ヘアスタイル・髪型
2019.10.15

アシンメトリーボブがおしゃれ!アンバランスシルエットで色っぽアシメボブスタイル

あえて左右非対称に分けたアシンメトリーなシルエットのボブスタイルをご紹介。分け目を変えるだけでグッとおしゃれに!短めショートボブや前下がりボブ、長めのミディアムボブまでアンバランスな分量で大胆に分けたアシメフォルムやオン眉がかわいいおしゃれアシメ前髪×ボブのヘアアスタイルをご紹介。サイド寄せのアレンジテクニックやバックスタイルもキレイなアップヘアも!

【目次】
ショートボブ×アシンメトリーフォルム
前下がりボブも非対称分けでクールに
長めのボブ・ミディアムも非対称バランスがかわいい
オン眉アシメ前髪×ボブでおしゃれ度高め
アシンメトリーシルエットのアレンジ術
後ろ姿も美しい!アンバランスアップアレンジ

ショートボブ×アシンメトリーフォルム

コンパクトにまとめたストレートショートボブ

コンパクトにまとめたストレートショートボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK。ストレートも、ふんわりも、ちらっと見える目元が色っぽさを演出。ショートは幼く見えがち?そんなことはありません。こちらのショートヘアは、長めの前髪がポイントとなり、大人の色気が漂うスタイルとなっています。前髪の隙間から覗く目元がセクシーな雰囲気をプラス。男ゴゴロをぐっと掴めそうです。

・オイルで仕上げたストレート、ふわっとボリューム感を出したスタイル、どちらもハマるデザインに。耳にかければ、より大人ムードな印象を与えてくれます。コンパクトにまとめるショートスタイル。直毛の方のみならず、広がりやすい髪質ならストレートパーマと組み合わせればお手入れも簡単に。やや重みを残したこちらのスタイル、この秋注目です。

\How to ベース&カラー/

・サイドの長さをリップラインに設定して、やや前下がりのアウトラインでベースをカットします。トップには角を落とす程度のレイヤーを入れて、重さを取ります。耳にかけた時に“ぴょんぴょん”と毛が飛び出さないよう計算して、毛量調整は控えめに。

・カラーは、日本人の赤みを打ち消す8レベルのアッシュブラウンに。アッシュに寄り過ぎていないため、顔色をキレイに見せる効果があり、オンでもオフでもシーンを選ばずにマッチする色味です。

コンパクトにまとめたストレートショートボブ

\How to スタイリング/

・ドライは、髪を前に向かって乾かし、トップは根元をこすりながらドライヤーの風を当てます。乾いたらストレートアイロンを中間から毛先に向かって軽めに通します。

・ウェットな仕上がりになるようスタイリング剤はオイルを選びます。オイルを全体的に馴染ませ、手に残ったスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。ふんわりさせる場合、32mmのアイロンで中間から巻いて動きをつけてから、軽く耳にかけて。

長め前髪の大人顔ショートヘア。短くてもアレンジで印象チェンジOK

小顔に見えるひし形アシメシルエット

小顔に見えるひし形アシメシルエット

\ヘアスタイルのポイント/

・“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に。グラデーションベースの丸みと、毛先に遊びのある色っぽヘア。トレンドとして注目されているショートヘア。周りが続々と短くする流れに乗りたいものの、いざショート!と、なるとちょっとドキドキしてしまいますよね。

・ショート初挑戦の人や、子供っぽくなるのが不安な人、女らしいイメージにしたい人に一押しのスタイルがこちら。ショートにしたいけど顔まわりの長さは残すことで女らしさをキープし、日本人の骨格に合うひし形シルエットがオススメです。

・襟足をキュッとタイトにすることで、首をすっきり長く見せることができ、小顔効果も絶大。長め前髪がスタイルの鍵となるショートは、レイヤーの軽やかな動きが旬なニュアンスをプラス。また、根元のふんわりとした立ち上がりが、女っぷりを上げてくれます

\How to ベース&カラー/

・襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れます。

・毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。カラーは、8レベルのセピアグレージュ。ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味です。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

小顔に見えるひし形アシメシルエット

\How to スタイリング/

・タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かします。前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライします。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。

・ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象になります。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。

“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

美人見え長め前髪ショートボブ

美人見え長め前髪ショートボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー!長め前髪はさらりと流し、ふわっとショート。小顔効果で今シーズン人気のひし形ショート。小顔だけでなく、気になる頭の形もしっかりカバーしてくれるこちらのデザインは、長めの前髪で品があり、絶妙な女性らしさを演出。

・360°あらゆる角度から見ても美シルエットで、カジュアルからコンサバまで、服装を選ばずオールマイティに対応できる優秀ヘアです。また、ストレートアイロンで毛先をワンカールすれば華やかで、きちんと感のある印象に。カールアイロンで仕上げればぐっとエレガントにも。ショートでもトップの長さを残しているので、髪が広がりやすい人にもオススメです。

