ヘアスタイル・髪型
2019.12.18

前髪ありの外ハネミディは、ふんわり仕上げるのが大人カジュアルの鍵!

依然として人気の外ハネスタイルですが、ふんわり軽やか仕上げるのが今っぽヘアの鍵になります。カジュアルに見えがちな外ハネでも柔らかい動きがプラスされ華やかになり、大人女性にもおすすめ。前髪はすけ感&束感メイクで、ぬけ感のある仕上がりに。

くびれヘアで美シルエットのミディアム。トレンドを取り入れセミウェットな質感にすればぐっと今どきに。幅広い年齢層にマッチするこちらの外ハネは、女性らしいこなれ感たっぷりのスタイルで男ウケもすること請け合いです。

肩にあたるハネを活かせる!こなれ感たっぷりの外ハネスタイル

%e2%91%a0
【how to“ベース&カラー”】
ベースは肩と鎖骨の間くらいの長さでカット。リップから頰にかけてのラインに動きが出るようにレイヤーを入れます。前髪は眉下でおろし流しができる長さにカットしサイドと繋げます。動きが出やすいようにスライドカットで毛先が先細りになるよう調整します。カラーは9レベルのシナモンベージュをセレクト。シナモンベージュは、赤みを抑えたベージュ系で、グレーのニュアンスを加えることで透明感や毛束の動きが見えやすいカラーとなります。
%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
髪を乾かしたら32mmのアイロンで襟足を外ハネに、表面はリバースに巻いてエアリーでふんわりとした仕上りに。スタイリング剤は、セミウェットな質感にしながら、保湿やツヤ感をもたらすオイルクリームをチョイス。手によくなじませてから、襟足→表面→前髪の順番で塗布します。最後に束感をメイクしたら完成です。

 

afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)
担当サロンページはこちらから
Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)

撮影/イケダハヤト ヘアスタイリスト/加藤貴大(Ramie GINZA) モデル/ハヤシメグミ 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事