メイクHOW TO
2022.9.14

これで完璧!クリームチークの上手な使い方【プロ実践テク7選】

\"\"

内側からじんわりと滲み、ナチュラルな血色感が生まれる「クリームチーク」。なめらかな質感でつけやすく、女性らしい温かみを顔にプラスしてくれます。基本の指塗りからスポンジを使ったテク、たるみを引き上げ、若々しさをつくるテクまでご紹介。基本の使い方・順番をおさらいしましょう!

【テク1】指で「なじませる」のが基本!

ヘア&メイクアップアーティスト

長井 かおりさん

女性誌をはじめ、広告、セミナーなどにも引っ張りだこの人気アーティスト。わかりやすく簡単で取り入れやすく、確実にかわいくなれるテクニックが支持を集める。著書も多数。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • クリームチークは指でなじませて

指の腹にとり、とんとんとのせてなじませます。

【STEP1】中指と薬指を使って取る

クリームチークは中指と薬指の腹にとる。親指と合わせて軽くこするようにして、指の腹に薄く均一に広げる。

【STEP2】指の腹でトントン塗り

中指と薬指の腹で、頬にトントンと軽くたたくようになじませる。余分な量を親指に移しているのでボタづきしない。


初出:面長顔→華やか“しゅっと”顔に♪ トレンドカラー「深みボルドー」チークで骨格矯正!

記事を読む

【テク2】「レッド」×「ピンクパール」でうるツヤ肌に!

ヘア&メイクアップアーティスト

中山 友恵さん

Three Peace所属。3年のヘアメイクアシスタント期間を経て、独立。抜け感があり、ノスタルジックでガーリーなヘアメイクを得意とする。タレント・女優・アーティストのヘアメイクを数多く手がけ、雑誌・広告・TVなどで活躍中。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • “レッド系クリームチークで潤い滴るヘルシーフェイスに”

「ツヤッツヤにしたい気分!」という中山さんが選んだのは、カシスレッドとパールピンクの血色クリームチーク。頬の広範囲へ大胆に、かつ薄~く広げ素肌がみずみずしく紅潮したような仕上がりを実現!


【How to】

  1. カシスレッドを指で頬骨の上からエラまで広範囲に広げる。
  2. その後、涙袋を外して下まぶたにパールピンクを指で重ね、とことんフレッシュに!

 

初出:この春チークを選ぶなら?ツヤッツヤになれる「ルナソル」の血色クリームチーク

記事を読む

【テク3】「ゴールド」×「コーラル」重ね塗りで休日感を

Check
  • 【カジュアル印象】カッコよさが引き立つ抜けテラコッタメイク

少しだけオレンジを含むテラコッタ系で色を統一すると、上品だけれどタフでカジュアルな女性像に。リゾートやアウトドアにもぴったり。


【How to】

  1. ゴールドチークを笑うと高くなる部分に中心に丸めに入れる。
  2. ゴールドチークを塗った後、コーラルレッドのチークカラーを頬骨の上へ横長に。

 

初出:【印象別】あの人キレイ!と言われる大人の夏メイク|美的GRAND

記事を読む

【テク4】「若見え」には高めの位置がカギ

ヘア&メイクアップアーティスト

中野 明海さん

Check
  • チークは思っている以上に高めの位置が◎


【How to】

  1. 年齢と共に間延びする頬の面積をカバーするには、チークは思っている以上に高めの位置が◎。
  2. パウダーの上に重ねるクリームチークは、黒目の下辺りを目安に。


初出:キラキラすればいいわけではない。清潔感のある大人のポイントメイク|美的GRAND

記事を読む

【テク5】クリームチーク&ハイライトで「たるみ影」をカバー

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田 知子さん

TRON所属。女優、アーティストのヘア&メイクを多数手がけ、顔までファッションの一部と捉えた、今どきのおしゃれメイクを得意。独自の明確な“抜け感”に理論にも定評あり。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • “たるみ影”は上向きベースメイクでカムフラージュ!