\How to ベース&カラー/

・前髪は目と鼻の間くらいの長さで、サイドに流せるようにカット。サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げます。

・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出します。襟足はすっきりまとまるようにカットします。カラーは、8レベルのブルーアッシュ。退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラスします。

美人見え長め前髪ショートボブ

\How to スタイリング/

・ひし形シルエットをイメージしながら全体的を乾かします。乾いたらストレートアイロン、もしくは、32mmのアイロンで表面を全体的にワンカール。アイロンが苦手な場合、くるくるアイロンを使ったり、マジックカーラーをトップに2〜3個巻いても◎。

・スタイリングは、軽いセット力のあるオーガニックワックスを全体的に馴染ませたら、ボリュームを出したいトップと顔周りにスプレーを。ふわりと動きのあるひし形シルエットが、1日中キープできます。

ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー

大胆な分け目のラベンダーカラーボブ

大胆な分け目のラベンダーカラーボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・シンプルなあごラインボブに遊びを加えているのは、ハイライトを施したツヤカラー。
・全体に毛束を細く取ってトーンアップ し、上からラベンダーとブラウンを混ぜたカラーをオン。
・光が当たったときに透けるため、髪をソフトに見せてくれる効果も。

\BACK/

大胆な分け目のラベンダーカラーボブ

\SIDE/

大胆な分け目のラベンダーカラーボブ

コクのあるツヤを出す〝ラベンダーブラウン〟

前下がりボブも非対称分けでクールに

ワンレンベースの三角形フォルム

ワンレンベースの三角形フォルム

\ヘアスタイルのポイント/

・面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”。髪型で考えるイイ女の代名詞は、前髪なしの搔き上げスタイル。憧れるとはいえ、面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。

・顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見えて面長が気になりません。また耳を見せるのも輪郭を丸く見せるポイントです。裾の位置がボブにしては高めですが、ボリュームがあるのでボーイッシュにならず、むしろ女っぽさを演出します。

・ デジタルパーマで作るのでスタイリングは簡単!今まで面長だからとおでこを隠していた人でも、このスタイルなら自信を持っておでこを出してOK。ラフな毛先は搔き上げとの相性抜群なので、いい女を目指してぜひトライを!

\How to ベース&カラー/

・前髪を6:4で分けます。裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくします。表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。

・全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができます。カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラーです。

ワンレンベースの三角形フォルム

\How to スタイリング/

・乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなります。さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活します。ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成です。

・デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣です。おでこを出すと大人っぽく見えるだけでなく、自信のあるイイ女に見せる効果もあり。スタリングに時間がかからないラフなパーマスタイルなので、バリバリと働く女性にもおすすめです!

面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

黒髪×アシメな分け目が大人っぽい

黒髪×アシメな分け目が大人っぽい

\ヘアスタイルのポイント/

・サイドのボリュームの位置はやや低めが大人っぽい。短くなり過ぎるのが心配でバッサリカットできずに、中途半端な長さになっちゃった…というときに、ぜひCheckしてほしいボブがこちら。スッキリ見えるのにカジュアルな短さは感じさせない絶妙なバランスです。

・その秘密は、長め前髪とひし形シルエットにあり。長め前髪で大人っぽさを、サイドをふわっとさせたひし形シルエットでボリューム感を出します。このふたつでスッキリしつつ上品な、短く見えすぎないボブに。また襟足の長さも重要です。首に沿うようにやや長めに残すと、短い印象を与えない効果があります。

\How to ベース&カラー/

・前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。搔き上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れます。ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。

・カラーは7トーンのアッシュブラウン。ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出します。落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えません。

黒髪×アシメな分け目が大人っぽい

\How to スタイリング/

・顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなります。全体の毛束の中間から毛先に向かって32㎜のアイロンで軽くワンカール。やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイントです。ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出します。前髪は根元を搔き上げ内側からキープスプレーを。

・すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。重たい印象が苦手な人は、片側だけ耳掛けを。よりスッキリ感が出ます。長め前髪&ひし形シルエットで作る大人のボブ。襟足を少し長くするなど微妙なテクニックで短過ぎる印象を与えません。ロングからボブへのイメチェンを考えている人にも挑戦しやすいスタイルです◎。

長め前髪の“ひし形ボブ”は、大人っぽく見える絶妙バランス!

