メイクHOW TO
2011.4.11

今さら聞けない!「2Wayファンデーション」の意味は何?

ファンデーションに記載されている『2Way(ツーウェイ)タイプ』『水あり・水なし両用』という表示。「よく見かけるけれど、いったい何?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

『2Way(ツーウェイ)ファンデーション』『水あり・水なし両用ファンデーション』とは、スポンジに水を含ませても、含ませなくても使えるファンデーションのこと。

スポンジを水で濡らして固く絞った状態で使うとファンデーションがクリーム状になり、カバー力がアップします。『水なし』で使うよりも肌への密着度が高まって崩れにくくなるので、化粧崩れが気になるこれからの季節にはぴったりの使い方といえそう!

『水あり』で使う場合、スポンジの水分が多いとファンデーションがムラづきしてしまうので、スポンジを触って少し湿っているくらいがベスト。ただ水で濡らして絞るだけでなく、こんな方法もおすすめ。

■ 水で濡らしてギュッと絞った後、ティッシュに包んでさらに水分をオフする

■ 『アヴェンヌ ウォーター』や『ユリアージュ ウォーター』といったスプレー化粧水をスポンジに軽く吹きかけて湿らせる

また、乾燥肌の人が『水あり』で使うと肌が余計に乾燥してしまう場合もあるようです。そんなときは、湿ったスポンジに保湿効果のある化粧水や美容液を数滴たらしてもみこみ、ファンデーションをとって塗るという裏技も!

お手持ちのファンデーションをチェックしてみて、もしも2Wayタイプなら、ぜひ一度『水あり』の使い心地も試してみてください。崩れを防ぎたい夏は『水あり』で、それ以外の季節は『水なし』で……という風に、ひとつのファンデーションを年間通して使い分けることができますよ。

ただし、湿ったスポンジを長時間コンパクトに入れておくと雑菌が繁殖しやすくなるので要注意! スポンジは毎日洗って乾かし、清潔にしておくことを忘れないでくださいね。

 

初出:美レンジャー ライター:城後紗織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事