メイクHOW TO
2017.10.2

秋は女っぽさをより意識して!男顔さんの骨格修正コントゥアリング

美的が新提案する、“大人っぽキレイ”な顔とは、メリハリのある立体顔。ハイライトとシェーディングで光と影を足せば、誰でも必ず〝シュッ〟とします!  何をどこに、どう入れるのかひと目でわかるマッピングを、コントゥアリングの魔術師・小田切ヒロさんに作ってもらいました!

 

額とあごが長くやや男っぽい骨格  面長顔さんの立体顔マッピング

光も、影も、チークも、すべて横! これだけでグッと間延び感は解消されます

122 A.顔の上下を削るイメージで横に
影を+!
「影色は削りたい部分にのせるのが基本。面長さんは顔の両サイドではなく、上下!  額は生え際まで、あごはあご裏~首筋まで丁寧になじませると、影色が浮きません」

B.中央のくぼみと目の下に横長に
光を+!
「面長顔さんは鼻筋など縦に光を入れるのは厳禁。中央のくぼみに加えて、目の下にも横長にツヤを足すと、一気に顔全体のバランスが整います」

C.チークも横楕円に
「顔にのせる色はすべて『横』が合い言葉なので、チークも横長を意識。頰骨の高い位置に、狭めの楕円形にふわりとなじませて柔和さを演出」

 

Side
1222

 

POINT
涙袋には光を入れないことでメリハリがつき、彫りが深く!
目の下に光を足すとき、涙袋はあけること。すると目周りの骨格と陰影の差がついて、彫深に♡

 

ベース&パーツは仕上げ済み!

ハイライト&シェーディングだけでBefore→After!

Before
12-05_0434縦にずーんと長くてバランスが今イチ…骨がゴツゴツした印象もあり。

After
12-25_0478全体にふっくらと柔らかい雰囲気に♡  間延び感もすっきり解消!

How to make

【ハイライト&シェーディング】
ベースを仕上げた後、鼻筋のつけ根~目頭、そして目の下のくぼみ部分に、1のクリームを点おきしてポンポンと横長になじませる。2の右側のシェーディングカラーを額の上部とあご先にのせる。
【ポイントメイク】
3の★をアイホールよりやや狭めに薄くのせ、♥を目のキワに。下まぶた全体にも★を。4のチークはくるりと混ぜてとり、頰骨の高い位置に狭めの楕円形に。5のリップをブラシにとり、輪郭より上下を1mm、口角側は2mm厚めに描く。

 

【Key item】
img_0004_kage 1.ハイライト
微細なパールがくすみをはらい、ライトを当てたように輝く。
M・A・C ストロボクリーム シルバーライト ¥4,500
2.シェーディング
薄づきなので、細かく重ねて調節しやすい。左はハイライト。
THREE コントラスト デュオ 02 ¥4,500

 

【他に使ったコスメはこれ!】
12343.男っぽい面長顔さんにイチオシの、フェミニンな赤みパープル入りの旬パレット。
SUQQU デザイニング カラー アイズ 06 ¥6,800
4.繊細なゴールドパール配合の濃淡コーラルピーチで、肌なじみ抜群!
シャネル ジャルダン ドゥ シャネル ¥5,700
5クリーミーな質感で、塗るとふっくらした唇に仕上がる。
カネボウ化粧品 ルナソル フルグラマーリップス 45 ¥3,000

 

【メイクテクでもっと立体顔】
12-30_0509リップラインは横幅を意識してオーバーにとり、口周りをふっくらと
やや男っぽい印象の面長顔さんは、唇にボリュームを出すと女らしく。ここも横幅を意識し、上下は約1mm、口角側は約2mm厚めにブラシでラインをとって。

 

 

教えてくれたのは…

12-34_0520
SNSほかで〝小顔王子〟として人気爆発中の
小田切ヒロさん
おだぎり・ひろ。LA DONNA所属。豊富なメイクテクニック&美容知識のもち主で、特に小顔系企画での理論が人気。

2017年『美的』10月号掲載
撮影/飯塚将士(TRIVAL/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(LA DONNA) スタイリスト/武政 モデル/三枝こころ、工藤晴美、千国めぐみ、辻元 舞 デザイン/GRACE.inc 構成/加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事