耳掛けもハマるストレートボブ

耳掛けもハマるストレートボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・後ろは襟足ギリギリのワンレンボブ。
・耳より前をあごのラインに平行になるように前下がりにすることで、クールな雰囲気に。
・カラーは黒に近いダークカラーで、青やグレーなど寒色系の色をミックスするとかっこ良さがアップ。

\SIDE/

耳掛けもハマるストレートボブ

\BACK/

耳掛けもハマるストレートボブ

ストレート&ワンカールのクール系 水原希子ボブ②

微妙なバランスがおしゃれなワンレンショートボブ

微妙なアシンメトリー感がおしゃれなワンレンショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・偶然から生まれた“隙”が生まれもった色っぽさを引き立てるカギ。潔い程シンプルなのに、こなれた色っぽさも清潔感もある浅見れいなさんのボブヘア。誌面に登場する度、多くの『美的』読者がくぎづけに。

・「何事もキレイにまとまりすぎたスタイルは好きじゃないんです。髪型もくせを生かしたり、ドライヤーで乾かすだけで決まったり、ラフなニュアンスが出るようにカットしてもらいます」(浅見さん)。ボブヘア歴は10年以上。

・現在は、顔周りの長さを左右非対称にしているのがポイント。「短い方の毛束を耳にかけるとわかるくらいのアシメトリー感で、私好みの隙のあるスタイルに。角度や動きによって雰囲気が変わる所も気に入っています」

\SIDE/

微妙なアシンメトリー感がおしゃれなワンレンショートボブ
動きが出るよう部分的に軽くして抜け感をメーク!& やや明るめのカラーで動きと軽さを演出。

微妙なアシンメトリー感がおしゃれなワンレンショートボブ
毛先が内側へ入るよう丸みをつけてカット & 顔周りの長さを非対称にしラフなニュアンスを出す。

今、この髪型を マネしたい ! 人気ヘアアイコン達を大解剖! Part1 浅見れいなさん

長めのボブ・ミディアムも非対称バランスがかわいい

ナチュラルな内巻きボブもアシメシルエットで色っぽく

ナチュラルな内巻きボブもアシメシルエットで色っぽく

\ヘアスタイルのポイント/

・大ブームだった外ハネが落ち着いて、次の一手となる髪型を探している人は多いんです。そこでおすすめしたいのが、内巻きボブ。一歩間違えると幼い&野暮ったく見えがちですが、ポイントを抑えれば今っぽくおしゃれなスタイルに。こだわるべきは、ズバリ耳前の毛束。耳掛けをし、あえて後れ毛のように耳前に毛束を落とし、その根元をふわっと立ち上げます。これがあるだけで顔周りにヌケ感が出てこなれた印象に。

・さらに長め前髪にして縦のラインを作る、透け感のあるカラーにする、バームでセミウエットな質感を作る、などをプラスすると大人っぽく仕上がります。女性らしい内巻きが逆に新鮮。耳前の毛束の根元をふわっと立ち上げると、顔周りに抜け感が出ておしゃれ!周りが始める前にTRYすることをおすすめします!

\How to ベース&カラー/

・肩上でカットしたボブベース。毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作ります。前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流して。

・カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えません。またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。黄みも抑えるので上品な発色をKEEPします。

ナチュラルな内巻きボブもアシメシルエットで色っぽく

\How to スタイリング/

・乾かすとき前髪を含め分け目と反対側に髪を寄せ、温風で乾かした後に冷風をあてます。それから分け目に戻すと前髪が自然に立ち上がりトップもふんわり。32㎜のアイロンで毛先を内側にワンカールします。さらに表面の毛束を持ち上げながらワンカールをプラス。

・セミウエットな質感になるバームタイプのワックスを全体になじませます。このとき耳前の毛束の根元と、前髪の根元にもしっかりなじませると、髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。片側だけ、耳前の毛束を少し残して耳掛けをします。

・耳前の毛束がふわっとするよう根元を立ち上げ、前髪の根元、サイドもふわっとするように整えたら完成です。甘くなりがちな内巻きボブですが、耳前の毛束でヌケ感を作り、さらに前髪やカラーで大人っぽく仕上げるのが今どきに見せるコツ。

“内巻きボブ”を今っぽおしゃれに作るカギは、耳前のふわっと毛束にあり!

サイドにボリュームを出したパーマヘア

サイドにボリュームを出したパーマヘア

\ヘアスタイルのポイント/

・大人には大人のハイトーンカラーがあることを知っていますか? ポイントは、レングスを短めにしてカラーの面積を減らすこと。おすすめは前髪長めのボブで、顔周りがパッと明るくなるだけで派手に見えません。前髪があると幼く見える、ロングだと毛先が傷んで見えやすいこともマイナス要因に。さらに平巻きパーマをかけてひし形シルエットが◎。平巻きパーマボブには、面長をカバーしたりペタっと見せない効果もあり!

・ふわっとした毛先がハイトーンの透明感をキワ立てます。また色味も大切で、黄色やギラギラするカラーはNG。やや赤みを帯びたウォームベージュならツヤっぽく見え、上品なハイトーンを演出します。大人だから…と控えめにならず、ポイントを押さえたハイトーンでおしゃれを楽しんで!

