メイクHOW TO
2021.12.17

誰でも必ず「美人に見える」眉の形があるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“眉毛”について。誰でも必ず「美人に見える」眉の形があるって…ウソ? ホント? アイブロウサロンmimeの駒村よしみさんにお答えいただきます。

Q:誰でも必ず「美人に見える」眉の形があるってホント?

眉毛は時代を移す鏡。トレンドによって、アーチや平行眉など、形や太さが変化していますよね。しかし、流行の眉毛の形が自分に似合うと限りません。実は、眉毛には、誰でも必ず美人に見える、“黄金比のベストな眉”があるのだとか。本当なのでしょうか。

さっそく、この疑問を駒村さんにぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ホント

「自分の眉毛の骨格を見極めて眉毛の形をつくれば、美人に見えます」(駒村さん・以下「」内同)

なぜ、眉毛の骨格がポイントになるの?

「眉毛の骨格とは、眉骨のことを指します。この眉骨に沿って、眉頭、眉山、眉尻の各ポイントがあります。ただ眉毛を描くのではなく、骨格に合わせて眉頭、眉山、眉尻をつくっていくことで、より自然で美しい眉毛に仕上げることができます。

反対に骨格に合わない眉毛を作ると、表情や筋肉のズレが生じて、違和感や不自然さのある眉毛になってしまいます」

美人眉の作り方は?

「眉頭、眉山、眉尻を正しい位置にとることで、骨格に合った眉毛を作ることができます。

mimeでは、眉頭は、小鼻の延長線上。眉山は、鼻の中心から黒目の中心を通った延長線上。眉尻は、下唇の中央から目尻を通った延長線上を基本としています。

ご自身でメイクをするときは、長いペンシルや筆などで計って薄く目印をつけておくことで、迷わずにキレイな形作りをすることができますよ」

Check
  • 眉頭は、小鼻の延長線上
  • 眉山は、鼻の中心から黒目の中心を通った延長線上
  • 眉尻は、下唇の中央から目尻を通った延長線上

サロンでの施術内容は?

「まず正面からお客様の眉毛の形を見せていただき、表情や話しているときの眉毛の上がり方や癖、筋肉の動きをチェックします。その後、ゆるやかなアーチ型がいいなど、どんな眉毛が希望か? カウンセリングします。

次に、椅子を倒してあお向けになった状態で、骨格と眉の生え方を見ていきます。そして眉頭、眉山、眉尻の3点をとり、骨格に合った眉毛の形をつくり、黒く型どりします。

流行を取り入れたいというご希望がある場合は、一度スタイリストが骨格に合った眉毛を作り、そこから流行やお客様のご希望に沿った眉毛を微調整していきます。

そしてこの状態で、一度お客様にこの形で良いか? 確認します。形がOKでしたら、型どりした周りから生えている余分な毛をワックスで除去していきます。その後、毛抜きで生えグセ等を調整し、形を整えます。お客様に見えていただき、形がOKでしたら、仕上げに足りない箇所をパウダーやペンシルで書き足し、ジェルを使ってスタイリングして完成です。

初回は約1時間程度かかります」

  1. 話しているときの眉毛の上がり方やクセ、筋肉の動きをチェック
  2. 希望の眉毛についてカウンセリング
  3. 骨格に合った眉毛の形を作り、黒く型どり
  4. 型どりした周りから生えている余分な毛をワックスで除去
  5. 毛抜きで生えグセ等を調整し、形を整える
  6. 仕上げに足りない箇所をパウダーやペンシルで書き足し、ジェルを使ってスタイリングして完成


アイブロウmime サロンマネージャー

駒村 よしみ


東京生まれ、東京育ち。美容専門学校卒業後、mimeに新卒で入社。アイブロウスタイリストのキャリアを重ねてきた。1人ひとりのお客様にあったセンスの良い眉作りの提案とともに、眉メイクのアドバイスも的確で評価が高い。さらに、眉と共にまつ毛カールの指名も多い人気スタイリスト。

アイブロウサロンmime

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事