メイクHOW TO
2018.2.20

【4月号特別付録】人気ヘア&メイク中山友恵監修! 携帯用ふかふかチークブラシで“ずっとツヤ頬”

パウダーチークをのせればナチュラルな血色肌に、クリームチークをサッと磨けばナチュラルなツヤ肌に! キャップつき&コンパクトサイズでポーチにラクラクIN。いつでもどこでも、ハッピー感あふれるツヤ肌を手に入れられます♪

ふかふかの優秀ブラシでこの春こそチーク上手に!

201804gfuroku1

「この春は目元やリップメイクを引き立てる、ナチュラルで主張しすぎないチークがトレンドです」と話すのは、本誌でも絶大な人気を誇るヘア&メイクの中山友恵さん。今回はそんな中山さんに、付録の携帯用チークブラシを監修していただきました!

「特にこだわったのは、ブラシの形状。外出先でお直しにも使えるよう、コンパクトサイズ&キャップつきに。ポーチなどにポンと入れてもち歩けるのが最大のポイントです。毛量たっぷりで肌当たり抜群、太さも絶妙! パウダーチークならふんわり自然な血色感、クリームチークならナチュラルなツヤ肌を演出できます。このブラシを携帯しておけば、外出先やオフィスで夕方に血色やツヤがなくなっても、朝のフレッシュな顔が即復活! チークはメイクの仕上がりを左右する影の立役者的存在。ブラシにこだわってこそ、理想の仕上がりが手に入ります。この良いことずくめのブラシを今日からさっそく活用すれば、この春はもっとチーク上手になれるはず!」(中山さん)

 

POINT 1 キャップつき&コンパクトサイズでポーチに入れてもち歩ける!

201804gfuroku2

高さ約85×直径約28mmのコンパクトサイズ。キャップがついているからポーチやバッグにポンと入れて、いつでもどこでももち歩けるのが最大のポイント。優しく上品なメタリックピンクのボディカラーもおしゃれ♪

 

POINT 2 毛量たっぷり約6万本&肌当たりも抜群!

201804gfuroku3

上質な人工毛をたっぷり約6万本も使用。ふかふかで肌当たりがいいので、使い心地もメイクの仕上がりも抜群! 人工毛だから、汚れたり傷んだりしにくい点もうれしい。

 

POINT 3 パウダーチークもクリームチークも両方使える!

粉含みがいいからパウダーチークに使えばふんわり自然な仕上がりに。クリームチークをのせた後に肌を磨くとナチュラルなツヤ肌が手に入る!

\おすすめチークはこれ!/
201804gfuroku5

独自の“スローベーク加工”を採用。しっとりシルキーなテクスチャーが肌にピタッと密着して自然な血色感をON。
クリニーク チーク ポップ 18 ¥3,000(3月2日発売)

201804gfuroku4

肌にクリーミーに溶け込んでジューシーなツヤ肌に。リップにも使えて便利。
コーセー ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム PK-9 ¥1,000(編集部調べ)

 

キャップを閉めるときは内側のスライド部分を上に上げてから!

201804gfuroku7

1. 本体内側のスライド部分をもつ。

201804gfuroku8

2. スライド部分をいちばん上まで引き上げる。

201804gfuroku9

3. キャップを閉めてスライド部分ごと、いちばん下まで引き下ろす。

 

「ずっとツヤ頬♪ 携帯用チークブラシ」はこう使う!

【パウダーチーク】斜めに入れて自然な血色感を演出

201804gfuroku10
ふんわりナチュラルな大人っぽ顔に!

201804gfuroku11

201804gfuroku12

STEP.1 外側から内側に向かって斜め下にチークを入れる
最初にブラシの先端全体にパウダーチークを含ませて、手の甲で余分な粉を払う。次に頰の外側から内側に向かってサッサッと、斜めに2〜3回のせる。

201804gfuroku13

STEP.2 残ったパウダーをこめかみ~エラにもON
仕上げにブラシに残ったパウダーチークをこめかみ~エラになじませるとチークが浮かず、自然な立体感も演出できる。

 

【クリームチーク】上手にぼかして自然なツヤ感をプラス

201804gfuroku14
ジューシー&可愛げのあるツヤ肌メイクが完成!

201804gfuroku15
STEP.1 指の腹で頰の高い位置にポンポンとのせる
まず指の腹でクリームチークをとり、ニコッと笑って頰がいちばん高くなる部分にポンポンとのせる。

201804gfuroku16
STEP.2 チークと肌の境目を磨くようにしてぼかす
ブラシを少し寝かせて、ブラシ側面でチークと肌の境界線を優しく磨くようにぼかすとジューシー&自然なツヤ肌に。

 

監修してくれたのは…
201804gfuroku17
ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん
Three PEACE所属。その人の素の美しさを引き出す抜け感のある今どきメイクで、モデルや女優をはじめ幅広い世代の女性に圧倒的な支持を得る。

 

『美的』4月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/人物)、John Chan(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久(人物)、シダテルミ(静物) モデル/土屋巴瑞季 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事