\How to ベース&カラー/

・あごラインのグラデーションボブベース。前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げます。ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。

・毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。カラーは10トーンのウォームベージュ。黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラーです。

サイドにボリュームを出したパーマヘア

\How to スタイリング/

・ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20㎜、22㎜、24㎜のロッドで1回転半巻きます。スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。

・さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させます。パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成です。パーマをかけているのでスタイリングは超簡単。乾燥を防ぐトリートメントの使用やケア効果の高いシアバターを使ってダメージを防ぐことも、大人のハイトーンカラーを楽しむ重要ポイントです!

“前髪長め×平巻きパーマボブ”で、大人のハイトーンカラーを楽しんで!

かっこよく決まる大人ボブスタイル

かっこよく決まる大人ボブスタイル

\ヘアスタイルのポイント/

・「ボブにしたいけれどきっと似合わない…」という人の多くは、顔型を気にしている傾向あり。特に丸顔さんはボブにすると幼く見えると避けがちに。そんな丸顔&幼顔でも、表面の立体感を意識したカットとスタイリングで大人っぽいボブを作ることができます。

前髪を作らないことも大人顔に見せるポイント。また輪郭をカバーするサングラスを味方につけても◎。キメ過ぎないラフなボブはサングラスとも相性抜群!あの手この手で大人っぽく見せる、計算づくなボブを紹介します!

\How to ベース&カラー/

・表面にスライドカットでところどころ短い毛束を作った、あごラインのワンレンベース。丸顔の重心を下げて見せたいので裾を26㎜のアイロンでワンカールの内巻きに。さらにハチ上の表面の毛束をリバースカールにし、トップ付近にもボリュームを。

・表面に短い毛束があるのでふわっとした立体感が出ます。この裾とトップのボリューム感が丸顔をカバーするカギに。カラーは10トーンのアッシュ系になじみのいい細かいハイライトをon。ハイライトで表面の立体感が際立ち、こなれ感と軽やかさがプラスされます。またヌケ感のあるカラーにすることでより大人っぽい印象にも。

かっこよく決まる大人ボブスタイル

\How to スタイリング/

・乾かすとき、トップの根元を左右に搔き上げながら乾かすと自然な立体感が出て◎。乾かす前には裾にオイルを揉み込んで保湿することも大切です。ベースのケアをきちんとした上で、ややパサッと仕上がるパウダー系のスプレーワックスで毛先を動かしましょう。きれいにまとめ過ぎないラフなボブは大人の余裕を演出します。

・またこのボブはサングラスやハットなど小物とも相性抜群。顔型をカバーするだけでなく雰囲気チェンジにも一役買います。ベースが上品な内巻きなので、どんなアイテムを合わせてもクドくならずおすすめです!

丸顔&幼顔は「前髪なし×立体感」で作る“計算的大人ボブ”がおすすめ!

ワンレンベース×大胆かきあげクールスタイル

ワンレンベース×大胆かきあげクールスタイル

\ヘアスタイルのポイント/

・丸顔は幼く見えがちでコンプレックスに思う人は多いはず。よく、顔周りに縦のラインを作ると大人顔に…とは言いますが、それだけで本当に大人っぽく見えるのでしょうか? 確かに丸い輪郭を隠すと面長に見え大人顔に。顔周りの毛束をさりげなくリバース巻きすると、大人カッコいい雰囲気に。でも丸顔で幼顔の人が本当に欲しいのは輪郭の大人っぽさだけでなく、女性らしい色っぽさもあるはず。

・色っぽさがあるとそれだけで大人な印象を与えます。そんな丸顔&幼顔におすすめしたい、色っぽ系の大人かっこいいボブをご紹介。こちらの、トップが高くあごラインにボリュームのある三角形ボブに注目です。かき上げ前髪のようなスタイルで顔周りを隠しつつ、裾のくしゅっとした浮遊感で色気を出します。顔周りの毛束をさりげなくリバース巻きすると、大人カッコいい雰囲気に。

・ボブはひし形だとかわいく見えがちですが、三角形にするとグッと大人っぽい印象に。さらにカラーをマット系のくすんだ色にすると、こなれ感がありつつ落ち着き感が出ます。丸顔や幼顔は、輪郭を隠すだけでなく雰囲気で大人っぽさを見せる必要あり。三角形ボブは気になる部分をカバーしつつ色気も演出する、大人カッコいいを目指す女性のためのスタイルです!

