メイクHOW TO
2019.9.6

イヴ・サンローラン・ボーテの“ダークブラウン”アイシャドウで、洗練されたモード顔に|この秋、おしゃれな目元は「ブラウン“み”」で作る!

ブラウンシャドウ=オフィスメイクというイメージが強いけれど、実はおしゃれ顔には欠かせないカラーでもあるんです。今季はそんなブラウンに鮮やかな色を掛け合わせたパレットやテラコッタ系・ダーク系などのニュアンスブラウンも続々登場。ちょっと攻めたブラウン使い、してみませんか?
今回は、ダークブラウンのアイシャドウで洗練されたモード顔になれるメイクをご紹介!

シャイニーなダークブラウンで洗練されたモード顔に

kd_cut05_053
スパイシーなムードのかっこいいメイクに仕上げたいとき、重宝するのが黒に近いようなダークブラウン。色のインパクトがしっかりあるので、サッとなじませるだけで眼差しがくっきり。パール感のあるダークブラウンを選べば色がベタッとのらず、どこか軽やかさも残るのが魅力。

使用コスメ&メイク方法

メイク方法

kd_cut05_078
重く見せないグラデづけがコツ。ダークブラウンを指にとったら目のキワからアイホールにかけてワイパーのようになじませて。

おすすめの「ダークブラウン」アイシャドウ

kd_img_0055
A.ムラなく広がり、後肌サラリのリキッド状。
ディオール ディオールショウ リキッド モノ 480 ¥3,600(限定品)

【モデル使用色】
B.光を透過するグリッターがイン。
イヴ・サンローラン・ボーテ シークインクラッシュ 4 ¥4,200

C.しっとりとしたオイルゲルベースを採用。薄膜でなじみ、シースルー感のある発色。
ポール & ジョー スパークリング アイカラー 05 ¥2,700

その他使用コスメ

kd_img_0022
色落ちしにくいマットなオレンジブラウン。
ロレアル パリ ルージュ シグネチャー 130 ¥1,800

kd_img_0030
頬骨の高い位置中心にのせ、目元が強い分、怖く見えないよう血色をプラス。
レ・メルヴェイユーズ ラデュレ ミックスド プレスト チークカラー 108 ¥5,300(限定品)

美的10月号掲載
撮影/野呂知功(TRIVAL/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/千国めぐみ 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事