渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2022.5.19

容器にはじまり水やリサイクル下取りまで…uka(ウカ)が取り組むサスティナブルビューティ【渡辺佳子さん連載vol.236】

廃棄プラスチックの処理問題、海に漂流するマイクロプラスチックの危険性など、いま私たちを取り巻く環境の現実を見つめ、国産ブランドのukaが本格的なサステナブル体制へシフトチェンジしています。ナチュラルなトータルビューティーの一環として、少しずつ実践している多方面からの試みは、共感できるものばかり。uka CEO の渡邉弘幸さんに詳細を伺ってきましたので、内容をシェアしたいと思います。

uka

まず、uka(ウカ)は、2021年3月にヘアケアの主力製品である「uka ヘッドセラピーシリーズ」をバイオマス容器にリニューアルしました。リニューアルに際して、ボトルがポンプ式の400mLに変わり、リピートはリフィル購入でボトルに詰め替えるサステナブルなスタイルに。パッケージには、持続可能なサトウキビ由来のバイオマスを採用。これによって、石油由来の樹脂の使用量を低減することができますし、リフィル化によって、一般的なプラスティック容器を使う場合と比較すると約53%まで二酸化炭素の排出量を軽減できている計算に。

リニューアルされた容器を、これからの汗をかく季節に活躍してくれるアイテムで改めてご紹介しますね。シャンプー前に「頭皮をクレンジング」できるスペシャルケアです。ガゴメエキスやセンブリエキス配合で頭皮のコンディションも整えるもので、天然由来原料96%。

リサイズ用_2

uka スカルプクレンジング ディープ&ライト(チャビーボトル)400mL ¥5,225
ホーム使用のボトルはポンプ式に。容器素材のバイオマス度 約30%

リサイズ用_2

uka スカルプクレンジング ディープ&ライト リフィル 300mL ¥3,575
詰め替え用のリフィルです。容器素材のバイオマス度 約43%

リサイズ用_2

uka スカルプクレンジング ディープ & ライト(スキニーボトル)100mL ¥1,650
お試しや持ち運びに便利なスキニーボトル、容器素材のバイオマス度 約72%

 

次に2021年8月に発売になった、かゆみ対策の「uka シャンプー アンチイッチ」。

uka_%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc

uka シャンプー アンチイッチ チャビーボトル 400mL ¥6,050(左)、スキニーボトル 100mL ¥1,980(右)

京丹波のクロモジから抽出したクロモジウォーターをキー成分に、肌に刺激を与えない優しい処方にこだわって開発されました。ヤシの実由来の界面活性剤を選び、セイヨウハッカ油、アトラスシダー、ローズマリー葉油を配合の天然由来成分98%。やわらかく穏やかな使用感でとても気持ちよく洗い上げることができます。香りはミント、ローズマリー、シダーウッドのブレンドで、清涼感のなかにほんの少し甘さを感じる香調。

容器は最初からバイオマス素材での展開でした。リフィルについてもただいま鋭意、製作中で、近々展開される予定になっています。

容器仕様の変更はukaだけで実現できるプロジェクトではありません。なぜなら。従来のボトル容器へ製品を詰めるのと、リフィルの袋に詰めるのとでは充填の方法が全く違ってくるため。ですから、容器を作るサプライヤーさんと一緒に取り組む必要がありました。店舗での旧製品との入れ替え作業や在庫調整も必須なため、焦らず、3年ほどの準備期間を設け、じっくり時間をかけてようやく実現できたプロジェクトだそうです。そして、次のステップとして2022年5月26日からは「uka フォーメン」のシャンプーシリーズもバイオマスパッケージになります。

uka-%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%b3

製品だけでなくサロンもサステナブルな配慮が始まりました。ゲストに供給し廃棄されていたペットボトルの数は月に6000本にものぼっていました。これを削減する取り組みとして、全直営サロン内にウォーターサーバーを設置。安心な水を作り出す、高性能な浄水カートリッジを採用して、水道直結式ながら、水道水に含まれるミネラルはそのままに安心安全な美味しい水を給水できる仕組みです。

サロン利用者はマイボトルを持ち込んでもよいですし、ukaのエコロゴがあしらわれたオリジナルのボトルを購入して給水することもできます。サロンとしてここまで取り組んでいるのはとてもレアな例だと思いますけれど、業界全体にこういう意識が広まっていくとよいですよね。

uka_%e6%b0%b4bottle_1029

uka ミズボトル  330円
原料の約30%が植物由来のバイオマスで作られています。ペットボトル廃棄を減らす取り組みのひとつ。

uka 東京ミッドタウン六本木店に隣接するukafeは、イートインのほかにデリバリーが充実。いち早くプラ容器を廃止しました。

%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%b3

そして、コンポストを導入し、ベランダの菜園で育てている野菜やハーブを料理やドリンクに使っています。コンポストとは、調理過程で出た生ゴミを捨てずに乾燥させて粉砕し自家菜園の有機肥料として活用するものです。

img_9822-1

 

最後に、大人気の「uka スカルプブラシ ケンザン」の回収システムについても。

リサイズ用

uka スカルプブラシ ケンザン ¥2,200〜¥2,420

シャンプー時に頭皮をマッサージしてケアするだけでなく、コリをほぐすマッサージや頭皮のツボ刺激が簡単にできるため大人気。2個使いでシャンプーするマニアも多いようです。「ソフト」や「バリカタ」と硬さレベルが選べますし、オンラインでは各店舗オリジナルカラーの「ミディアム」も揃います。

愛用しているブラシの突起が摩耗して丸くなり買い換えとなったときに、リサイクル下取り&回収に協力すると、500ポイントをバックする循環型エコスタイルがスタートしています。回収用のボックスは、以前使っていた1000mLボトルを再利用して作られたもの。回収したケンザンは今後なにかアップサイクルして活用できないかを検討しているそうです。500ポイントバックはなかなかに太っ腹ですし、リサイクルに出したものがアップサイクルでどのように生まれ変わるのか追って行くのも楽しみですよね。

 

いかがでしょうか。気づいた人から、気づいたところから、できる範囲でのアクションを始めてみれば、次の世代によりよい環境を引き継ぐことができるかもしれないと感じます。コンポスト導入で育てた野菜を使ったデリを頼んでみる、サロンでマイボトル+給水で過ごしてみる、バイオマス容器のヘアケアに切り替えてみるなど、どんな方向からでも一緒に流れに乗ることができそうです。身近なところからライフスタイルを変えてみようという気持ちにさせれくてるukaのチャレンジを、今後も応援していきたいと思っています。

さらに詳しいことは公式HPでどうぞ => https://uka.co.jp

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事