\How to ベース&カラー/

・あご下でカットした平行ラインのワンレンベース。耳後ろからバックの裾のボリュームを抑えるとおしゃれに見えるため、襟足の毛をサイドより1㎝短くカットします。浮遊感ある毛束を作りやすいよう、表面にほんのりレイヤーを。

・カラーは落ち着きのある、9トーンのグレーマット。マットでくすませると、アッシュでくすませるようも柔らかな質感になり毛先にヌケ感ができます。

ワンレンベース×大胆かきあげクールスタイル

\How to スタイリング/

・トップの立ち上げは乾かし方にコツあり。まず、ぬれた状態で分けたい方向と反対側に毛束をもっていき、8〜9割乾かします。それから分けたい方向に毛束を持っていくと、ふわっとした立ち上げトップに。裾は全体を表面と内側の毛束に分けます。

・それぞれざっくり毛束を取り、アイロンで内外交互に1.5回転巻きます。顔周りの毛束はゆるくリバース巻きに。しっかり巻かず、ラフに巻くのがポイントです。シアバター系のワックスを手のひらになじませ、全体の毛束を持ち上げながら巻きをしっかりほぐします。

・裾に空気を入れるようにスタイリングすると、浮遊感ある三角形のシルエットに。毛束は崩すのでアイロンはざっくり巻けばよく、スタイリングは簡単です。丸顔や幼顔の人だけでなく、色っぽい大人髪を目指す人にもぜひTRYしてほしいボブです!

前髪なしの“色っぽ三角形ボブ”で、丸顔&幼顔をカバーした大人かっこいい女性に!

アシメフォルムが色っぽい外ハネボブ

アシンメトリーが色っぽい外ハネボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・髪は短いより長い方が女性らしい? ボブで色気を出すのは難しい? いいえ、そんなことはありません。印象を決める顔周りの毛先次第で、女性らしさや色っぽさは引き出せます。

・ボブなら毛先をランダムに動かす、片側だけ耳掛けをするなどでグンと色っぽい印象に。この“片側だけ耳掛け”はとても重要で、しっかり見えている顔半分できちんと感を、髪がかかって見えていないもう半分の顔で大人の危うさを感じさせます。この相反する左右の表情が、色っぽさを漂わせるカギになります。裾に外ハネをプラスすると大人っぽさUP。

\How to ベース&カラー/

・表面にレイヤーを入れた、肩上のグラデーションボブベース。前髪は8:2で分け、リップラインでカットします。前髪とサイドを繋げないことで、顔周りの動きを出しやすくなります。

・全体の毛先から中間にかけて細めのロッドで内外MIXしてパーマを。毛先がランダムに動き大人っぽくなります。カラーは8トーンのパールブラウンで、内側のみ11トーンのブラウンで。パッと見はツヤのある上品ブラウンですが、内側の毛先からチラッとハイトーンカラーを覗かせることで都会的な遊び心をプラスします。

アシンメトリーが色っぽい外ハネボブ
\How to スタイリング/

・ドライヤーでまず根元をしっかり乾かします。毛先はパーマで作ったカールを持ち上げながら軽く乾かして。毛先にカール用ムースを揉み込みランダムな動きを出します。裾に外ハネをプラスして、全体が丸いシルエットにならないように意識する大人っぽい印象に。

・前髪は根元を持ち上げキープスプレーを吹きかけ、毛先はサイドに流します。片側を耳にかけてすっきりさせれば完成です。あえて左右をアンバランスにし、キメ過ぎないように作るのが色っぽさを引き出すポイント。またパーマをかけているのでスタイリングに時間がかからず、忙しい女性にもおすすめできる時短ヘアです。

アシンメトリーで魅せる “外ハネ耳かけボブ”で色っぽいい女!

ワンカールがポイントのクール系ボブ

アシメに分けたクール系ボブ
\SIDE/

アシメに分けたクール系ボブ

アシメに分けたクール系ボブ
\How to/

アシメに分けたクール系ボブ
【STEP1】
・38㎜のアイロンに、毛先を入れ込んで平巻きで内側に1回転させる。
・全体の毛先をくるんと柔らかな内巻きカールに。

アシメに分けたクール系ボブ
【STEP2】
・内巻きカールをつけたすぐ上の部分を、外側から挟まずにアイロンをなでるように当てる。
・ボリュームを熱で抑えるように。

アシメに分けたクール系ボブ
【STEP2】の仕上がり。内巻きカールの上の部分が少しへこんで、緩いS字カーブを描き、カールがより強調される。

アシメに分けたクール系ボブ
【STEP3】
・くしの柄を使って、分け目をつける。
・正面から後方へまっすぐ分けると、分けたパートがアシメトリーになりスタイリッシュ。

アシメに分けたクール系ボブ
【STEP4】
・トリートメントとワックスを混ぜて、分け目からトップの毛に毛流れに沿ってつけ、ピタッと押さえる。
・クールな仕上がりに。

ストレート&ワンカールのクール系 水原希子ボブ

オン眉アシメ前髪×ボブでおしゃれ度高め

アシンメトリーバングスは狭いおでこの人が似合う!

