シーン別メイク
2020.6.5

アユーラ、コスメデコルテ、SUQQU…チーク&リップは盛り気味に♪|オンライン映えメイクのポイント

自粛期間が終わっても、まだまだオンライン会議やZoom飲みは続きそう。そこで今回はオンライン映えするポイントメイクをヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんに教えていただきました。

チーク&リップは盛り気味に。目元はシンプルメイクの方が美人見え!

9
「ブラウンの陰影アイメイク、控えめチークにベージュリップ…。いつもの感覚でオンライン会議に臨むと、 顔色が悪く見えてしまいがち」と長井さん。オンライン用のポイントメイクを覚えれば、新しい自分発見にも!

【CHEEK】発色の良いクリームチークをしっかり塗って

11
「肉眼だとやや“おてもやん”に見えるぐらいのチークが、画面越しでは適度な血色に見えます。発色の良いクリームチークがおすすめ。スポンジまたは指で、頬の高い部分を中心になじませて」(長井さん)

画面越しでも血色とツヤが 生きるクリームチーク
ボルドーやピンクなど、やや主張する色を選ぶのもコツ。

%ef%bd%98
長井さんプロデュース。
ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート 02 ¥3,200

kd_e
ふんわりムースタイプ。
コスメデコルテ クリ-ム ブラッシュ PK851 ¥3,500

kd_f
透け感と発色を両立。
ネイチャーズウェイ ナチュラグラッセ タッチオンカラーズ(カラー) 01C ¥3,200

 

【EYE】ブラウンよりもカラーシャドウの単色塗りが美人に見える!

12
「目元は凹凸があるため画面越しだとくすみやすく、ブラウンで彫り込むとより暗く見えてしまいます。おすすめは、ラベンダーやグリーンなどのカラーシャドウ。アイラインは目尻にちょい足し、マスカラは軽くでOK」(長井さん)

目元が明るく見える単色シャドウ
kd_j
肌なじみのいいグリーン。
M・A・C スモール アイシャドウ スティーミー ¥2,500

kd_k
ラベンダー色のミニスティックアイシャドウ。
カネボウ化粧品 コフレドール アクアシャインミニシャドウ 03 ¥1,200(編集部調べ・限定品)

kd_l_atari
目元が明るく見えるピンクも◎。クリームシャドウ。
アンプリチュード コンスピキュアス リキッドアイズ 01 ¥3,800

 

【LIP】いつもよりやや赤みの強い色で血色良く

「ベージュやコーラルだと画面越しではほとんど色が伝わらず、血色がない印象に。ブラウンやオレンジなど、鮮やかな色の口紅をつけると血色感が出るし、ベースメイクが薄くてもきちんと感が出ます」(長井さん)

しっとりみずみずしい血色美容液リップ
普段は濃い色のリップが苦手な人も、これを機にトライしてみて。

kd_i
透けるプラムピンク。
アユーラ ブルーミングリップティント 03 ¥2,500

kd_g
ブラウンレッド。中心に美容成分入り。
ポーラ ディエム クルール カラーブレンドデュオリップカラー PI01 ¥3,500

kd_h
クリアオレンジ。セミマットで心地よい密着感。
SUQQU バイブラント リッチ リップスティック 04 ¥5,000

 

【EYEBROWやや長め or 太めに描いて、眉で顔を引き締める

「オンライン映えメイクで顔を引き締めるのは、眉の役目。好みでいつもよりもやや長め、または太めに描くぐらいがちょうどいい。アイブロウパウダーでシルエットを作った後、グレー系のペンシルで足りない部分を埋めて」(長井さん)

自然に眉をボリュームアップできるセット
kd_n
ブラウン系の濃淡で自然な眉を描ける。
コーセー ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-2 ¥1,100(編集部調べ)

kd_m
地眉を増やすように自然に描けるペンシル。
コーセー ヴィセ リシェ アイブロウペンシル S GY001 ¥540(編集部調べ)

オンライン映え♪メイクでやらなくていいこと

ブラウンのグラデアイメイク

ブラウンで立体感を演出しようとすると、画面越しではただの“くすみ”に…。せっかく の努力も逆効果!

丁寧なアイライン&マスカラ

アイメイクの繊細さにこだわっても、画面越しでは伝わりません。それよりも眉をしっ かり描くことに時間をかけて。

ベージュチークで抜け感出し

今、最もおしゃれなベージュチークですが、残念ながら画面越しだと存在感ゼロ。オン ラインでは鮮やかチークに!

 

 

教えてくれたのは…
kd_%e9%95%b7%e4%ba%95%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a
雑誌で活躍するのはもちろん、自身のSNSでヘア&メイク動画を精力的にアップ。オンラインでのメイク映え法を知り尽くしている。

 

『美的』2020年7月号掲載
イラスト/二階堂ちはる 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事