口の中で空気を上下左右に動かす。これも1 と同様にテンポ良く、10セット行って。くぼんだ法令線がフラットになるように行うと◎。口周りの筋肉が鍛えられて、法令線が目立たなくなる。

201705gnakasatoshiki15

201705gnakasatoshiki16

201705gnakasatoshiki17

③ 口を大きく動かしてメリハリのある唇に
ぷっくりとした魅力的な唇を作るには、口周りの筋肉を動かすことが大切。〝いー〟〝うー〟〝んー〟と口を大きく動かして10セット行う。〝いー〟のときは、奥歯を食いしばらないように注意し、〝んー〟のときは、しまい込んだ唇をかまないように吸い込んで。

 

STEP 3 フェースラインを鍛える
顔を小さく見せるには、Vラインのシャープさがカギ。首筋まで動かすのがすっきりさせるコツ。

201705gnakasatoshiki18

201705gnakasatoshiki19

201705gnakasatoshiki20

① 二重あごとたるみを防ぐ
上を向いた状態で口を大きく動かす。step2の3 の〝いー〟と〝うー〟に、舌を出す〝べー〟をプラス。それぞれ、口周りと首筋の使っている筋肉が違うのを確かめながら、各3秒×10セット行って。

201705gnakasatoshiki21

② あご先をシャープに
正面を向き、舌をなるべく下へ長く出して〝べー〟を5秒×10セット行う。あご下の筋肉が鍛えられる。

201705gnakasatoshiki22

③ Vラインをキープ
舌を上前歯の裏に当て、唇でストローをくわえる。始めは落としやすいので、マスクをしても。1日15~20分程行えば、憧れのVラインに。

 

教えてくれたのは…

201705gnakasatoshiki44
なかざとあやね
元タレント。自身の経験から小顔フェイシャルヨガインストラクターとして仲里式メソッドを考案。美容サイトで小顔について執筆するほか、インスタグラム@ayanenakazatoでは、メソッドを動画で発信。
http://motekogao.com/

 

『美的』2017年5月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube) ヘア&メーク/遠田まゆ美 イラスト/高田ケイコ デザイン/ohmae-d 構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事