狭い額の方は小さなおでこを誤魔化すために、レイヤーを入れて斜めに前髪を下ろします。サイドの前髪が頬骨にかかるぐらいの斜めに流れるカットにして下さい。狭い額が隠れてメリハリのある顔立ちになります。

石原さとみも前髪であか抜けた!顔型別「似合うバングス」丸わかり

短めアシメ前髪×大人かわいいショートボブ

短めのアシメ前髪で大人かわいいショートボブ
短め流し前髪で大人かわいいピュアガール。

\SIDE/

短めのアシメ前髪で大人かわいいショートボブ
\How to/

短めのアシメ前髪で大人かわいいショートボブ
【STEP1】
・ドライヤーの熱とブラシで前髪を押さえつける。
・前髪の浮きを抑えて、ペッタリさせるのがポイント。
・水スプレーを使って前髪を根元からしっかりぬらした後、ブラシでやや斜めに毛流れを作りながら押さえつけ、上からドライヤーを当ててしっかり乾かして。

短めのアシメ前髪で大人かわいいショートボブ
【STEP2】
・ややセット力のあるワックスを使って毛束感を作る。
・ギザギザとした存在感のある毛束が作れる、やや固めのファイバーワックスを用意。
・親指と人さし指になじませたら、毛束をラフにつまんで中間から毛先につける。
・斜め下へ軽く引っ張りながらつけ、ボリュームも抑えて。

短め流し前髪で大人かわいいピュアガール

チビアシメバング×ミディアムボブ

短めアシメ前髪×ミディアムワンカール
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪のいちばん短い所を眉上2cmに設定したら、毛先を間引くようにアシメトリーにカット。
・逆サイドは耳につなぐようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。
・全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。

\SIDE/

短めアシメ前髪×ミディアムワンカール

ミディアムなら、毛先に大きめワンカールが大人っぽくハマる

アシンメトリーシルエットのヘアアレンジ術

ヘアピンをプラスするだけでかわいさ底上げ

ヘアピンをプラスするだけでかわいさ底上げ

アシンメトリーサイドねじり。

\FRONT/

ヘアピンをプラスするだけでかわいさ底上げ

ヘアピンをプラスするだけでかわいさ底上げ

トップの毛束を取り少しずつ髪を拾いながら外側にねじり、耳上でピンで固定。

アシンメトリーサイドねじり

9対1に分けたアシメでイメチェン!ショートボブ

9対1に分けたアシメでイメチェン!ショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・ウェットアシメでクール美人。
・いつもと違うスタイリング剤で質感を変え、いつもと違う分け目にするだけで全くイメージが変わります!
・髪が落ち着くので、湿気による広がりもカバー。

\SIDE/

9対1に分けたアシメでイメチェン!ショートボブ
\How to/

9対1に分けたアシメでイメチェン!ショートボブ
【STEP1】
・ワンプッシュ分のジェルを手に広げる。
・フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。

9対1に分けたアシメでイメチェン!ショートボブ
【STEP2】
・9:1の横分けにする。
・髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。

ショートヘアの簡単イメチェン|梅雨の湿気による髪の広がりをカバー!

大人の女性に似合うメリハリアレンジ

アシンメトリーなシルエットでメリハリアレンジ
\ヘアスタイルのポイント/

・トップはふんわり、片サイドはタイトにしたシルエットなら、いつものショートがスタイリッシュに変身。
・クールな魅力をまとわせて大人っぽく。

\How to/

アシンメトリーなシルエットでメリハリアレンジ
【STEP1】
・トップの根元に、コームで逆毛を作る。
・前髪を横分けにし、逆毛の上からふわっとかぶせて立体感を演出。

アシンメトリーなシルエットでメリハリアレンジ
【STEP2】
・少ない方のサイドの髪をタイトに押さえてピン留め。
・逆サイドはボリュームを出してメリハリシルエットに。

メリハリを効かせたおしゃれな アシメシルエットでショッピングに

ショートボブでもできる大胆に分けたアシメハーフアップ

ショートボブでもできる大胆に分けたアシメハーフアップ
アシメトリーに半分上げる のが、今っぽいおしゃれ感。

\How to/

ショートボブでもできる大胆に分けたアシメハーフアップ
【STEP1】
・サイドの髪をねじって ピンで固定する。左のこめかみ横の毛束を取って外側にねじる。
・さらに少し下の毛束を細めに取り外側にねじって、2本合わせて左耳後ろでピンで固定。

ショートボブでもできる大胆に分けたアシメハーフアップ
【STEP2】
・ねじった毛束と下の髪 を飾りピンで留める。
・左の襟足の髪をすくい上げ1で留めた毛束と合わせて左耳の後ろで飾りピンで留める。
・左側だけすっきり上がったアシンメトリーな形に。

ショートボブでもできる大胆に分けたアシメハーフアップ
【STEP3】
・留めていない方の髪 をふんわりほぐす。
・右側の下ろした髪の毛をほぐして空気を含ませる。
・飾りピンですっきりまとめた左側に対して、右側のダウンヘアはふんわりと仕上げて。

