Other
2011.12.21

杉本彩さんの連載「本気美道」vol.3┃アルゼンチンタンゴは男女関係の機微まで教えてくれる

杉本彩さんによる連載記事です。今回はアルゼンチンタンゴにについて。30歳の頃からアルゼンチンタンゴに夢中になったという杉本彩さん。その魅力とは?

ステージで踊る杉本彩さん。「ダンスで官能を表現し、観る人の本能を覚醒させることが喜び!」

Q:仕事で社交ダンスに出会ったことがきっかけで、30歳の頃からアルゼンチンタンゴに夢中になったという杉本彩さん。その魅力とは?

「大げさな言い方かも知れないけれど、タンゴは“人生を背負った踊り”なんですよね。年齢を重ねて精神的に成熟するほど、踊りに味わいが出てくる。それに、とても官能的なダンスですから、女性が自分を解放して、セクシーであればあるほど評価される。“女性であることはこんなに楽しくて心地いい!”ということを実感できるんです。それにね、ダンスを踊っていると男と女の在り方というのかしら。男性の扱い方も自然と身についてくるんですよ」(杉本彩さん)

Q:上手な男性の扱い方、ぜひ知りたいです!

「ダンスでは、リーダーは男性。どこで方向を変えるかとか、男性は全体を常に把握して、女性を危険な目に合わせないように目配りすることが求められます。女性は男性に導かれて、初めて安心して美しく踊ることができるんですね。私は男勝りなところがあるから、ダンスでもつい自分がイニシアチブを取ろうとしてしまうんです。でも、女性が我を通すと傍からみたら調和が悪くて、実際、踊りも小さくなってしまうことを学びました。これって恋愛や夫婦関係も一緒じゃないかしら。男性がリードして、女性が男性の足りない部分をフォローすることで上手くいく。もしタンゴをやっていなかったら、私はもっと強引な女になっていたと思います(笑)」(杉本彩さん)

■杉本彩 公式ブログ
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事