スキンケアニュース
2020.11.2

総額9万円オーバー! それでも「ポーラ B.A」をライン使いする価値とは?

これまであったラインの強化や全く新しいラインのデビューも行われた今季のスキンケア。数え切れない程新作はありますが、今回はポーラPR担当の山崎真理子さんにお話を伺いました。

PR担当者に聞く!POLA B.Aを“ライン使い”する価値とは?

自分を慈しむようなお手入れで、膨潤ハリ肌へ
ポーラで最も支持を集めるエイジングケアブランド「B.A」のべーシックアイテムが、5年ぶりに進化し、第6世代が誕生。ヒトの美しさの可能性の98%は眠っているという、遺伝子学に基づく考え方で研究を進め、コラーゲンなど肌のハリの素を生み出す『線維芽細胞』の遺伝子のスイッチを一斉にONにする成分を発見。使い続けることでハリに満ちた肌へと導かれるという、希望に満ちた全5品のラインアップです。

「イチオシはローション。新『B.A』の基本機能はもちろん、肌の潤いのカギである細胞間脂質の産生をサポートする処方でミルク並みの潤いキープ力も。シプレフローラルをべースにした香りは、お手入れタイムを自分を慈しむ時間へと昇華させます」(山崎さん)

\いちばん人気のローションに、ハーフサイズが登場!/
202012gp176-16「B.A」で圧倒的支持を集めるローションは、より浸透力高く、内側からふっくら膨らむようなテクスチャーになって進化。初めての人はハーフサイズから!
右/ポーラ B.A ローション ハーフサイズ 60ml ¥11,000
左/同 ローション 120ml ¥20,000

ローションの詳細・購入はこちら

ヒトの後天的変化「エピゲノム」に着目

202012gp174-1
双子が成長につれ容姿にも性質にも差異が出るように、遺伝子の発現の環境的変化を「エピゲノム」という。この理論から、眠っている遺伝子のスイッチに着目。(画像提供/ポーラ)

\New line up/
アイテムごとに香り立ちが異なり、ラインで使用することで「シプレフローラル」のブーケが完成するような楽しさが。クレンジングや洗顔の、一度使えば誰もが感動する高機能ぶりもさらに進化。

202012gp174-2
ポーラ B.A クレンジングクリーム 130g ¥10,000

クレンジングクリームの詳細・購入はこちら

202012gp174-3
同 ウォッシュ 100g ¥10,000

ウォッシュの詳細はこちら

202012gp174-4
同 ミルク 80ml ¥20,000

ミルクの詳細はこちら

202012gp174-5
同 クリーム 30g ¥32,000

クリームの詳細はこちら

『美的』12月号掲載
撮影/渡邉宏基 構成/大塚真里

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事