ざくっと大胆 ハーフアップ

インパクトビジューと相性抜群な大胆分け

長め前髪×大胆なアシメアレンジ
\ヘアスタイルのポイント/

・大胆なバランス感が潔くておしゃれ!媚びない色気もふわり。
・アシンメトリーに分け目をとることでスタイルに段差が生まれ、巻かなくても動きが出るように。
・その毛流れに合わせ、前髪も斜めに流します。

\SIDE/

長め前髪×大胆なアシメアレンジ
\How to/

長め前髪×大胆なアシメアレンジ
【STEP1】
・アシンメトリーに分け目をとることでスタイルに段差が生まれ、巻かなくても動きが出るように。
・その毛流れに合わせ、前髪も斜めに流します。

長め前髪×大胆なアシメアレンジ
【STEP2】
・毛量が少ない方のサイドの髪を上下2段に分け、それぞれの毛束をねじってアメピンで固定。
・大きめのバレッタをつけてアメピンを隠します。

長め前髪×大胆なアシメアレンジ
【STEP3】
・ファイバーワックスを毛先中心にもみ込み、空気感と毛束感をメーク。
・コンサバな中にもカジュアルな雰囲気が生まれおしゃれ度UP。

イベントが楽しくなる たった3分ヘアアレンジ

サイドに思い切りたらした長め前髪がセクシー

長め前髪をサイドに思い切りたらしたアシメアレンジ
ハンサムな色気が 印象に残る アシメトリーヘア。

\SIDE/

長め前髪をサイドに思い切りたらしたアシメアレンジ
\How to/

長め前髪をサイドに思い切りたらしたアシメアレンジ
【STEP1】
・1:9の割合で前髪を分けてアシメトリーに。
・ヘアワックスを薄くなじませた後、前髪の根元から手ぐしを入れ、1:9の割合に分けます。
・直毛の人は、分量が多い方の前髪だけ軽く巻いて動きをつけて。

長め前髪をサイドに思い切りたらしたアシメアレンジ
【STEP2】
・耳から上の髪をまとめて中央でハーフアップに。
・分量が多い方の前髪を残して両側の耳の上から毛束を取り始め、中央で結んでまとめます。
・結び目が隠れるヘアアクセを使うのもコツ。

長め前髪をサイドに思い切りたらしたアシメアレンジ
【STEP3】
・前髪の半分を耳にかけて美しい毛流れを作る。
・残しておいた分量の多い方の前髪を半分だけ、耳にかけます。
・ハーフアップの毛流れと自然につながり、より洗練された雰囲気に。

ドキッとさせるハーフアップ!【ボブStyle 】

ミディアムヘアで作るサイドアップ

ミディアムヘアで作るアシンメトリーなサイドアップ
\ヘアスタイルのポイント/

・左右の毛量をアンバランスにするだけで、髪のうねりやハネがニュアンスに。
・トップに高さが出るので、湿気で髪がつぶれやすい人にもおすすめです。

\SIDE/

ミディアムヘアで作るアシンメトリーなサイドアップ

ミディアムヘアで作るアシンメトリーなサイドアップ
\How to/

・6:4の割合で分け目をとったら、毛量が少ない方のこめかみの毛束を上下にふたつに分け、それぞれをねじってピンで留める。
・ソフトワックスをなじませた手のひらで前髪を斜めに流した後、毛先にも手ぐしを通して毛束感をつけるのがコツ。

くせやうねりが気になるこの時季おすすめのヘアアレンジ!~動画つき~

くるりんぱで作るアシメアレンジ

くるりんぱで作るアシメアレンジ
\SIDE/

くるりんぱで作るアシメアレンジ
\How to/

・6:4の割合で分け目をとったら、毛量が少ない方のこめかみの毛束を上下にふたつに分け、それぞれをねじってピンで留める。
・ソフトワックスをなじませた手のひらで前髪を斜めに流した後、毛先にも手ぐしを通して毛束感をつけるのがコツ。

くるりんぱで作るアシメアレンジ
【STEP1】
・前髪をいつもの分け目と反対側にかきあげる。
・分け目をビシッと出すと幼く見えるので、分け目と反対側に髪をかきあげて、根元をふんわりと。

くるりんぱで作るアシメアレンジ
【STEP2】
・アレンジする髪をジグザグに取って。
・1段目の分け目をジグザグに取ると、“くるりんぱ”したときの“地肌見え”の予防に。
・2段目も同様に行って。

ミディアムくるりんぱ1

サイドをねじって留めるだけのアシメアレンジ

サイドをねじって留めるだけのアシメアレンジ
\ヘアスタイルのポイント/

・片サイドの髪を耳にかけてフェースラインを出し、メリハリのあるフォルムに。
・顔に陰影がついて、大人めフェミニンなムードがチラリ。

\SIDE/

サイドをねじって留めるだけのアシメアレンジ
\How to/

サイドをねじって留めるだけのアシメアレンジ
【STEP1】
・前髪を9:1の大胆なサイドパートにする。
・根元からしっかりと髪をかき分けてからしばらく手で押さえ、くせをつけて。

