メイクHOW TO
2022.9.11

「メイクって楽しい! を感じてほしい」人気H&M岡田知子さんの秋メイクはリップ2本使い!

\"\"

雑誌だけでなく、テレビ、CM、ウェブと大活躍中の人気ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さんのメイクのインスピレーションはどこから来ているの? 岡田さん注目の秋メイクを教えてもらいました。

コレクションもSNSも、世界情勢までアンテナを張り巡らせて“今”をキャッチ!

岡田さんのメイクのヒントは、日々の“答え合わせ”から

今、何が流行っているのか? ”は、常にアンテナを張ってキャッチアップしています。人気のインフルエンサーの子をチェックしたり、仕事でご一緒するモデルさんやライバーの子たち、美容師さんや自分のアシスタントのお友達など、若い子たちに「今、何が来てる?」「何が好き?」「最近どんなメイクか教えて!」と、かなり積極的に聞きますよ。それで、自分が感じていたこと・考えていたことの“ 答え合わせ ”をするんです。でも答えが合っているかどうかは重要ではないんです。へー、これはキュンとしないのね、ですませちゃう。なぜなら私たちは“次”のことを提案する立場だと思うから。その“答え合わせ”から “次”を考えます

コレクションから流行りそうな服やメイクを考えたりするのはもちろん、注目されている 国や文化、世界情勢 も新しいメイクのヒントになっていたり。今は悲しいニュースが多いから、私は メイクに“ファンタジー”を持たせたい って思うんです。“メイクって楽しい!”を感じてほしいなぁ。

今すごい影響力をもつ 網紅(ワンホン) や日本の人気動画クリエイター、K-POPアイドルも、一見ナチュラルに見えるけれど実は凝ったメイクをしているんです。緻密にアイシャドウやアイラインを重ねていたり、リップを数本重ねて絶妙なニュアンスや質感を作っていたり。“ ひと工夫 ”をナチュラルに落とし込んでいる。そんな“ 今の共通点 ”を見て、技術的にメイクを楽しむ流れが来ていると思ったんです。

そんなこんなで今回は“ひと工夫”がポイントの、 じわじわぷっくりな盛りリップメイク を提案させていただいたわけです! 流行りの中華系っぽい要素やY2K的なギャルメイク要素があるけれど、 エレガントで高貴なムード に作り込んでいるから大人こそトライしやすいはず。この秋のメイクはぜひ“ひと工夫”を楽しんでください!

 

ひと工夫!唇はリップ2本使いでじゅわ~っと盛る

\秋メイクはひと工夫/
202210p54-4

 

使用アイテム

202210g54-0
A.繊細な光沢で唇に気品を
その名のとおりシルキーな光沢を帯びた鮮やかなボルドー。
パルファム ジバンシイ ルージュ・アンテルディ・シルキー 339 ¥5,060

ルージュ・アンテルディ・シルキーの詳細・購入はこちら

B.多彩なパープルがきらめくモーヴ
潤いと輝きがあふれるモーヴピンク。
ジルスチュアート リップグロウ セラムバーム サンセットプロムナード 105 ¥3,080(限定品)

リップグロウ セラムバーム サンセットプロムナードの詳細・購入はこちら

202210g54-1
マットなコーラルベージュをアイホール全体になじませて、ほんのりとした陰影をプラス。
リンメル ワンダークラウドリキッドアイシャドウ 004 ¥1,320(限定品)

ワンダー クラウド リキッドアイシャドウの詳細はこちら

202210g54-2
上まつげだけにブラウンを塗って、目元の存在感は出しつつも抜け感を。
イミュ オペラ マイラッシュ アドバンスト 03 ¥990

マイラッシュアドバンストの詳細はこちら

202210g54-3
赤み寄りのブラウンで眉を染め上げて、目元をぐっと軽やかに。
井田ラボラトリーズ キャンメイク スマートミニアイブロウカラー 01 ¥660(限定品)

スマートミニ アイブロウカラーの詳細はこちら

202210g54-4
黒目の下~Cゾーンに広く指でなじませて、シアーな血色感とツヤをON。
カネボウインターナショナルDiv. カネボウ ポップタップジェリー EX4 ¥3,300(限定品)

ポップタップジェリーの詳細はこちら

202210g54-5
深みのあるカーキの指先をアクセントに。
レブロン ウルトラHD スナップ! 022 ¥990(限定品)

ウルトラ HD スナップ!の詳細はこちら

 

メイク方法

202210p54-5
(1)上唇と下唇の縦幅が1対1になるように、Bをオーバーリップぎみにたっぷり重ねぬり。

202210p54-6
(2)Aを唇の中央にぬり広げたら、上下の唇を合わせてなじませ、にじむような仕上がりに。

 

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田知子さん

Profile
芸術系の大学で舞台演出を追求する中で、ヘアメイクへの道を選択。N.Y.へ渡り、数々のコレクションに参加。ハイセンスでストーリー性のある美しいメイクで、数々の雑誌や広告を彩る。


 

『美的』2022年10月号掲載
撮影/柴田フミコ(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) スタイリスト/Toriyama悦代(One8tokyo) モデル/森 絵梨佳 構成/松村有希子、齊藤みなみ(本誌)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事