ズルいコスメ
2019.7.24

今年、選ぶべきボディケアは 「なりたい体」になれるものを【美的GRAND編集長・ズルいコスメ vol.46】

今年、選ぶべきボディケアは「なりたい体」になれるものを

ボディ肌は顔よりも劣化が早いこと、知ってました?
季節柄、ボディケアのサンプルが多く送られてきます。肌質を変えるものから脂肪燃焼系まで、最新テクノロジーが惜しげもなく投入され、今年のボディケアはパワーアップしています。ボディものが進化する一方で、体に対する女性の意識はわりと低めで、ケアもなおざりにしがち。ボディは顔程に老化を感じにくいからでしょう。

ずいぶん昔の話になりますが、俳優マイケル・ダグラスが10万円超えの大容量クレーム・ドゥ・ラ・メールを全身くまなく使用しているという噂がありました。さすがハリウッド、贅沢レベルが違います。決してマネはできないけれど、ボディのお手入れも抜かりなく行うダグラスさんの美意識の高さ、見習いたいものです。

ボディケアを怠ると、早い時期に肌質が劣化してきます。ボディは顔と比べものにならないくらいの乾燥地帯だからです。皮脂腺が少ない、皮膚が厚いなど、自ら潤う力も潤いをため込む力も弱い。ボディケアは季節に限らず、顔並みに注力していくべき箇所です。

今年、進化著しいボディケアもの。どうせなら高い保湿力と共に、なりたいボディを目指せるものがおすすめです。

kd_dsc7795-4_2

A.セットで使うことでスリム&ハリ肌が手に入る
パウダーとクリームのダブル使いで、脂肪燃焼と潤い肌の両方を得られるセット。ボディの皮膚の特性を考慮した濃密処方で、クリームはハリ感のある肌が手に入る。アウトバス使用。
MTG MDNA SKINボディケアセット フィニシングボディクリーム ¥8,000(限定品/セット価格)

B.スクラブでしなやかボディ&精油の香りで疲れを一掃
シャンコンでも人気のブランドから発売されたボディスクラブ。ゴワついた肌も柔らかくしなやかに。特筆すべきは配合された精油の香り。心身ともに疲れを一掃する効果が。
ザ パブリック オーガニック 精油ボディスクラブスーパーリフレッシュ ¥1,600(問カラーズ)

C.吸いつくようななめらかな肌感に
ボディ特有のブツブツザラザラは不要な角層の詰まりが原因。これをすっきりと解消するインバス用のクレイ。毎日の使用で、ツルッとしたなめらかボディが手に入る。
イプサ ルミナイジング ボディクレイ ¥3,800

今月聞かれたコスメ

Q.今日は顔つきがキリッとしてますね

(『美的』編集部 佐藤恵理さんの言葉)

A.眉尻が消えると顔つきまでが変わる
やってきました、汗かきのシーズン。私の場合顔汗が激しく、特に額がびっしょり。額の汗は、焦っているのか窮地に追い込まれているのか、とにかく冷静な人に見えないのが悲しい。さらに悲しいのは汗で眉がなくなること。ウォータープルーフであっても、眉は午前中になくなります。そんな私の汗にも負けないのがこのアイテム。眉メイクの最後に一塗りして眉をコーティング。1日たっても眉尻は無事。もう手放せないです。
kd_img_2827
カバーマーク リアルフィニッシュ ラスティング アイブロウ ¥2,500

 

%e6%b5%81%e7%94%a8kd_eos-1d-x_4635%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%9f%8b%e3%82%81%e8%bc%aa%e9%83%ada
美容エディター
天野佳代子
『美的GRAND』編集長・美容エディター。『美的』創刊メンバー。幼い頃からコスメ好きで、親の目を盗んでは近所の化粧品店に入り浸っていた過去をもつ。美容編集者歴34年。62歳。

『美的』8月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、吉澤康夫(静物) 企画/石山照実(Beautyeditor) 構成/天野佳代子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事