サイドをねじって留めるだけのアシメアレンジ
【STEP2】
・分け目側のサイドの髪を、後ろ向きにねじりながら耳にかけて飾りピンで固定。
・おしゃれなニュアンスをプラスする。

外出先でもささっとできちゃう夏ヘアアレンジ~サイドねじり留め~

後ろ姿も美しい!アンバランスアップアレンジ

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

\BACK/

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

\SIDE/

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

\How to/

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

【STEP1】
・ねじった毛束を絡み合わせる。
・左サイドの髪をふたつに分け、それぞれをねじった後に絡み合わせて毛先をゴムで結ぶ。
・残りも同様にねじり、交差させて。

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

【STEP2】
・お団子にするように毛束を丸めて固定。
・太い毛束を左に寄せながら丸め、ピンで固定する。
・もう片方の毛束はふたつ折りにし、耳後ろでピンで留める。

ねじって作るアシメなルーズアップアレンジ

【STEP3】
・程よくくずしてさらに色っぽく!
・最後にくずれ落ちないように部分的に手で押さえながら、指で毛束をランダムにつまんでほぐし、ルーズに仕上げる。
・仕上げに飾りピンを左耳の上につけて完成。

ルーズでアシメトリーなねじりアレンジで清潔感のある色っぽさを演出!

短めボブの華やかなまとめ髪

短めボブの華やかなまとめ髪

アシメトリーにねじり上げてカムフラージュ。

\SIDE/

短めボブの華やかなまとめ髪

\BACK/

短めボブの華やかなまとめ髪

\How to/

短めボブの華やかなまとめ髪

【STEP1】
・前髪を軽くねじり耳上でピンを留める。
・全体に薄くワックスをもみ込んだ後、前髪を7:3の割合で分ける。
・量の多い毛束の毛先側を1回転半程、外巻きにねじり、耳の上でピンで固定。

短めボブの華やかなまとめ髪

【STEP2】
・両側の毛束をねじり右側の襟足で固定。
・残りの髪を右に寄せた後、毛束をふたつに分ける。
・右は耳上から、左は耳下から毛束を取り、それぞれ右の襟足まで外巻きにねじり、ピンで固定。

短めボブの華やかなまとめ髪

【STEP3】
・毛先までねじって交差させて留める。
・右の毛束を毛先まで外巻きにねじり、左の毛束の上でピンを挿して固定。
・左の毛束も同様にねじり、右の毛束の上で留めて交差させれば完成!

梅雨に負けないヘアアレンジ<ねじる×ボブヘア>

アシメボブ風アレンジでパーティーへ

アシメボブ風アレンジでパーティーへ
\SIDE/

アシメボブ風アレンジでパーティーへ
\BACK/

アシメボブ風アレンジでパーティーへ
\How to/

アシメボブ風アレンジでパーティーへ
【STEP1】
・“ゆる”&“キュッ”でメリハリを。
・手ぐしで髪全体を後ろにかき集め、襟足より下でひとつにまとめる。
・サイドに緩みをもたせながら、結び目はキュッとしっかり結ぶのが成功のコツ。

アシメボブ風アレンジでパーティーへ
【STEP2】
・くるんとまとめピンで 固定する。
・①でまとめた毛束を内側にくるんと折り込むようにして、内側でピンで固定する。
・見えないようにピンを多めに留め、取れないようにキープ。ボブ風に。

アシメボブ風アレンジでパーティーへ
【STEP3】
・毛束を ランダムに 引き出す。
・結び目を片手で押さえながら、毛束を少しずつ引き出し、全体に空気感をプラス。
・片サイドを羽根のヘッドドレスで留めて、アシメトリー風にして完成。

アシメトリーな スタイルが今どき ! くるんと ボブ風まとめ

サイドに寄せたアシメハーフアップアレンジ

サイドに寄せたアシメハーフアップアレンジ
短くてもキュッとまとめて、ハンサム美人な雰囲気に。

\How to/

サイドに寄せたアシメハーフアップアレンジ
【STEP1】
・トップの毛束を 手グシで膨らませる。
・両目尻の幅で前髪~トップの毛束を取り、手グシで空気を含ませる。
・指の間を大きく開いて大胆に髪に通すことで束感と立体感を出す。

サイドに寄せたアシメハーフアップアレンジ
【STEP2】
・くるりとひねって 前髪にポンパドールを。
・上に持ち上げた毛束を1度後ろにもっていってから一ひねりして前に戻し、ピンで留める。
・ふわくしゃのポンパドール風の前髪に。

サイドに寄せたアシメハーフアップアレンジ
【STEP3】
・手グシで全体の毛束を 集めクリップで留める。
・ざっくりと手グシで両サイドから髪を集めて、左の耳後ろでクリップで留める。
・サイド寄せでアシメトリーにするとおしゃれ感UP。

ざっくりサイドハーフアップ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事