「法令線やマリオネットラインは大きな凹みなので、そこに何かを塗ると悪目立ちしがちです。チークやハイライトで上にポイントを作り、影から目線をそらさせるのがおすすめ」(岡田さん)


【How to】
(1)チークは頬の高い部分のやや内側に入れる
下地やファンデーションの後、クリームチークをスポンジにとり、頬骨よりやや高め&内側にのせる。そこから真横に広げて。頬を高く見せることで法令線から視線をそらす。

(2)ハイライトで顔の上半分を強調して
ソリッドハイライトを指にとり、眉の間から目頭へ小の字に入れる。こめかみにもなじませて。顔の上側に光を集め、引き上がったように見せてたるみ影をカバー。

\引き上がった印象に!/

(3)シェーディングで顔の下半分を丸ごと影に
ダークなスティックファンデーションで顔の外側に斜め下に向かう線を描き、スポンジでなじませる。顔の下半分を影にすることで、法令線やマリオネットラインが目立たなく。

\肌より1〜2段暗い色を/

Point

影は“隠す”よりも“目立たなくする”方が自然に見えます!

「大きな凹みの影は、カバーアイテムを直接塗るとかえって悪目立ちします。それよりも、凹みの周辺をふっくらさせることでカムフラージュする方が自然です」(岡田さん)

 

初出:法令線、マリオネットライン…気になる“たるみ影”をチークやハイライトでカムフラージュ!

記事を読む

【テク6】おてもやん気味に盛って「オンライン映え」!

ヘア&メイクアップアーティスト

長井 かおりさん

女性誌をはじめ、広告、セミナーなどにも引っ張りだこの人気アーティスト。わかりやすく簡単で取り入れやすく、確実にかわいくなれるテクニックが支持を集める。著書も多数。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • チーク&リップは盛り気味に。目元はシンプルメイクの方が美人見え!

「ブラウンの陰影アイメイク、控えめチークにベージュリップ…。いつもの感覚でオンライン会議に臨むと、 顔色が悪く見えてしまいがち」と長井さん。オンライン用のポイントメイクを覚えれば、新しい自分発見にも!


【How to】
発色の良いクリームチークをしっかり塗って

「肉眼だとやや“おてもやん”に見えるぐらいのチークが、画面越しでは適度な血色に見えます。発色の良いクリームチークがおすすめ。スポンジまたは指で、頬の高い部分を中心になじませて」(長井さん)

Point

画面越しでも血色とツヤが 生きるクリームチーク。
ボルドーやピンクなど、やや主張する色を選ぶのもコツ。
初出:アユーラ、コスメデコルテ、SUQQU…チーク&リップは盛り気味に♪|オンライン映えメイクのポイント

記事を読む

【テク7】「コーラル」でイキイキ感を印象づけ

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田 知子さん

TRON所属。女優、アーティストのヘア&メイクを多数手がけ、顔までファッションの一部と捉えた、今どきのおしゃれメイクを得意。独自の明確な“抜け感”に理論にも定評あり。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • 【カジュアル印象の日】 コーラルの下地+コーラルのクリームチーク

「カジュアル服には、生き生きとヘルシーな表情が似合います。そこで欲しいのが、大人の女性に不足しがちな血色感。コーラルの下地を選び、さらにコーラルのクリームチークを仕込んで」(岡田さん)

大人の疲れた印象を払拭し、色のフィルター効果で生き生きとヘルシーな雰囲気を纏わせてくれるのがコーラルの下地。さらにコーラルのチークを仕込み的に使うと、色の相乗効果で血色感がアップ。


【How to】

Point

上気した生き生き感を引き出すように色を重ねる

(1)スキンケアの後、小豆粒大のコーラル下地を両頬、額、鼻筋、あごにおき、指で顔全体になじませる。

(2)指に余ったものをくまが気になる部分に薄く重ねると生き生き感アップ。この後、ファンデーションを薄く。

(3)コーラルのクリームチークを指にとり、笑って高くなる部分から内側に向けてなじませると上気した印象に。

【使用アイテム】
ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート


価格
¥3,520 01

ファンデーションに重ねてもよれにくいクリームチーク。

 

初出:カジュアル服の日、美肌に見える下地の色は?|コーラルカラーで生き生きとヘルシーな雰囲気に【美的GRAND】

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事